彼氏がキスでたつのは愛情がある証拠? 男性にとってキスとは?

女性にとってキスは愛情表現で、大切なスキンシップの1つだと考えている人が多いですよね。でも、男性にとってのキスは性欲の起爆剤みたいなもの。何と、手をつなぐだけでもたつ人がいるというのは驚きです。

そこで、今回は男性がキスでたつのは愛情がある証拠なのかというテーマで考えてみましょう。

男性にとってキスは前戯の1つ

実は、キスをすることで体に変化が起こるのは男性だけではありません。女性も男性と同じように、あの部分の血量が増えたりアドレナリンが出たりドーパミンが作られたりします。

ただし、女性の場合は「好きな人」とキスをしたときに限りこのような変化が現れるようです。女性の場合は、そもそもが「好きな人」としかキスをしたくないと考えている人が多いので「好きじゃない人」とキスをすることはあまりないかもしれませんね。

では、男性はどうでしょうか?

男性は「好きじゃない人」ともHができると言われていますが、実はキスに関しては「まったく好きじゃない人」とはしたくないと考えている人が多いようです。正確に言うと「性の対象として見れない人」とはしたくない、ということ。

さらに、冒頭でもお話したように、男性はキスをスキンシップの1つではなく、前戯の1つと捉えている人が多いことも分かっています。つまり、男性はキスをする相手にはキス以上のことを求める、ということ。

女性がキスをするときは「ラブラブしたい♡」と思っているだけなので「ただハグをしたりくっついたりキスをしたりしたいだけ」ということが多いと思います。

でも、男性はキスの延長線上にHがあるので、女性の「キスは良いけどHはイヤ」という態度に「生殺しにするくらいならキスしないで」と思うことも多いようです。

「キスでたつ=愛情」と言える時期もある

では本題ですが、男性がキスやハグでたつのは愛情がある証拠なのでしょうか?

残念ながら、「性の対象として見れる人」ならキスができるということは、裏を返せば愛情なんてなくてもキスはできる、ということです。また、キスは性欲の起爆剤ということは、キスやハグによってたつのは愛情がある証拠とは言えない、ということ。

でも、まだ付き合い始めたばかりの頃は、男性も女性も「好き」という気持ちと性欲はつながっています。とくに若い男性は、性欲と愛情がイコールの状態になることは多いようなので、「会う度にカラダを求められる=好きだから」と考えても良さそうです。

そして、こういう状況のときは、手をつないだだけでたってしまう男性もいるようなので「キスでたつ=愛情がある」と考えることもできますね。ただ、彼がこんなデートしかしてくれない場合は、カラダだけが目的かもしれないので注意が必要です。

・どこかへ出かけたりせず、Hだけをして別れる

・デート中に手をつないでくれない

・夜にしか会わない

・やたらボディタッチが多い

また、とりあえず付き合ってみよう→Hしてみないと分からないことも多いから、なんて流れでHをしているカップルも「キスでたつ=愛情」とは言えないでしょう。

いかがでしたか?

男性がキスやハグでたつのは、その女性に「性的な魅力」を感じている証拠です。付き合い始めは、愛情と性欲がイコールだった男性も、交際期間が長くなると彼女に求めるものが安らぎや癒しに変わってきます。

すると、回数は減ってもキスで愛を感じることができたり、キスをされる場所も唇だけではなくなったりすることもあるでしょう。そうなったときは、「キス=前戯」と考えていた男性も「キス=愛情表現の1つ」と思うようになったということかもしれませんね。

 

Written by 永瀬なみ

関連キーワード

KEYWORDS