レイトショーは料金以外にもメリットがある! 恋が生まれる可能性も?

映画館によって若干の違いはありますが、20時以降に上映がスタートする回を『レイトショー』と呼びます。レイトショーで観ると料金の割引をしてくれる映画館も多く、1,100円~1,300円ほどで観ることができるお得な時間帯です。

今回は、レイトショーのメリットやデメリットをまとめてみました! ぜひカップルでも利用してみてくださいね。

レイトショーには3つのメリットがある

主に20時以降の回を指すことの多いレイトショーには、さらに深夜の『スーパーレイトショー』や『ミッドナイトショー』という回がある映画館もあります。

では、レイトショーにはどんなメリットがあるのでしょうか?

◇メリット1.割引が適用されて安くなる

レイトショーのメリットは、何と言っても安いこと。例えば、ユナイテッドシネマお台場の場合は一般の通常料金1,800円→1,300円になります。ただ、残念なことに東京では、割引サービスを行っているレイトショーを見つけるのは難しいです。

その代わり、レイトショー以外にも女性だけに適用される『レディースデイ割引』や毎月1日に適用される『ファーストデイ割引』などのサービスが利用できます。こういう他の割引サービスを利用してレイトショーを観る場合、逆にレイトショー割引よりも安く観られる可能性が高いのでぜひ調べてみてくださいね。

 

◇メリット2.空いてるから自由に過ごせる

空いているというのもレイトショーならではの大きなメリットです。ドリンクやフードも並ばずに買えますし、席を予約していなくても好きな席を選べます。人目を気にする必要もないので声を出して驚いたり笑ったりできるのも嬉しいですね。

とくに、上映期間終了間近の作品や人気が高くない作品の場合はスクリーンをひとり占めできる可能性も。ふと気付くと見知らぬ男性と2人で観ている、ということもあるかもしれませんし、そんなことがきっかけで恋が生まれる…なんてことも?

逆に、カップルで観るときは遠慮なく寄り添うことができますね。

 

◇メリット3.大人しかいないから静かに観られる

とくにアニメや話題の作品は子どもや若い人に人気で、上映中に「うるさいなぁ」と感じる人も多いのではないでしょうか。

その地域によって規制に差はありますが、一般的に18歳未満は上映終了時間が23時を超える回を観ることはできません。つまり、レイトショーの時間帯に子どもはいない、ということ。

だからと言って絶対に静かに観られるという保障はありませんが、少なくとも子どもの騒々しさからは解放されます。

デメリットを考えてもやっぱりお得!

レイトショーは、上映される劇場の中でも割と小さいスクリーンで上映されることがあります。

また、20時以降に上映がスタートするということは上映が終わる時間は早くても21時半を過ぎるということ。女性が1人で帰宅するには少し不安な時間帯ですよね。夜道を1人で歩かないためにはタクシーを利用したり誰かに迎えに来てもらったりするのが1番ですが、それが難しい人はしっかりと防犯対策をしてください。

意外と困るのは、夜ゴハンを食べる時間が遅くなってしまうこと。映画館のフードメニューにはジャンキーで高カロリーなものが多く、映画館では何も食べないという女性は多いのでは? 映画を観る前に食べられれば良いですが、もし食べられなかったら観た後に食べることになってしまうというのもデメリットの1つだと言えるでしょう。

ただ、友達同士やカップルで利用すれば夜道への不安も解消されますし、たまにちょっと遅い時間に食事をしたからと言ってすぐ身についてしまう訳ではありません。そう考えると、いくつかのデメリットはあるものの、やっぱりレイトショーはお得な上映時間です。

おわりに

レイトショーは、基本的には毎日あります。上映スケジュールは作品や映画館によって違うので、観たい映画がある場合は調べてから行きましょう。

また、絶対に空いてる日が良いという人はやっぱり平日がオススメ! ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

 

Written by 永瀬なみ