「好きだけど別れたい」など…男性が納得できない別れの理由とは?

お付き合いしている彼に「好きだけど別れたい」などと言ったことのある女性は少なくないはず。こんな言い方で別れを告げられた男性は「好きならどうして別れるの?」「納得できない」と思ってしまうようなんです。やんわり言いたい、傷つけたくない女性の微妙な言い方が逆に気になってしまうみたい。男性が納得できない別れの理由とは?

別れるとき、別れをきりだしづらい?


出典:Shutterstock.com

言う方が楽だなんて言いますが実際「別れてほしい」とは言いづらいもの…。別れるには理由を必ず聞かれますし、それなりの理由がないと彼も了承してくれないですよね。この言いだし辛さからかつい、あいまいな言い方で別れをきりだしてしまう女性の気持ちもわかりますが、男性陣は「理由があるならはっきり言ってほしい」と思ってしまうのかも。

納得できない別れの理由とは?


出典:Shutterstock.com

■「好きだけど別れたい」

女性に多い言いまわしの1つです。「好きだけど」ということでそのあとの「別れたい」が少しマイルドになったような気がするからかもしれませんね! 男性は言葉そのままの意味で受け取るので、前半と後半の温度差の意味がわからないそう。「好きなら別れなくていいいんじゃないの?」と問いつめられてしまうので、下手に別れるときに優しさを見せるのは禁物です。悪く思われたくないときや、やましい気持ちが強ければ強いほどこういった言い方になってしまうみたい。

■「特にこれっていう理由はないけど別れたい」

「理由はないのになんで?」とこちらも男性は疑問に思うみたいなんです。「なんとなく付き合っている人がいないし…」と付き合い始めると、別れるときも理由が思い浮かばずあいまいになってしまいます。別れたいはっきりした理由がないと彼も納得できないから、気持ちの整理がつかないそう。相手のことを少しでも考えて別れるときはなにかしら理由は伝えるべきですね♡

■「○○くんは全然悪くないし私がダメだっただけ…」

なんだか意味深発言…! 「振るくせに被害者ぶっている感じがする」とこんな態度は不評なんです。「全然悪くないと言われるとモヤモヤする」「彼女の本心が理解できない」etc…。あとから彼がモヤモヤする言い方には気をつけましょう!

■「距離を置いて考えたい」

距離を置けばまた付き合えるのかと希望をもってしまいますよね。女性側が「距離を置いて別れる」という意味で言っていたとしても男性が「距離を置いてやり直す」という意味でとらえているかもしれません。このあいまいな期間が揉める原因になることも。このあと別れる気があるのなら、しばらく距離を置いてきちんと別れ話をした方がよさそうです。

■「他に好きな人はいないけど別れたい」

「好きな人ができたの方が諦めもつく」そうですが、他に好きな人がいないとなると「まだチャンスはあるかも」と思ってしまい諦めきれないですよね。「浮気はしていなかった」という意味合いでこれを伝えるのは有効◎でも別れの理由としては彼を納得させるのは難しそう。

■「優しいけれど物足りない」

優しくしてきたのに、と疑問に思う男性多数。尽くしてきたのにがっくりきてしまうんですね。優しい人がいいけれど優しいだけじゃ飽きてしまうという女性の気持ち、女性ならわかりますよね!?

■「友だち(家族)に反対されたから」

女性はまわりの意見に左右されやすい人も多いですよね。自分ではいいと思っていたのにまわりに微妙だと言われるとなんだか本当に微妙に思えてくるから不思議…! 男性にはまわりの意見で別れることを決めたという事実がひっかかるそう。


出典:Shutterstock.com

いかがでしたか? 彼が納得できない理由を伝えると別れるときに揉めることになってしまいます。変に気を使わず、ちゃんとした理由を伝えた方が男性は諦めがつくみたい。ぜひ気をつけてみてください♡

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…