運命的な出会いが訪れる予兆とは!?

あなたは運命の出会いを信じていますか? 運命とは、巡り合わせのこと。相手と出会うべくして会った……そんなロマンチックな恋愛ができたらいいなと、誰しもが憧れるでしょう。

しかし、いい出会いがないと「運命の出会いなんて本当にあるの?」と、 ちょっと疑ってかかってしまうこともあるのでは。今回は、運命的な出会いが訪れる時の予兆を考えてみました。

相手との出会いに縁を感じる

あなたは日頃から、人の縁を感じていますか? 人の縁も運命と似ており、そのようになる巡り合わせの意味があります。
たとえば、職場で仲良くなった同僚や後輩。そうした人たちと、どうして仲良くなるようになったのか? と考えると、人の縁に行きつくことはないでしょうか。

同じ趣味を持っていたり、過去に同じ仕事をしていたり、あるいは同じような悩みを抱えていたり。少なからず自分と共通するものがあるからこそ、話が弾んだり、気が合ったりするのではないでしょうか。

運命の出会いも、それと勝手が似ているかもしれません。少なからず共通点があって、相手のことが気になる……。さらに、相手からいい刺激を受けているなら、それは相手と仲良くなる、知り合いになる運命だったのかもしれません。

そんな風に人との出会いを前向きに楽しめると、今ある出会いがステキに感じられ、いい方向に関係が進んでいくかもしれませんね。

周りから一目置かれるようになる

運命の出会いがあるとすれば、それは恋のスタートです。恋をするには、ある条件が整っていなければいけません。それは、自分の生活や気持ちに余裕があることです。
仕事に追われ、プライベートに悩んでいる状態では、恋をする余裕はなく、人の魅力も感じづらいでしょう。

つまり、人を幸せにするには、まず自分が幸せにならなければいけないのです。周囲からいつも声をかけられる人気者の男女は、見た目の良さだけではなく、人として輝いている瞬間が必ずあります。そうした人に少しでも近づくべく、ぜひ自分の魅力を高められるといいですね。

“輝き”とは、仕事、プライベートの充実しかり、異性としての魅力しかりです。
よく恋を休んでいる間は、自分磨きの時間といいます。人から尊敬され、「◯◯さんのようになりたい!」という気持ちにさせられる人には、それだけステキな出会いも寄ってきやすいでしょう。

日々の生活が楽しく感じられる

マンネリした生活のなかで、運命の出会いは現れにくいです。なぜなら惰性で毎日を送っている、つまらない雰囲気が人に伝わってしまうからです。
いい出会いを見つけたいと思ったなら、思い切って身の回りの環境を変えることも大切です。

たとえば付き合う友達、知り合いを変えてみる。新たな運動、趣味を始めてみる。ほかにも、仕事の異動、転勤も、大きなきっかけになりそうですね。
いろいろな人と付き合ったり、いろいろなものを見たり、いろいろな場所に行ったりすることで、価値観が広がり、人として磨かれていきます。

自分をポジティブに変えていく努力。人として成長していく姿勢が持てたとき、周りはあなたの輝いている姿に、「あの人、ステキだな」という印象を抱くのかもしれません。

運命の相手と出会えるかは自分次第!?

運命の出会いは、自分の魅力にぴったりと合った相手と言えるでしょう。となると、運命の人に出会う方法は、意外と簡単かもしれませんね。

「私の運命の相手はどこにいるの?」と迷ってしまったときは、ちょっとこうしたポイントも考えてみてはいかがでしょうか。

 

Written by 柚木深つばさ