【結婚式の準備】何からどう始める? 重視すべきポイント

こんにちは。ライターや占い師のほか、恋活・婚活アドバイザーもしています、沙木貴咲です。

結婚が決まるまでの婚活は大変ですが、決まってからも、それはそれで大変です。恋人の両親にご挨拶して、結婚式と披露宴の会場と日取りを決め、その詳細を決定していかなければなりません。

どんなドレスを着るのか、引き出物は何にするのか……そもそも、どのくらいの予算で何人招待するのかなど、とにかく決めなければいけないことはたくさんあるのです。

重視すべきポイントをじっくり見ていきましょう。

①結婚式と披露宴は、自分たちで動かなければ実現しない

結婚式と披露宴は、楽しいイベントであると同時に、とても厄介なイベントです。仕事であれば、チームを組んで担当分けをし、それぞれが自分の業務をこなすことで成立します。しかし、結婚式と披露宴は、すべてにおいて自分たちが動かなければ実現しません。

しかも、費用が数十万円~数百万円という大きな額が動きますし、自分や相手の家族、親戚はもちろん、友人や仕事関係者も招待するなら、たくさんの人に影響をもたらすことになります。礼儀と常識を踏まえて、綿密な計画を立てた上で開催するべきですし、誰に対しても失礼はあってはなりません。

そのため、式と披露宴の準備ですっかり疲れてしまうとか、結婚相手や義実家と意見が合わずにマリッジブルーになる、といったケースも少なくないのです。特に男性は、「結婚式は女性のもの」などという都合のいい理由をつけながら、アレもコレも女性に押し付けがち。

筆者も結婚と離婚の経験がありますが、式と披露宴については、「大変だった」「オトコは頼りにならない」という記憶しかありません。

誰かがどうにかしてくれる、彼が決めてくれるはず……とは思わないように。自分たちの新しい人生の門出ですから、責任を持って、パートナーとなるお相手とうまく協力しながら実現していきましょう。

②式は「いつ」挙げる?

まず初めに、自分と結婚相手、両親、義両親のスケジュールを見つつ、式と披露宴の日取りを決めて、会場の下見を始めます。

最近では、下見をしてから式当日まで、最短だと3ヵ月もあれば十分というところがありますが、招待客が多く、披露宴の規模が大きくなるほど準備期間は長く必要になります。また、人気のホテルやチャペルを使用したい場合は、その予約状況にもよりますので、下見をしてから式当日まで、9ヵ月~1年ほどかかる場合も珍しくありません。

そして、今どきは仲人を立てたり、結納を行ったりするケースが少なくなっていますが、そのあたりもキチンとする場合、結婚をすると決めた時点で仲人を決めて依頼し、両家両親と打ち合わせして結納を行います。

何より大事! お金のこと

予算ありきで会場や式の規模を決めるのか、式の規模がそもそも決まっている状態で、結果的に「このくらいのお金がかかる」と算出するのかでも違ってきますが、いずれにしてもお金の話は早い段階できちんとしておくべきです。それも、結婚相手だけでなく、それぞれが自分の両親としておくのが賢明だといえます。

もし親が結婚費用を出してくれるなら、両家顔合わせをした後くらいには、それとなく言ってくるはずですし、「○月には式を挙げようと思う」と伝えても何も言ってこない場合は、親からの援助が期待できないと思ったほうが良いでしょう。

予算が幾らあって、どのくらいの規模の式・披露宴を行うのかを決めなければ、会場の下見がそもそもできません。お金の話はしにくいと感じるかもしれませんが、そこを曖昧なまま準備を進めれば揉め事が起こってしまいます。遠慮しないで明確な数字を把握するようにしたほうが良いですし、見栄を張らず、予算内で開催できる式・披露宴にすることが大事です。

③会場を「どこ」にする?

たとえば、今は二人とも東京に住んでいるけれど、自分の実家は北海道で、彼の実家は福岡という場合、式と披露宴をどこで行いますか? 居住地である東京か、自分の実家の北海道か、彼の実家の福岡か? どこに決めたとしても、家族や親戚を遠方から呼ばなければならず、行き来の旅費や宿泊費がかさみます。(招待する自分たちが、招待客の旅費・宿泊費を持つのが普通です)

どう決めても自由ですが……自分たちに都合の良い場所を選ぶよりは、招待客ができるだけ気持ち良く出席できる場所を選んだほうが良いかと思います。結婚式と披露宴は、新郎新婦が主役ではあるものの、これまでにお世話になってきた方々に感謝の気持ちを伝えるイベントでもあるのです。自分たちが満足するだけでは意味がないでしょう。

また、居住地以外に会場を決めた場合、プランナーとの打合せをどうするかが問題です。衣装合わせや式の段取りなど、すべてを一日で決めるのは難しいはず。もちろん、下見もしないで会場に予約を入れるのもあり得ません。休日を使って会場に数度赴くのは必然だといえます。

神前式・教会式・人前式……何が違う?

神前式:神社の神殿で結婚式が行われます。列席は基本的に両家の親族のみ。「誓いのキス」がないため、親や親戚の前でキスしたくないカップルは神前式を選ぶんだとか。

教会式:キリスト教式ともいいますが、教会で神に結婚を誓います。牧師が進行を務め、指輪を交換することで愛の証とします。

人前式:形式にとらわれず、自由な場所・式次第で行います。参列者全員が結婚の証人となります。

今は、結婚式場内に教会が設置されていることが多いので、教会式を用いる場合も、式と披露宴で場所が別になるというケースはほとんどありません。しかし、神前式は神社で行うため、式が終わった後で新郎新婦と参列者は、別の披露宴会場に移動することになります。

会場選びや挙式スタイルは、そのあたりも踏まえて検討すると良いかもしれません。

招待客の「線引き」に悩む……

家族、親戚は当然招待するとしても、友人、仕事関係者をどこまで呼ぶのかが悩みどころです。どうしても決めかねてしまう場合は、招待客リストを作るのではなく、会場での席順を作ったほうが決めやすいかもしれません。

1つのテーブルに何人座れるか、というところからジャンル分け、呼ぶか呼ばないかの線引きができるはずです。