後背位セックスの醍醐味とは? 快感MAXになるエッチなテクニック

セックスの定番体位と言えば、「正常位」「後背位(バック)」「騎乗位」ではないでしょうか? おそらくほとんどのカップルはこれらの体位を組み合わせたセックスをしているはずです。正常位はセックスの基本中の基本なので、まず外れることはないですが、残りの二つになると正直「したくない」と感じる女性も多いのではないでしょうかね。

今回は、特に好みがわかれる「後背位(バック)」に的をしぼり、後背位セックスの良さと、気持ち良くなるための方法についてご紹介していきます。


後背位(バック)とは?

後背位セックス、女性にとっての醍醐味

女性にとっての後背位の醍醐味ってなんだと思いますか? そのメリットは、その“深い挿入感”にあると、筆者は考えます。私たち日本人女性の膣は、下付き(後ろ付き)が多いです。そのため、後ろからの挿入のほうが、奥まで届くという仕組みになっています。

Gスポット快感も良いけれど、ポルチオ快感を満喫したい女性にとって、後背位はドンピシャな体位です。尚、膣の位置は、加齢によるヒップダウンで、徐々に上付き(前付き)に変化します。そう考えると、日常的にヒップアップを心がけ、何歳になっても後背位が楽しめる体型をキープしたいものですね。

もう一つ、後背位ならではの醍醐味があります。

それは、背中のラインで女性美が強調されるということ。

後背位は、カラダの後ろ側がすべて丸見えになる体位です。「お尻の穴を見られるのが恥ずかしい!」という女性もいるでしょう。大丈夫、男性目線では、ヒクヒクしたお尻の穴は、むしろ興奮材料になります。

Oゾーンを、ブラジリアンワックスやエステティックサロン、美容皮膚科などで処理することで、自信を持って後背位に臨むことができるでしょう。

筆者としては、お尻の穴よりもむしろ、「背中のくびれ」のほうがよっぽど大事! 四つん這いになった際、弓なりにカーブを描く背中のラインは、女性らしい美しさを強調できます。背中が固いと、まるでテーブルのよう……色気が感じられません。

背中の弓なりラインを作るには、日々のストレッチももちろん大事ですが、お尻を高く突き出すこと! つまり「恥じらい」を封印するのがポイントです。後背位には、正常位にはない興奮や快感がたくさんあります。セックスをより盛り上げるための体位として、積極的に取り入れてくださいね。

後背位セックスの醍醐味とは? 快感MAXになるセックステクニック

後背位セックス、女性にとってのデメリットとは?

後背位に抵抗を持つ女性も少なからず存在します。その理由は主に二つ、「キスができないから愛情が感じられない」、そして「顔が見えないから不安」です。

キスができない不満は、カラダの密着度が強い背面立位……通称・立ちバックで行えばノープロブレム! もし後背位でもキスを楽しみたければ、「立ってしてみたい」と提案すれば良いのです。

オススメは、洗面台の前! 壁よりも手が付きやすいため、カラダを固定しやすいですし、最大のメリットはなんといっても「鏡」でしょう。合体している姿が鏡に映るので、男女共に興奮度が高まります。

「顔が見えないから不安」に関しては……個人的には、いったい何が不安なのか、これっぽっちも理解できません。確かに、男性の表情が見えないので、もしかしたら大あくびしているって場合もあるかもしれませんが……。

顔が見えなくても、性器同士が結合していることに安心感を見出してはいかがでしょう? 激しいピストン運動が体感できていれば、「あくびされているかも」だなんて疑念は生じないはずですよ。

女性の74%が後背位がお好き♡

LOVECOSME(ラブコスメ)』が女性に500名を対象に「後背位(バック)は好き? 」というアンケートを行ったところ、このような結果になっていました。

・「大好き」と答えた女性が229名(全体の45%)
・「まあまあ好き」と答えた女性が146名(全体の29%)
・「好きではない」と答えた女性が102名(全体の20%)
・「その他」と答えた女性が23名(全体の4%)

※小数点切り捨て

この結果から見るに、実に多くの女性から後背位が支持されていることがわかります。
アンケートに寄せられた女性からのコメントを一部紹介。

・「後背位は“いいポイント”に当たるから凄く気持ち良い」
・「バックは責められている感じがして好き」
・「本能で犯されてる感が良い」

特に多かったのが、「膣の感じるところに当たるから気持ち良い」というコメント。後背位は女性の“感じるポイント”を突いてくるので、「気持ち良い」と感じる女性が多いみたいですね。

