結婚式の二次会で盛り上がったエピソード

結婚式を終えたあとの楽しい二次会。披露宴には出席せず二次会からの参加という人もいますよね。二次会もみんなが楽しく過ごせるようにしたいものですが、どういったことをするといい二次会になるのでしょうか。

この記事では、盛り上がった結婚式の二次会エピソードをご紹介します。

豪華賞品のビンゴゲーム

「ビンゴゲームは定番ですが、商品が豪華だったので大盛り上がりしました。1等はハワイ旅行やダイヤの指輪、最下位でもブランドお肉。そして参加者全員にAmazonのギフト券をいただけたのも嬉しかった」(30歳/IT)

二次会で定番といえばビンゴゲームやクイズです。商品目当てで頑張る人もけっこう多いはず。その商品が豪華となれば、参加者も大喜びですよね。

また、参加者全員へのプレゼントがあるというのも好感度アップ。参加者すべてに気遣いをしている心が伺えます。

仮装パーティー

「ハロウィンの時期だったこともあって、みんなで仮装パーティーをしました。会場からも簡単なコスプレグッズを提供してもらえたので、気軽に参加できましたね。仮面をつけて誰か当てるゲームも楽しかったです」(29歳/飲食)

時期に合わせたイベントをするのもいいですね。ハロウィンは仮装をするのにちょうどいい時期です。

披露宴のあとの二次会なら、華やかなワンピースや普段は着ないようなオシャレな格好をしている人は多いでしょう。それならちょっとしたアイテムを足すだけで、十分仮装の気分が味わえると思います。

その道のプロが登場する

「マジシャンや漫才師、ピアニストなど、その道のプロが登場したときはテンション上がりました。プロというだけあって、皆さん上手です。素人が頑張ってやっているよりも、やっぱりプロに任せたほうがしらけずに楽しく過ごせました」(33歳/金融)

友達が一生懸命してくれる演出もいいですが、やはりプロにはかなわないもの……。参加者を楽しませたいとなれば、プロの手も必要でしょう。

また、余興を友達に頼むとプレッシャーを与えてしまいます。ゆっくり楽しんでもらうためには、友達に頼まないという方法もあるのですね。

少額を集めてじゃんけん勝負

「参加者全員から500円を集めて、じゃんけんで勝って優勝した人が集めた全員分の500円をもらえるというゲームがよかったです。500円でも60人参加の二次会なら30,000円です。けっこう気合入りましたね」(35歳/美容)

一人からの出費が少なくても、集まればかなりの金額です。お金に関わることですから、参加者も白熱したじゃんけんを繰り広げるのではないでしょうか。

参加者たちがやる気をだせるゲームなら、きっと大盛り上がりすると思います。負けると悔しいですが、優勝した瞬間を夢見て参加するのは楽しいでしょうね。

二次会を盛り上げていい思い出にしましょう!

二次会は披露宴ほど堅苦しくなく、自由に楽しめるものだと思います。適度に気持ちを崩して、しっかり楽しんでしまいましょう!

 

Written by 神之 れい