セックスがマンネリ化しやすいカップルの特徴と対策3選

セックスはコミュニケーションとして大切なものですが、最初は楽しめていても、だんだんマンネリ化してしまうカップルもいると思います。そうなると望んでいないセックスレスを招いてしまうことも……。

この記事では、セックスがマンネリ化しやすいカップルの特徴と対策をご紹介します。

セックスがいつも同じパターン

同じことばかり繰り返していると、新鮮味がなくなってマンネリを招いてしまうのは当然のことです。

たまにはいつも通りのパターンではなく、違うものを取り入れてみましょう。

いつも自宅ならラブホテルを使う、日頃からラブホテルならいつもと違うテイストの部屋を選ぶ……いつも正常位なら、たまにはバックや対面座位をしてみる……など、選択肢はいろいろとあると思います。

アダルトグッズを試したり、下着を新調したりもいいですね。アブノーマルなプレイに手をだすのもありです。

いきなり過激なものを持ち込むと引かれる可能性もありますから、彼氏が許容しそうな控えめなものからトライしてみてください。

おうちデートが多すぎる

気楽でのんびりできる、さらにはいつでもセックスができるおうちデートは人気かと思いますが、おうちデートばかりしていると特別感が減ってしまい、セックスも締まりのないものになるときがあります。

ラブホテルや自宅以外でのセックスはおうちデートよりも時間制限を伴うときが多く、それが二人のセックスを充実させる要因ともなります。

限られた時間が少ないおうちデートでは、ダラダラしながらなんとなくセックス……という流れが多いもの。

たまには「よし、セックスするぞ!」と思える状況を作るといいですよ。そのほうがセックスに対する気合も大きくなると思います。

忙しい、疲れている

仕事やプライベートの用事で忙しく、疲れやすくなっているときはセックスをなかなか楽しめません。

「とりあえず簡単にサクッとして終わらせよう……」という気持ちでセックスに挑むと、ただの業務的なセックスとなってしまいます。

愛情もあまり感じられないため、パートナーも「なんだかセックスしても楽しくない! 満たされない!」と思うようになります。そうなると、パートナーはセックスへの不満を募らせるばかりです。

簡略化されたセックスは効率的かもしれませんが、二人の愛を深めるものとしてはちょっと疑問。たまにはセックスのための時間を作って、ゆっくりと楽しむようにしてみましょう。

二人のコミュニケーション不足

セックスがマンネリ化することを防ぐためには、日頃のコミュニケーションの多さも関わってきます。

コミュニケーションが不足していると、セックスに対する相手の不満・要求もわからなくなりやすく、その結果「マンネリ化対策をしたい」というどちらかの気持ちも気づかないままになります。

お互いの考えていることや感じていることをちゃんとわかっていないと、セックスに限らずほかの面でも支障をきたすでしょう。

できるだけコミュニケーションをとるように気をつけてくださいね。

セックスを楽しむ努力を忘れずに!

せっかくセックスをするのですから、刺激的で楽しくしたいものです。お互いに満たされるセックスができるように、マンネリ化を避けていきましょう!

そうすれば、きっと二人の仲がもっといいものになりますよ。

 

Written by 神之 れい