後背位の方法は?後背位・バックは好きですか?|ラブコスメ

後背位セックス前に準備しておくと良い3つのこと

おしりのケア

自分ではなかなか気が付きにくいですが、時々「お尻ニキビ」が表れたりします。放置しておくと真っ赤に膨れ上がり、広範囲に広がることもあるので、それを見た男性はどう思うでしょうか? 後背位の体勢は、男性にお尻を突き出す形になるので、日頃からのケアはしっかり行っておきましょう。

お尻ニキビができる原因は、汗による雑菌の増殖もありますが、一番の原因は「保湿ケア不足」。毎日のお手入れとしてお尻にも保湿ケアをしておきましょう。

後背位セックスの醍醐味とは? 快感MAXになるセックステクニック

腰の反りが重要! 軽いストレッチ

後背位は四つん這いになり、お尻を突き出すポーズですが、これが結構「腰」に負担がかかるんです。後背位は“腰の反り”も重要、腰をしなやかに反らせることで、女性ならではの曲線美が生まれ、男性の視覚を刺激します。それに大きくお尻を突き出したほうが男性も責めやすいですからね。運動不足の女性は、腰を長時間反らせているとツラくなってくるので体勢を維持できなくなります。

セックスする予定が分かっていれば、事前に腰のストレッチをしたり、日頃から腰を鍛えておきましょう!

目で楽しませる! ガーターベルト

後背位の体勢は女性にとって“恥ずかしい格好”ですが、男性は「目」で楽しむセックスも大好き。後背位の体勢はまさにうってつけなんです。さらに楽しんでもらいたいと思う女性は、ちょっとHな『ガーターベルト』を着けてみましょう。ガーターベルトはデザインからしてエロので、着用しているだけで無条件で喜んでくれますよ。

見た目だけでもエロいのに、それを後背位で見ながら楽しめる。男性にとっては最高のシチュエーションでしょう。

後背位セックスの醍醐味とは? 快感MAXになるセックステクニック

男性もメロメロ! 後背位セックス5つのテクニック

後背位は男性に身をまかせっきりですが、時にはあなたからアクションを起こしてあげると喜んでくれます。女性のできる「後背位セックスのテクニック」を紹介。

後背位セックスの醍醐味とは? 快感MAXになるセックステクニック

①行為途中に振り返り男性の顔をみる

後背位の最中は、相手に自分の表情を見られないので思う存分感じることができますが、時には、その感じている表情を男性に見せてあげるのもいいですよ。男性は女性の感じている表情を見ることで征服感を感じてくれるので、より興奮してくれます。

②自分のおしりを鷲掴み

後ろから突かれている時や、挿入する前に、自分で自分のおしりを鷲掴みにしてアソコをグイッと広げてみましょう。こうすることで男性は「激しく突いてほしいんだ! 」「もっと深く挿れてほしいんだ! 」と捉えてくれます。後背位をもっと激しくしてほしい時や、言葉で伝えるのが恥ずかしい時にも便利です。

なにより、女性がおしりを広げて求める様子は男性にとってたまらない姿です。

③スパンキングをおねだり

後背位の最中におしりを叩かれた経験はないでしょうか? 男性の中には興奮が高まってくると女性のおしりを「スパンキング(叩く)」してきたりします。なんか馬になったようで感じが悪いですが、コレが結構「良い♥」という女性の声もあります。

後背位で気持ちがたかぶっている時に、おしりをスパンキングされることで叩かれた刺激とともに快感が高まってくるんです。スパンキングしてくれない時は、逆にあなたからおねだりしてみましょう。男性はセックス中の女性のおねだりにかなり興奮するので、セックスの激しさも一層加熱します。

④おしりを突き上げる

後背位を気持ち良く、かつ男性を興奮させるには女性の体勢も少し工夫する必要があります。特におしりを突き上げるようにすれば、「もっと突いて! 」というアピールにもなり、見た目的にも女性のキレイなくびれが強調されるのでおすすめです。

⑤手を後ろに回し、男性の乳首を触る

少し上級テクニックになりますが、後背位中に余裕があれば男性の乳首を触ってあげるのも男性を悦ばせる方法です。片腕で自分の体重を支え、空いた方の腕で男性の乳首をイジってみましょう。アソコと乳首の両方で感じてもらえるので、あなたとのセックスがヤミつきに……。

