笑顔の裏にある本心、気づいてる!?やってはいけない「女子会NGマナー」

気心知れた仲間と女子会。デートよりも楽しいわー!なんて声もよく聞きますが、意外と女同士の方が気を使う・・・。という方もいるのでは?今回は女子会を気持ちよく楽しむために、意識したいマナーについてお伝えします。

個性出し過ぎファッションはNG

オシャレは自己満足、身だしなみは第三者満足です。特に女子会での第三者である他のメンバーが満足するファッションとは、「共感できるかどうか」がポイント。

個性を出し過ぎると、自分とは違う次元の人だと認識され、壁ができてしまうことも。女子会では「浮かない」ことが大切です。
女子会のイメージ

デリケートな話題は空気を読んで

恋バナに花を咲かせるのも女子会の楽しみのひとつですが、親しき仲にも礼儀あり。自慢にしか聞こえないエピソードや、女性にとってデリケートな「結婚」「妊娠」に関する話題は、話すタイミングに気をつけましょう。今相手がそれを聞いてどう思うか?を考えて会話をすすめていかないと、知らずに相手を傷つけていることも

泥酔女子は笑えない

せっかくオシャレなカフェバーを予約し、素敵なセレブタイムを過ごすはずが、飲み過ぎによる泥酔からの号泣、説教、爆睡。女子達は笑顔で介抱してくれながらも、おそらく心の中は迷惑そのもの・・・。冷ややかな目で見られていることを忘れずに。

また、うっかりバンバンお酒を注文してしまい、気づくと会計が大変なことに。え!?これで割り勘!?とならないように、お酒の量は、場の空気を読むテクニックも必要です。
写真を撮るイメージ

SNSへのアップは細心の注意を!

なにかあればとにかく写メ。その写メを相手に断りもなくSNSにアップ、タグ付けまでしてしまう。しかも自分が可愛く写っている画像を選んで・・・。なんて方。次の女子会にはまず呼ばれないことを覚悟して。

SNSは公開範囲に関わらず、個人情報に関しては絶対に自分だけで判断せず、まわりの了承を得ることを心掛けましょう。「のせてもいいよ」と言いつつも、本当は嫌だった!というパターンもよく聞きます。

おわりに

女子会は気兼ねなく楽しめるものですが、そこには相手を思いやるマナーがあってこそ。末長く良い関係を築けるように、お互いに気を配りたいですね!
Photo by fotolia