「3高」なんて要らない!結婚相手にたった1つだけ望む条件は?

「高身長・高学歴・高収入」のいわゆる「3高」。一昔前の結婚相手に求める条件と言えばやっぱりこれ!ですが、時代の変化とともに女性の考え方も少しずつ変わってきたようです。

ルックス、性格、経済力、体の相性……。結婚相手に望む条件は数えだしたらキリがありません。もし結婚相手に望む条件を一つに絞らなければいけなとしたら、あなたなら一体何を挙げますか?

◆高身長、高学歴、高収入はもう古い!?

以前に比べて「高身長・高学歴・高収入」を結婚相手に求める女性は減ってきたように感じます。

「自分より背が高ければ高身長じゃなくても別に気にならない。学歴も結婚生活には関係ないと思う」(31歳/飲食)

「今の時代、高収入を求めるのは無理だと思う。自分は結婚しても仕事を続けるつもりなので、毎日生活に困らないくらいの収入があれば十分」(29歳/Webデザイナー)

意外にも謙虚な意見が多く集まりました。皆さん他人にどう見られるかよりも「自分がこの人と長く一緒にやっていけるのか」を重要視しているようですね。

◆反対に「これだけはヤメて!」ポイントは?

付き合っているときは許せた彼の癖も、結婚となると話は変わってきます。生活を共にしていくわけですから、これだけは許せないというポイントに関しては条件が厳しくなるのは当然のことと言えるでしょう。

「自分がバリバリ働くので、夫には家のことをやってほしい。家事が苦にならない男性が結婚相手の絶対条件です!」(29歳/営業)

中にはこんな頼もしい意見も。これも時代とともに女性の考え方が変わってきた証拠。家事は女性がやるものと決まっているわけではなく、男も家事の一つや二つは出来て当たり前、といった感じのようです。

「昔でいう『飲む打つ買う』ですか?ギャンブル好きだったり、オンナ関係が派手だったり……これは遊びだって言い切る感覚の古い男性は絶対NGです。結婚に向いてないと思う」(27歳/医療事務)

飲酒問題、ギャンブル癖、風俗通い……これは昔から女性を泣かせてきたNG男のチェックポイントだそうです。

◆シビアに考えたいのは「金銭感覚の一致」

結婚においてお金の問題はシビアですよね。「愛よりお金」とまでは言いませんが、結婚となると恋愛と違ってある程度の経済力と金銭感覚の一致は最低限必要と考えている人が多いようです。

「育ちの違いとはいえ、何かを買いに行くと一番高いもの、ハイスペックな商品から品定めするお坊ちゃんタイプのカレ。それでいて自分の稼ぎはそれほど多くないのです。ご両親からどれぐらい小遣いをもらっているのか、それがいつまで続くのか……じつは不安材料です」(29歳/自営)

「あまりに節約が好きな彼。彼ママが作るカサ増し料理がこの世で一番美味しいと感じるみたい。ハンバーグの肉を半分豆腐にするやつを作ってくれたけど、私は肉100%のほうがいい。また一泊二日の旅行に行く直前に『家電の電源をまだ抜いてない』と焦ったのはドン引きました」(34歳/人材関連)

浪費・ケチ、どっちにふれているのも面倒ですが、どこまでおつきあいできるかが重要。自分で「ムリ」と思うなら早めに伝えて2人で解決策を考えてください。

◆目をそらさないで欲しい「セックス観の一致」

だらしない女関係、セックスレス……これもまた深刻な問題です。いつまでも女として見られたいと思うのが女心ですよね。2人の関係を長く保つためにも、目をそらさないでください。

「女関係がルーズじゃない人がいい。子どもができたときのことを考えると尚更『いいパパになってくれそう』と思える人を選びたいです」(30歳/金融)

「エッチの相性って大事だと思う。周りが結婚してセックスレスになったって人ばかりなので」(32歳/マスコミ)

セックスは性欲を満たすためだけの行為ではなく愛情表現です。男女では考え方の違いがあるとはいえ、男性とは違い風俗などを利用できない女性側にとって「体の相性」は外せない絶対条件なので見て見ぬふりはやめましょう。

価値観が寸分の狂いもなくぴったり合う男女なんていないのもまた事実。「別々の環境で育ってきたんだから考え方の違いはあって当然」と思えるくらいの心の余裕をもっておくのも大事です。