男性がプロポーズしたくなるシチュエーション

そろそろ結婚かなと思ってはいるものの、中々彼からそういう話はなく、時間だけが過ぎていってしまう……。今回はそんな時に男性を加速させるためにプロポーズしたくなるシチュエーションについて考えてみたいと思います。
男性がプロポーズしたくなるシチュエーション

1:小旅行

二人っきりで旅行に行くと男性もタイミングを計画しやすくなります。お泊りでの旅行になりますが、彼に計画は合わせて、あなたは自然体で参加するようにしましょう。

場所は星空が見えるところ、ゆったりとした温泉旅館などいずれにせよ、あなたと彼でいろいろな時間が取れるところが良いと思います。

また、もしもその旅行の食事場所が「プロポーズを良くするお店」といったような特集に載っているようなところであったとしても、気づかない振りをしてあげるのも、優しさの1つです。そういうお店が近くにある場所をあえて旅行場所に指定してあげても良いでしょう。

彼の背中を少し押して上げることで、プロポーズしやすいシチュエーションを作ることができます。
男性がプロポーズしたくなるシチュエーション

2:クルーズ

普段あまりクルーズにいかない方は、クルーズも良いと思います。ゆったりと船上で過ごしながら、星空の下でプロポーズも素敵ですよね。

少し先のタイミングで計画を勧めてあげましょう。クルーズやプロポーズにはある程度心の準備もそうですが、指輪含めて演出の準備も期間と先立つものが必要になります。突然プロポーズを迫っても中々難しいものです。

少しずつあなたも待っているということを伝えるためにも、「記念にクルーズに行きたい」といったようにジャブを前々から入れておきましょう。男性は自分でコントロールすることを好みますから、あくまでも、彼が手動しているように振舞うことが大切です。
男性がプロポーズしたくなるシチュエーション

3:ドレスアップ

お洒落な野外・室内コンサートやパーティーなど含めてドレスアップして、彼とあなたが参加できるようなイベントを探してみましょう。「いつもとは違う空間・時間」だけど「二人で過ごせる」というのがプロポーズを男性が考えるトリガーを引くという意味では非常に大切な条件になってきます。

こういったタイミングで、かつ、いつもとは違うお洒落なあなたを目の前にすることを想像させておけば、彼も心の準備を始めてくれる可能性が高くなります。また、あなた自身もドレスアップということで気持ちも高揚しますから、大切な記念日として良い思い出になる可能性も高いでしょう。

1つ注意したいのは、お膳立てしたとしても、彼がプロポーズしてくれる確証は無いということです。
男性がプロポーズしたくなるシチュエーション

いかがでしたか?

重い腰が中々あがらない男性に肝を冷やした際など、今回のヒントを参考にしてみてください。

また、プロポーズは男性からという考え方も変わってきているようです。しっかりと彼との結婚のステップを踏んでいくために、あなたからプロポーズをするというのも選択肢として柔軟に考えておくと良いと思います。

 

Written by 神崎志乃