恋をしない男の深層心理とは? 彼らへのアプローチ術!

「恋をしない」と決めている男性を、好きになったことはあるでしょうか。自分から進んで「恋がしたい」と思っている男性と、「恋はしない」と決めている男性では、恋愛に対するモチベーションが違いますよね。後者の場合、女性としてはアプローチに困ってしまうもの。

今回は「異性への恋愛感情はあるけど、恋をしないと決めている男性」にスポットを当てて、彼らの深層心理を探ってみたいと思います。

彼の気持ちの整理がつくまで待つ

まずは、「恋をしない」と決め込むワケがあるケースです。想像しやすい理由としては、失恋でしょうか。たとえば、結婚を考えていた彼女との関係が上手くいかなくなってしまい、「もう恋をしたくない」と思っている。同じような経験があるなら、共感する女性もいるかもしれませんね。

他にも、出会いを求めているけど、なかなかいい相手が見つからないので「恋をすることが面倒だ」と感じている。はたまた、仕事は充実しているし、いまは恋愛よりも友達と遊んでいた方が楽しい……といった、まだ遊び足りない男性も「(いまは)恋はしない」と決め込みやすいかもしれません。

こうした男性の場合、ちょっと時間を設けてあげられるといいかもしれません。待っている女性にとっては歯がゆいですが。彼の気持ちに寄り添いつつ、傍にいてあげることで、男性のなかであなたの存在が大きくなり、「○○(あなた)なら……!」と恋愛、結婚を考え出すかもしれません。

相手を束縛し過ぎず、かといって彼を離さないよう、注意ができるといいですね。

恋の楽しみを味あわせてあげる

彼が「恋をしない」と決め込むケースのひとつに、恋愛に対して前向きではないことも挙げられそうです。「面倒くさい」と感じているのではなく、そもそも恋愛に対して好意的な感情を抱いていないケースですね。

こうした男性は、スペックの高い、モテるタイプに多いかもしれません。「恋はしたい」と本人も思っているのでしょう。しかし、気になる人がなかなか出来づらいため、恋ができないのです。

女性から言い寄られることはありますが、興味が抱けずいい恋ができないため、恋愛に対していい感情を抱きにくくなります。こうした場合は、とにかくあなたが前向きに恋の良さを彼に伝えてあげることです。決して彼に「選り好みしすぎじゃない?」と言ってはいけません。

「じゃあ、とりあえず私と付き合ってみようよ!」と、積極的にアプローチし、楽しませてあげること。すると、彼は「コイツ、面白いな」と感じ、恋の楽しさに目覚めるかもしれません。

気の合う友人を目指す

最近の若者の傾向として、恋愛、結婚意欲が薄い男性が増えている印象があります。理由はひとつではないでしょう。経済的な面で自信がない。恋愛経験が薄く、恋に自信が持てない。ネットやSNSの普及で、娯楽が増えて恋愛をしなくても寂しくない。

いわゆる、こうした草食系男子の場合、女性から声をかけないと彼は一向にアタックしてこないでしょう。異性が好きである以上、男性も「恋はしたい」とは思うのでしょうが、「恋をしなくてもいい」「恋をしない」というのも、彼らの選択のひとつだからです。

こうしたタイプの場合、手始めに友達として距離を縮められるといいと思います。ムリに異性として意識した関係ではなく、お互いにムリなく付き合える関係……。お互いの楽しみを共有しながら、気の合う親友といった立ち位置になれると、男性はあなたとの恋を考え出すかもしれません。

おわりに

いかがでしたか。恋をしない男性の理由はひとつではないかもしれません。

これらすべての要因が重なっていると、彼らの心を動かすのは、なかなか至難の業です。

ですが、ひとつひとつのポイントを押さえられると、彼の気持ちがあなたに向く瞬間も出てくるのではないでしょうか。

 

Written by 柚木深つばさ

関連キーワード

KEYWORDS