セックスが怖い……もしかしたら女性性機能障害(FSD)かも?

女の子の中には「セックスが怖い、セックスをしたくない」と感じる人もいらっしゃいます。
それが例え好きな男性とのものだったとしても、心が拒否してしまうのです。

これは、女性性機能障害(FSD)が関連している可能性があります。
では、女性性機能障害とは一体どのようなものなのでしょう?

もし、セックスを怖いと感じる人は自分が当てはまっていないかチェックしてみてください。

セックスが怖い……もしかしたら女性性機能障害(FSD)かも?

女性性機能障害とは?

セックス時は基本的に受け入れる側の女の子は負担が大きく、時には苦痛を感じてしまうこともあります。
しかし、愛する人とのセックスは2人が楽しむものであり、基本的に苦痛に感じることはありません。

それは女の子が我慢してしまうことで痛みを感じてしまうのです。
もし、セックスの時に痛みを感じてしまう、もしくは気持ちよさが感じられないという場合は女性性機能障害になっている可能性があります。

男性の勃起障害であるEDと同じように、女性にも性機能障害は存在するのです。

セックスが怖い……もしかしたら女性性機能障害(FSD)かも?

女性性機能障害の要因として考えられるもの

女性性機能障害で考えられる一番の要因は、心理的な部分です。
例えば、環境や体験によって性に対してトラウマを持っていると女性性機能障害に陥りやすいと言われています。

家庭環境が性は汚いものという中で育ってきたり、母親から過干渉を受けていて精神的な自立ができていなかったりすると、起こりやすいそうです。

また、体の病気が原因で性機能障害を起こしている場合もあります。
膀胱炎や膣炎などによって痛みを感じたり、薬物の副作用から性興奮障害などを起こしていたり、様々なことが原因となっている可能性があるのです。
しかも、これらの要因は一つだけではなくいくつもの要因が複雑に絡み合っていることで起こるケースは少なくありません。

セックスが怖い……もしかしたら女性性機能障害(FSD)かも?

女性性機能障害で現れる症状

女性性機能障害の症状はいくつかありますが、セックスが嫌で仕方ない、セックスが怖いと感じている場合、性嫌悪症が発症している可能性があります。
性欲自体は普通にあり、自分で行う行為には何ら問題はないものの、セックスすることに対して怖いと感じてしまい、パートナーがいてもそういった雰囲気になったらすぐに逃げてしまうというケースがよくみられます。

性嫌悪症の他には、セックスをしようとしても膣が濡れず潤滑不全に陥る性興奮障害やセックスでオーガズムが感じられないオーガズム障害、痛くてセックスができなかったり、外陰部に男性が触るだけで痛みを感じたりしてしまう、性的疼痛障害などがあります。
これらの症状が見られる場合は女性性機能障害である可能性が高いので、婦人科などの医療機関に相談しましょう。

セックスが怖い……もしかしたら女性性機能障害(FSD)かも?

女性性機能障害は治療できる?

女性性機能障害の原因を見て分かるかと思いますが、大きな要因として「心」の問題があります。
しかし、治療していくことは十分に可能です。
セックスは本来パートナーとの愛情をより深め、お互いが楽しくできるものという意識を高めていくことが治療にもつながります。
また、セックスが怖いという認識だけではなく、体の部分にも問題があるという場合はそちらの治療も並行して行われます。

治療法の中には「タッチング」というものがあります。
これは、セックスが怖いという思いをなるべく取り除くために、言葉を発しないで相手とコミュニケーションを取っていくことを目的としています。
全裸になってお互いの体を愛撫したりするのですが、最初は性的な意味合いを持たせないようにすることが大切です。
このような治療法の他にもその人に合った治療法が行われていきます。

セックスが怖い……もしかしたら女性性機能障害(FSD)かも?

おわりに

セックスが怖いと思ったら、女性性機能障害の可能性があります。
自分一人で悩みを抱えず、専門の医療機関へまずは相談してみると良いでしょう。

参考サイト①:お悩み解決!脱“緊張型ED”宣言

 

Written by 早紀