不倫してるオンナ友達を救う「説得法」3ステップ

独身女性達の間で近年増加している不倫。もし友だちがハマっていたら止めてあげるべきでしょうか? それとも人間関係崩壊を避けるためにも、安易なアドバイスはやめたほうがいい? 一筋縄ではいかないオンナ友達の不倫問題解決。上手に女友だちを誘導できる「不倫をやめさせる3つのプロセス」をまとめてみました。

ステップ1.否定をしないで話を聞く

不倫は道徳的によくない事だなんて、本人が一番分かっています。それでもあえてその選択をしたのには何か事情があるはずです。

頭ごなしに「不倫はよくないからやめた方がいい」と否定すれば「あなたに何が分かるの!」と反感を買ってしまうかも。かえって彼女との関係が悪化してしまうかもしれません。一歩間違えれば、「わたしの恋愛に口出ししないでよ!」とばかりに距離を置かれてしまうかもしれない難しい問題。

そこで、まずは言いたいことを吐き出させ、じっくり話を聞いてあげましょう。不倫の悩みはなかなか相談できるものでもありません。そんな時に寄り添ってくれる友人に対して、一気にガードが緩み、あなたのことを受け入れる態勢になるはずですよ。

ステップ2.具体的な情報を提供する

「不倫はダメ」というひとことを言わずにやめさせるには、あなたが友人に「どうなってほしいか」を具体的に示すことが大切です。

「恋愛のひとつの形として不倫を全否定はしないけど、まだ若くて未来のあるあなたがボロボロになってほしくないと願っている」という旨を、相手を気づかいつつ、優しく説いてあげましょう。

たとえば慰謝料の問題。法律的に愛人はどんな立場にあって、奥様からはどれぐらいの金額の慰謝料請求が可能なのか。たいていの若い女性はそんな情報を知らずに不倫しています。

また、妊娠したときのリスク。認知を得られずに堕胎するのも、産むのもどれほど今後の人生に影響を及ぼすか、ちゃんと知っているでしょうか?

ステップ3.出会いの場を提供する

説得するだけでは何の解決にもなりません。最後に、具体的な打開案も提示してあげましょう。

結婚しているにも関わらず、他の女性と恋愛するような男は所詮その程度。また、同世代の男性と知り合う機会を増やしてあげることで、辛い不倫を客観視できるようになるものです。もっと素敵な男性がいる場に誘導してあげましょう。

ただし、彼に夢中の友達に対し、あからさまに「不倫をやめてほしいからフリーの男紹介するね!」と言っても聞く耳を持ってはくれません。

「気分転換にみんなでワイワイ食事でもしない?」というように、さり気なく誘えば、友達も変に構えることなく、快諾してくれる可能性が高まりますよ。

不倫はぜったいに未来を約束しない恋愛

独身の世間を知らないオンナ友達を不倫から救い出してあげるのは、正直難しいことです。でも、それをしないで段々と離れて行ってしまうのは友達として冷たいのでは?このステップをすべて時間をかけて行ってみても、それでもオンナ友達が不倫カレを好きなら、そのときには仕方がないと思えますけど……

友達だけではなく、あなた自身も、結婚を望むならば絶対に不倫だけはやめておくのが鉄則です。