ゲスト絶賛の結婚式の演出4選

結婚式ではいろいろな演出を考えると思います。新郎新婦が行うもの、ゲストが参加するもの、会場にお任せするもの……。アイディアはいろいろありますが、その中でもゲストの印象に残ったのはどのような演出だったのでしょうか。

この記事では、ゲストが絶賛した結婚式の演出をご紹介します。

披露宴前から軽いパーティー

「披露宴を待っている間がとても暇なのですが、友達はゲストが待っている時間を無駄にしないよう、ガーデンパーティーを用意しておいてくれました。披露宴が始まるまでドリンクと軽食を楽しめたし、新郎側の友達とも交流できてとても楽しかったです!」(30歳/金融)

披露宴に間に合うよう、かなり余裕をもって式場に訪れる人もいるでしょう。そのため、到着後にどうしても暇な時間ができてしまうもの。ダラダラとスマホをいじるしかないなんて、ちょっと残念ですよね。

披露宴前にパーティーがあれば、楽しく過ごすことができます。ゲストの待ち時間に配慮した演出は時間に余裕をもつ人へのプレゼントともいえるでしょう。

ゲスト一人ひとりへのビデオメッセージ

「新郎・新婦がゲストに向けてのビデオメッセージを全員分作っていました。一言ずつくらいの短いものでしたが、それでも全員分となるとかなりの時間になります。手間暇をかけてくれたことに感激しました」(28歳/介護)

これはかなり時間と手間がかかりますね……。一人ひとりへのメッセージ内容を考えるだけでも大変だったと思います。

ゲスト向けのビデオメッセージがあると、ゲストは披露宴に参加している実感がより深くなると思います。人数合わせでなく、きちんとした招待客なのだという気持ちにもなれそうです。

料理が豪華&メッセージ付き

「結婚式の料理ってそれほどおいしいイメージはなかったのですが、1度だけとてもおいしい料理のときがありました。どうやらゲストの飲食予算をたくさんとってくれたよう。また、デザートとともにメッセージも添えられていたのがうれしかった。気遣いに感謝です」(36歳/保険)

ゲストの楽しみのひとつといえば料理。その料理がしっかりしたものだとテンションが上りますよね。ゲストの食事にこだわってくれる優しさがありがたいものです。

個人に向けてのメッセージも人気が高いですね。特別感を演出してくれるものですから、ゲストの印象にも残りやすいと思います。

花火が上がった

「夜の結婚式だったのですが、キャンドルが灯されたり花火が上がったりで幻想的でした。昼間の結婚式もいいですが、夜もロマンティックでいいですね。1番印象に残った演出でした」(28歳/飲食)

結婚式に花火というのは海外では多いようですが、日本ではまだまだ珍しいと思います。珍しい体験という面でもゲストは楽しめると思います。

また、夜の結婚式なら遠方の人たちもゆっくり出発できます。ゲストの居住地を確認して、結婚式の時間に配慮するのもいいですね。

演出はゲスト目線が大切!

結婚式の主役は新郎・新婦ですが、ゲストにお祝いされてこその結婚式です。二人だけが満足できるものにせず、ゲストの気持ちも考えて演出を練りましょう。

きっと心から楽しんでもらえる、素敵な結婚式になると思いますよ!

 

Written by 神之 れい

関連キーワード

KEYWORDS