「そんなとこがかわいい!」男性心理から見る女性のかわいい仕草3つ

好きな男性を落としたいと考える時、会話術で勝負を仕掛けてみるのも一つの手ですが、中には会話にどうしても自信がないという方もいると思います。そうした人にオススメしたいのが、かわいい仕草です。ちょっと聞くと、「そんなことで?」と感じるかも知れませんが、男性心理は意外と単純にできているもの。今回はそんな男性ウケの良い、女性のかわいい仕草について紹介します。

男性心理,女性のかわいい仕草

① 両手で顔を隠し、恥ずかしがる

漫画やアニメの表現でよくあるような仕草だと思いますが、男性とはこうしたベタで直接的なものほどドキッとしやすいのです。特に普通に考えて漫画やアニメの中の表現なんて、現実にやってくれることはないと考えがちです。

だからこそ、実際にそうした表現を行なってくれることで、それが大きな刺激を伴い、注目してしまいます。また男性は女性の恥ずかしがる姿に、可愛さと同時に愛らしさも感じます。

父性本能が働くと言えば良いのでしょうか、無意識的にその相手を守りたくなるのです。この意識を逆手にとって、ベタだと分かっていても実際に行動してみて、相手の反応を伺ってみるのもアリですね。

② 上目づかいで見つめる

男性は女性からの上目づかいに大変弱いです。上目づかいにより相手の目が大きく見え、それが甘えているように見えたり、かわいく見えたりするのです。

頼みごとをする際にも、真正面から普通に頼むよりも、上目づかいで頼む方が男性も納得しやすくなります。何気ないポイントかも知れませんが、これはかなり効果の大きい仕草でもありますので、是非とも一度実践してみてください。

③ 髪を搔き上げ魅力度上昇

食事をする際に、無意識的に髪を搔き上げる女性も多いと思いますが、この仕草を「かわいい」と感じる男性は非常に多いです。

かわいいと同時にセクシーさも滲み出ているため、ある意味男性が好きなその二つの要素を一度に表現できる贅沢な仕草であるとも言えるでしょう。

食事だけにとどまらず、何か作業をする際や、屈み込む場面で仕草を出してもいいですね。

 

普段何気なく行なっているような仕草が、予想以上に男性にとってドキッとなるものが多いです。そうした仕草一つ一つを意識し、いざ男性と会う際にも、タイミングを見て意識的に行なうようにしてみましょう。