デートの誘い方アレコレ 「はいそれ体目当て!」本気の恋愛をしたいなら断わるべきパターン

印象の悪くない男性からのデートのお誘い、受けたことはありますか? ぶっちゃけイケメンから上手に、自然な雰囲気でデートを要求されたら、恐らくほとんどの女性は「嬉しい」と思うのではないでしょうか。

しかし、男性の中にはデートに誘って仲良くなるフリをしているだけで、実際には体目当て以外の目的もないという、恐ろしいオオカミもいるものです。

本気で恋愛をしたいという女性にとって、こういうのは時間の無駄というか、してやられた感が強い失敗になってしまうでしょう。そこで今回は、体目当てで近づく男性がやりがちなデートの誘い方について書いていきましょう。

水着で出かける前提のデートプランは危険

デートの誘い方を見るだけで、それが本気なのか遊びなのかなんて男性の立場から眺めればすぐに分かるものです。

たとえば海。初っ端のデートで「海に行こう」なんて要求している男性はとっても厄介ですよ。

なんせ自分の裸に自信があって、相手に水着になってもらおうとしているっていうわけですからね、これはもう本当にわかりやすいパターンです。

若い男性が提案しがちなんですが、30代、40代になっても体を鍛えていて、もう傍目に見ても絶倫っぽい男性は、現役でこの誘い文句を使ってきます。

本気の恋愛をしたい男性は、やっぱり最初から海という変化球は投げません。普通の男性は、こういうデートは付き合ってしばらくしてからようやく楽しもうとするものなのです。

やたら深夜帯に差し掛かる時間のデートのお誘いも危険

それから体目当ての男性がやらかしがちなデートの誘い方の代表例が、最初から夜も深くなった時間帯に会おうとするというものです。

「美味しいお酒が飲めるバーが、深夜もやってるから」とか「綺麗な夜景が見られるところまでドライブしよう」とか、もう言われてる側が「マジかこの人」と思って引いてしまうようなお誘いをしてしまう男性って、やっぱり目的がソレありきなんですよね。

こういうデートの誘い方は、はっきり言って相手を彼女候補として地道に攻めていきたいという男性は、なかなかやりにくく感じるものです。だって目的がスケスケで、相手がすぐに「あ、体目当てじゃん」と思ってしまいますからね。

惜しげもなく深夜まで相手を拘束する気満々のデートを提案する男性には、純愛は無理です。

おわりに

体目当ての男性がやらかしがちなデートの誘い方って、本当に露骨です。そしてこういうデートの提案をしがちなのはもう見た目にも遊びなれているタイプか、逆に全く女性の扱いに慣れていないタイプか、このどちらかです。

やっぱり普通の男性はなかなか選択しないようなデートプランですから、交際前の男性からこれらのデートを要求されたときには、「ああ、そういうつもりなんだ」と思ってもほぼ間違いはないでしょう。

 

Written by 松本 ミゾレ

関連キーワード

KEYWORDS