自分に自信がない女性に多い「隠れコンプレックス」・克服法とは?

ここ最近、自分では気づかない「隠れコンプレックス」に悩む女性が増えています。コンプレックスとは、誰しもが必ず持っているものですがその中でも特に厄介なのが心の内側に密かに表れる、隠れコンプレックスです。

コンプレックスの場合は、自分でわかっている分克服する事も諦める事もしやすいのですが、隠れコンプレックスに至っては自分ではわかっていない事が多いので気づくのに時間がかかってしまいます。

それでは、隠れコンプレックスとは一体どのように克服していけばよいのでしょうか?

今回は、隠れコンプレックスを見つけるコツと克服法をお伝えします。

隠れコンプレックスを知るには、色んな人と会って話すようにしよう

隠れコンプレックスを知る為には、色んな人と会って話す必要があります。

「もしかして、〇〇さんってこういう所があるんじゃない?」と、第三者から教えてもらう事で自分の隠れコンプレックスを知る事が出来ます。

表面的な付き合いの人間関係よりも、出来れば古い付き合いの友人から教えてもらう方が、より詳しい事を教えてくれます。

人からのアドバイスは、素直に聞くようにしよう

時々、人からのアドバイスを素直に受け入れられない人がいます。大抵の人は、叱られた事やイヤな事を人に言われたら誰だって受け入れたくないものですよね。

そういう場合は、まず第三者目線でも良いのでまず聞いてください。そして言われた事を紙に書いてください。

改めて読んでみて、本当に自分に否があるかどうかを考えて下さい。もしかしたら、潜在的に自分がコンブレックスを抱いている部分だけど認めたくないから、あえて否定しているといったケースも多いです。

実際、私自身も人に言われて叱られた事・嫌だった事をノートによく書いていました。改めて読み直して、「私、もしかしたら自分ではわかっていた事だけど、あえて指摘されたくなかった事を言われて嫌だったのかも」と気づく事がありました。

改めて、自分の事をノートに書き出してみよう

改めて自分の事をノートに書き出す事で、自分でも知らなかった自分を知る事が出来ます。

ノートには、良い事だけでなく悪い事も全部箇条書きで記入して下さい。また、項目の隣には「それについてどう思うか」も記入して下さい。

(例)

☆メリット

・物覚えが早い→勉強・試験が得意と思っている

・優しいとよく言われる→嬉しい

★デメリット

・人の話をよく聞いていないと言われる→人の話を聞いていないという事は、もしかしたら人の気持ちを考えて行動していないのかもしれない。

・遅刻が多い→社会人として、問題だから直さないといけない

など、どんな事でも構いません。出来る限り沢山書き出すようにしましょう。

そして、改めて書き出したノートを読み返します。ノートを読み返す事で、ふと冷静になり「私って、こんな事で悩んでいたんだ。コンプレックスを抱えていたんだ。」と気づくようになります。

また、自分のデメリットについてどう思うかを箇条書帰する事で、問題の解決方法を知り、克服するにはどうすればよいかを知る事が出来ます。

「隠れコンプレックス」に気づいて克服する方法まとめ

根拠もなく自分に自信のない女性の特徴として、「隠れコンプレックス」を持っている事が挙げられます。

隠れコンプレックスは何となく生きているだけでは見つかりませんン。人に会って教えてもらったり、または自分の事を見つめなおす為に改めてノートに書き出すなどしなければわからないものです。

もし、人に会って嫌な事を言われるのが億劫ならノートに書き出しても良いし、ノートに書く事にためらいを感じる人はブログでも構いません。

ブログ読者の方が「もしかしたら、〇〇さんってこうやって思っているから失敗してしまうのかもしれませんよ。」とコメントで教えてくれる事もあります。

ノートが嫌なら、声を録音するという形でも構いません。今なら、携帯電話にも録音機能があるのでまず自分がコンプレックスだと思っている事を改めて話して録音し、聞いてみて下さい。

まずは、自分の事を改めて知る努力をする事から始めてみて下さい。

 

 

Written by みくまゆたん

関連キーワード

KEYWORDS