彼が嘘をつく心理と対処法

皆さんは嘘をついたことがありますか?

おそらく「1度もない」という方はいないと思います。
でもその度合いや回数によって問題はかなり違ってきますよね。
もし大好きな彼がアナタにしょっちゅう嘘をつくなら……その理由や対策を考えなくてはなりません。

今回は、“彼が嘘をつく心理と対処法”について考えてみたいと思います!

人はなぜ嘘をつくの?

まず男性に限らず人全般において、“なぜ嘘をつくのか?”を考えてみましょう。

<相手から何かを得たい>

多くは金銭ですが、騙し取ろうとしたり、多くを得ようとして嘘をつくことは少なくありません。相手をおとしいれて自分の方が上に立つ、欲しいものを手に入れるというケースもあります。
このような動機で嘘をつくのは“自己愛”の強い人です。

<相手を怒らせたくない>

相手を裏切るようなこと、さげすまれるようなことをしておきながら、怒らせたくない、評価を下げたくないという気持ちから嘘をつくことがあります。
男女関係ならまず考えられるのが浮気です。この場合、1度嘘をつくとそれを正当化させるために新たな嘘が必要になり……次から次へ嘘を重ねることが必要になります。交際や結婚が続く場合は、いつまでも罪悪感に苦しめられますし、苦しまないとすればそれも問題です。

<相手に認められたい>

見栄っ張りや、プライドの高い人に多いケースです。相手を感心させて認められたかったり、褒められたくて話を大きくしたり、見栄を張って嘘をつきます。人としては子供っぽいタイプ。自分の頭の中で都合のいいように記憶を曲げてしまったり、話を膨らませるのが日常茶飯事になっていて、そこまで罪悪感は感じていない人が多いです。

彼はどうして嘘をつくの?

次に男性に絞って考えてみます。
彼はアナタにどうして嘘をつくのでしょう……?

<良くないことをして隠したい>

ズバリ、浮気が考えられます。見方によっては、傷つけたくない、不安にさせない為の優しさともとれますが、責められることを逃れたい保身や、単なる逃げの場合が多いことは否めません。

<もっと愛されたい>

自分をよく見せたくて、大きい男に思われたくて…嘘をついてしまう男性がいます。すごいっ、カッコイイ! と思われたい、もっと愛されたくて……。前項にもあった、どちらかというと子供っぽいタイプ。多少のことなら可愛いともいえますが……日常茶飯事になると笑って済ませられませんね。

 

前項でいう、相手を怒らせたくない=(浮気などを)隠したい、相手に認められたい=(もっと)愛されたい、に該当しますが、「相手から何かを得たい」になってくると、ことは深刻です。男性が恋人に、金銭目的や、彼女または別の誰かを陥れたり、騙したりする目的で嘘をつく場合、それは犯罪に繋がったり、そこまでにはならなくても、必ず悲劇的な結果を招きます。

彼が嘘をつく場合の対処法

では彼が嘘をつく場合、どう対処すればいいのでしょうか?

<自分から白状させるようにもっていく>

男性の嫌いなことの第1位が「責められること」なんだそう。嘘に気づいても、カッとなって責めたり、問い詰めたりすれば相手は逃げます。自分が悪いのに、責めるアナタを嫌になる可能性もあります。責めるよりも、嘘に気づいていることを遠回しに気づかせ、『バレてる』『白状した方が良さそう』と思わせる方が得策です。

<寛容なところをみせて罪悪感を大きくする>

常習犯でなければ彼自身、悪いなという気持ちは持っているはずです。葛藤している場合もあります。そんなときは、「私たちなんでも話せる仲良しだもんね」「○○の正直なとこが好きなんだ」と、彼をホロッとさせるセリフを口にしてみるのも効果的。罪悪感に耐えられなくなった彼から言い出してくれる可能性が大きいです。

上記は嘘の度合いが許せるもので、嘘をつかれたとしても彼との交際を続けていこうと思っている場合の対処法です。
人は嘘をつく生き物ですし、女性だってそれは同じでしょう。
方便といわれるように、相手を傷つけまいとする良い嘘、愛情からの嘘だってあります。
ただし! 男性の嘘が常習的なものだったり、詐欺を招くようなものだった場合には、嫌われても責めなきゃダメ。きちんと向き合って話し合いましょう。
愛そのものが嘘なんて……考えたくないけれど、見て見ぬフリは絶対にしちゃダメです!

 

Written by mami