契約結婚とは? その実態とメリット・デメリットを解説!

こんにちは。ライターや占い師のほか、恋活・婚活アドバイザーもしています、沙木貴咲です。

2016年に、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS)において、夫は雇用主で妻は従業員という形の、就職としての『契約結婚』が描かれ、話題となりました。欧米、特にアメリカでは富裕層を中心に、契約結婚は当たり前のものとされています。

日本ではまだまだスタンダードとはいえないものの、その合理性や利便性に注目する人は増えているようです。そんな契約結婚の実態と、メリット・デメリットを深堀してみましょう。

①そもそも契約結婚とは、どういう状態?

ドラマ「逃げ恥」では、恋愛感情を持たない男女が家事を労働内容として提供するのに対して賃金を支払う、という契約を結んでいました。しかし、実際のケースとして多いのは、愛し合う男女が婚前に結婚生活に関する主義主張を認め合い、契約書を作成して取り交わすことだといえます。

契約書に盛り込まれる内容は、法律に違反しない限り、どんな内容でもOK! 妻と夫が認める内容であれば、何でも構わないのです。

・〇〇したら離婚する

・生活費の分担方法

・育児・家事・介護について

・お互いの呼び方

・離婚することになった場合、財産分与の方法

・離婚することになった場合、慰謝料の額

・結婚生活の期限(2年限定で結婚する。2年契約で都度見直し、など)

契約結婚で多いのは、「不倫したら離婚する。その際、不倫された側に有利な財産分与、慰謝料の額を設定する」ではないでしょうか。ほかにも、生活費や教育費、お互いの両親の介護を行う時の費用など、お金については具体的に契約するケースが多いといえます。

基本的には、自分が幸せな結婚生活を送るための条件を、口約束ではなく書面で取り交わし、トラブルが起きそうな場合も揉めずに済むように事前対応しておく、という感覚で契約書を作ることになります。

結婚契約書の作り方

約2万円前後の費用で、行政書士に依頼をすることもできますが、自分で作成することも可能ですし、自作契約書も有効です。

・妻/夫になる人の氏名・住所・押印

・契約日(入籍日より前であることが有効条件)

・結婚における契約内容

②契約結婚のメリット

あらかじめ夫婦の間で、結婚生活の内容や約束事を決める「契約結婚」ですが

契約結婚をするメリットには何があるのか、みていきましょう。

メリット1

結婚をする時点では普通、ラブラブ状態が頂点に達していますから、夫婦ケンカをするとか、離婚しそうになるなどという状態は想像しがたいかもしれません。

しかし、どんなに熱烈に愛し合っていても、最高潮の愛情は3~5年で冷めてしまうもの。結婚生活を送る中で、恋愛感情は慈愛に移り変わっていくのです。

そんな中で、ちょっとした気の緩みが不倫に発展したり、配偶者への思いやりの欠如となったり、相互理解が薄れていったりして、夫婦間には問題が生じます。

どんなに「私たちはとても愛し合っているから、揉め事なんか起きるはずない」と思っていても、トラブルが起きる時は起きてしまうのです。

そういう場合、婚前契約を結んでいれば、淡々とそれに従って解決ができますし、問題を長引かせることもありません。契約結婚は、将来起こるかもしれないトラブルに対して、前もって対応ができるものなのです。

メリット2

バイセクシャルの人が、同性愛の恋人を持ちつつも結婚して子供がほしいとか、同性愛者ではあるものの、結婚して家庭を築きたいといった場合、そもそも契約結婚を前提にお相手を探すケースがあります。

この場合、純粋な愛情はさておき、妻・夫の双方に契約結婚のメリットがある場合がほとんどです。

たとえば、男性も女性も同性愛者で、どちらも社会的立場や世間体を考慮して結婚を望んでいるケース。

恋愛状態から結婚に至る男女とは違う感覚でお互いを「人生のパートナー」と認め、それぞれが快適に家庭生活を送っていくための契約を結ぶ、という形になります。

メリット3

たとえば、恋人として交際する中で、彼氏が浮気をしたり、借金を作ったりして、彼女側が迷惑をこうむっている場合、結婚後も同じ過ちを繰り返すのではないか? という不安がつねにつきまといます。彼氏が口でどれだけ改心したと訴えても、それは絶対ではないのです。

そのため、いわゆる『前科』のある相手に、結婚後に同じ失敗を繰り返さないよう釘を刺す、という意味でも婚前契約は有効だといえます。

もし、何かあった時でも、契約を交わしていれば自分に有利な対応をしてもらえますし、たとえ離婚するとなっても十分な慰謝料を払ってもらうなどして、損はありません。