【ライフハックとは? 】仕事もプライベートも生産性アップ

ライフハックとは何か言葉をご存知ですか。
かいつまんで説明すると、日々の生活の生産性を上げることです。
今回は、「仕事もプライベートにも使えるライフハック」についてまとめてみました! 

日常生活をライフハック

日常生活で面倒に感じていることはありませんか。
洗濯・炊事・掃除のような毎日の家事は時間がかかりますよね。
家事をライフハックすることによって、日常生活は劇的に変化します。

たとえば洗濯なら、いろんな方法で生産性を上げることができます。

・夜に洗濯する

洗濯といえば晴れた朝にやるイメージですが、夜にやってみましょう。
炊事や掃除をしている間に洗濯機を回して、室内に干す。
翌日の天気がよければ、朝起きて外に干せばいいですね。

・ものを減らす

洗い物の数を減らせば、洗濯する頻度は減ります。
例えばバスマットをタオル地でなく、珪藻土のバスマットにしてみましょう。
タオル地だと洗わないといけないですが、珪藻土はすぐに乾いて手入れも簡単なため、洗い物が一つ減ります。
吸水性に優れているため、脱衣室の除湿効果も期待できます。

そのほかの家事でもライフハックはできます。
面倒だと思っている家事があるなら、それは変えるチャンスです。
炊事でも掃除でもやり方を見直してみて下さい。

ビジネスシーンでライフハック

仕事で面倒に感じていることはありますか。
仕事だと生産性の上げるイメージがつきやすいかもしれません。
例えば、下記のような悩みはありませんか。

・上司や部下とのコミュニケーション不足
・残業が多い
・資料や名刺の管理が大変

普段の業務で役立てるからこそ、先人たちの知恵を利用しましょう。
コミュニケーション不足ならば、接し方を自分の方から変えてみる。
残業が多いなら、短縮できる業務とやる必要のない業務を洗い出してみる。
資料や名刺を管理方法を見直してみる。名刺ならアプリで管理することもできます。

ちょっとした工夫で一気に生産性がアップしたら面白いですよね。
もし問題があるなら、ライフハックできるか考えてみて下さい。

自分の時間を作ろう!

ライフハックは生産性を上げることです。
作業効率が上がると、自分の時間が生まれます。

その時間はあなたの自由です。
それまで忙しくてできなかったことに挑戦できます。単純に睡眠時間を増やしてもいいです。

自分の時間を作るためにはどうするか。
無駄だと思う時間を洗い出して、短縮する方法を考えてみてください。

例えば通勤時間に片道1時間かかっているなら、30分以内の場所に引っ越しをしてみる。
その分、家賃は上がるかもしれませんが、毎日の通勤30分、往復だと1時間が削除されます。
その時間は自分の時間になるのです。

他にも全員顔を合わせる会議でなく、電話会議に変えてみる。
今までの時間の使い方を見直すことで、自分の時間が増えるかもしれません。

まとめ

いかがでしか? 
今回はライフハックという言葉について説明しました。
もし興味を持ったなら、日々の生活で生産性の悪いと思う部分を考えてみてください。
ちょっとした工夫で一気に生産性がアップするかもしれませんよ。

 

Written by 前田 ヒロキ

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…