後背位でより気持ちよくなるために……。

羞恥心を捨てて乱れまくる

後背位の良さってなんだと思いますか? 筆者的には“羞恥心を捨てて乱れることができる”これに尽きると思います。

正常位や騎乗位って自分の表情が男性に見られるので、どうしても心の底から感じている表情を出しづらかったりするんですよね。でも、後背位だと男性からはこちらの表情が見えませんから、思う存分感じることができ、どんなにだらしない顔で乱れても平気です。

セックスの快感を最高に高めるには、女性自信の気持ちも結構重要で、自分がどう見られているかをいちいち気にしてたらダメ。正常位や騎乗位は無理でも、顔を見られる心配のない後背位なら羞恥心を捨てて思いっきり乱れてみましょう。そうすることで、今よりもっと気持ち良く感じることができるはずです。

後背位セックスの醍醐味とは? 快感MAXになるセックステクニック

視覚的に興奮するシチュエーションでする

自分が興奮するシチュエーションってありますよね。たとえば、鏡越しでセックスするとか、キッチンでするとか……。非日常な感じ。もうなんでもいいんです。とにかく視覚的に自分が興奮できるシチュエーションであれば、いつもの後背位をより気持ち良く感じることができるんです。

たとえば洗面台の前! お互いを「鏡」に映しながら合体するのも視覚的に自分を興奮させてくれますよ。鏡を覗けば男性が自分を激しく突いている姿が見えるので、「犯されてる」という気分に浸ることができます。後背位の良さって、野性的なセックスを味わえるのも醍醐味だと思うし、それを一層引き立てるのが視覚からの情報です。

視覚的に自分が興奮できる材料があると、それだけでいつもの後背位がもっと気持ち良くなるのでおすすめですよ。

体位を変化させる(後背位→立ち後背位へ)

普通に後背位するだけでも気持ち良いですが、時折変化をつけてみるのもいいですよ。筆者がおすすめなのが「立ち後背位」。両足で立ったまま挿入されることで、通常の後背位とは違った快感を楽しむことができます。

立ち後背位で男性に後ろから激しく突かれると、両足に力が入らなくなり、立つことが難しくなるほどの刺激が襲ってきます。つまり、立てなくなるほど気持ち良いわけです。男性も立った状態だと腰が振りやすいみたいで、激しく“パンパン”してくれますからね。

あと、後背位の時に「彼とキスしたい」って思う時ありませんか? 気持ちがたかぶっていると無性にキスしたくなることがあるはずです。そういう時、立ち後背位なら二人のカラダが密着しているので、いつでもキスすることが可能。愛し合いながらも激しくセックスすることができる立ちバックもおすすめですよ。

後背位セックスの醍醐味とは? 快感MAXになるセックステクニック

自分から動く

後背位は男性に身を任せっきりですが、自分から動いたほうが気持ち良いこともあります。オナニーと一緒で、自分が気持ち良い場所は自分にしか分かりませんからね。男性の動きに合わせて自分の気持ち良い場所に当たるように腰を動かすのも今よりもっと気持ち良くなる秘訣です。

男性経験が多い女性なら分かってくれると思いますが、男性の中には“ワンパターンな動き”しかしない人って居ませんでした? 後背位はかなり刺激の強い体位ですが、次第にその感覚に慣れてきちゃうんですよね。それを理解してる男性なら時々挿入角度や体勢を微調整して変化をつけてくれますが、たまに単調なセックスしかしない男性が居るんです。

自分の口から「違う! もっとこう突いて! 」なんて言えたらいいですが、そんなことは恥ずかしいし、なんか「お前はセックスが下手だな」と指摘してるみたいで申し訳ない。

そういう時も、自分から動かしあげると男性に無言の合図を送れるわけです。男性も「なるほど、ココが気持ち良いのか」と理解してくれることも。

後背位が「なんか単調だなぁ」と感じた時には、自分からも動いてみてください。

後背位セックスのコツは「恥じらい」を捨てること

後背位セックスの醍醐味とは? 快感MAXになるセックステクニック

後背位セックスの醍醐味は男性に“犯されてる感”を味わえるのと、自分の表情を相手に見られないので思う存分乱れることができる、これが後背位セックスの醍醐味じゃないでしょうか。

後背位はセックスの定番でもあるので、行う機会は多いでしょう。今まで後背位が苦手だったり、気持ち良いと感じることができなかった女性はいろいろ試してみましょう。

一番のコツとしては「恥じらい」を捨てること。たったそれだけで、後背位の気持ちよさがかなり違ってくるはずですよ!

菊池美佳子の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…