二人の会話が筒抜け状態!? マザコン男と親思いの違いとは?

よく付き合いたくない男性のタイプに、マザコンが挙げられます。

母親を大事にするのはいいことだと思う反面で、何をするにも母親の判断なくして決められない。そんな男性では頼り甲斐に欠けますし、付き合っていても母親と付き合っているのか、彼と付き合っているのかわからない。そうした状態に、彼女として不満や不安を抱いてしまうのもムリはないでしょう。

今回は親思いの違いとして、マザコン男の見抜き方について考えてみました。

親と頻繁に電話、メールをしている

遠方で一人暮らしをしている息子(=彼)を心配して、親御さんから電話がかかってきたり、メールの連絡が入ってきたりすることは、マザコンというよりも子どもを想う親心と言えるでしょう。

ただ、その連絡頻度があまりに目立つ回数で、かつ彼自身も母親への連絡を習慣のように入れているなら、マザコンの毛が強いかもしれません。

母親自慢が度を過ぎている

マザコン男性にとって、母親は異性としても優れた人という認識が強いと思います。そのため、たとえば彼女と付き合っていても、「うちの母親も料理上手なんだよ」といったように、母親自慢が堪えないようならマザコン気質が疑われます。

よく指摘される、結婚後にお嫁さんと母親の料理を比べてしまい、母親と彼女との関係をうまく取り持てない男性になってしまう可能性があります。

母親は母親、恋人は恋人として、その役割と存在をきちんと理解、認識できている男性か、きちんと確かめましょう。

母親に彼女のことを相談している

マザコンの毛が強い男性ほど、母親は絶対的な存在です。つまり、何かあったら1番に相談する相手であり、いわば自分にとっての法律が母親なのです。彼女との付き合いで困ったことがあれば、彼が一目散に相談するのは母親です。

そのため、あなたがどんな人で、彼とどんな付き合いをしているのかは、母親に常に筒抜け状態です。彼の口からあなたとの付き合いに関して、「母親にも相談したんだけど~」、「母親が言っていたんだけど」といった発言が聞かれたら、かなり注意が必要です。

ご両親の仲が悪い

彼がマザコンになるかどうかは、家庭環境による要因が大きいかもしれません。
たとえば、彼のご両親が不仲である場合。本来であれば、母親は夫に相談するところを彼に相談するようになり、彼依存が高くなってしまうケースです。

当初、彼のほうは依存度が少なくても、母親のほうが息子に依存することが多いため、彼も母親と過ごす時間が増えることで、マザコン傾向に陥ってしまうようです。この場合、母親の不安材料を減らしてあげることで、彼のマザコン傾向が直る可能性があります。

可愛がり度がちょっと異常である

彼が一人っ子である、末っ子で唯一の男の子の場合。彼は母親から可愛がられ、彼も可愛がられて育つ環境に慣れてしまっているため、マザコン状態に陥ってしまっている可能性はあります。

この場合、両親の仲が不仲ではなく、仲がいい場合も同様です。
彼の親御さんと挨拶する機会があったり、彼の話から親御さんとの関係を聞いた際は、彼の家庭内のポジションをちょっと観察できると、彼のタイプが見えてくるでしょう。

マザコン=自立度!?

よく世の中の男性は、マザコンだなんて言い方がされます。しかし、マザコンと親思いは似ているようで違います。
マザコンは親への依存が際立っており、彼の自立心に問題が及びます。彼の年齢が若ければ、これから自立心が芽生えて、親から自立していく可能性は高いです。

マザコン度=自立度と考えてみて、あなた自身も自分のマザコン度について、彼と一緒にチェックしてみては!?

 

Written by 柚木深つばさ