エッチで感じる方法とは

エッチは、感じやすい人もいれば、感じにくい人もいます。「エッチは嫌いじゃない」「けれども特別に気持ち良いと感じたことがないので、エッチが好きとは言えないかも」……こんなふうに捉えている女性もチラホラ……。この記事では「感じるエッチ」を模索していきましょう。

感じない私はカレへの愛が足りない?

行きずりの相手ならいざ知らず、大好きなカレとのエッチだというのに、「感じる……!」という感覚がない! これって自分の愛情不足? 「快感」どころか「罪悪感」を抱いている女性もいるかもしれませんね。

結論から言うと、答えはノー。どれだけ愛していても、エッチで感じることができないケースは幾つか存在します。幾つか、実例を挙げていきましょう。

女性側ではなくカレのテクに問題がある場合も……。

大好きなカレを「ヘタクソ」だなんて認めたくないかもしれませんが、男性側のテクニック不足で感じないエッチもあるんです。このケースも、だからといってカレがあなたを愛していないわけではありません。クルマの運転と一緒ですよ。どれだけあなたを愛していても、車庫入れで毎回手こずる男性もいるでしょうから。

「好き過ぎて感じない」なんてこともあるの?

カレが大好きなあまり、エッチのときにリラックスできず、リラックスどころか緊張し過ぎて「感じる」どころじゃないケースも存在します。こればっかりは、慣れるしかないですね。メイクと一緒ですよ。お付き合い当初は毎回バッチリメイクでも、やがてスッピンを見せることが平気になるもの。緊張感が解けるのを、のんびりと待ちましょう。

ひとりエッチとふたりエッチの感覚差

「そういえば、ひとりエッチなら感じるかも」という女性もいるでしょう。もしそうなら、ひとりエッチの「オカズ」の内容にヒントがあるのかもしれません。たとえばBLと呼ばれるボーイズラブの世界観だったり、痴漢やセクハラシチュエーションなどの強引系だったり、まさかと思いますが犬や馬などの動物が登場したり(笑)! 恋人同士のスタンダードなエッチとはかけ離れたオカズで感じることに慣れていると、恋人同士のスタンダードなエッチで感じにくいのは、ある意味当たり前のこと。

だからといって、オカズを変える必要はないと、筆者は考えます。ひとりエッチは、ふたりエッチと同じくらい大事なひとときですから。オススメは、ふたりエッチのさいちゅうに、こっそりひとりエッチのオカズを思い浮かべるやり方です。「カレに申し訳ない」だなんて、とんでもない! 言わなければわからないので大丈夫ですよ(笑)。むしろ、あなたの感じている姿のほうが、よっぽど嬉しいはずです。

疑似喘ぎ声がいつしかガチの喘ぎ声に……。

もう1つのオススメは、兎にも角にも声を出すということ。なんだか体育会系の部活みたいですが(笑)、声を出しているうちに、段々感じてくることってあるんです。感じるから声を出すのではなく、声を出しているうちに感じるようになる仕組み。「笑う門には福来たる」と一緒ですよ。幸せだから笑うのではなく、笑っているうちに幸せになるイメージです。

 

極論を言うと、感じなくてもエッチはできます。が、せっかくエッチするなら、気持ち良く感じたいですよね。感じるエッチ目指して、あれこれ試してみましょう。

 

Written by 菊池美佳子

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…