友人に結婚式のスピーチを頼まれた! 押さえておきたいポイント

年齢を重ねていくうちに、親しい友人が結婚することも増えてくるでしょう。なかには友人から結婚式のスピーチを頼まれることもあるのでは?

「結婚式に出たことも少ない挙げ句、スピーチまで頼まれてしまった……!」その時のプレッシャーは、さぞや大変だと思います。でも、友人のせっかくの頼みですし、断るわけにもいかないし……。今回はそんな女性に向けた、結婚式当日にスピーチをするまでの心構えをまとめてみました。

結婚式の規模などをチェックする

スピーチのプレッシャーで、つい頼んでくれた友人に「誰かほかの人に……」と、断りたくなってしまう女性も多いと思います。でも、友人がスピーチを頼んでくれるのは、それだけあなたが大切な存在だから、ということを忘れないようにしましょう。

結婚式は、ふたりにとって一生の晴れ舞台です。新郎新婦の門出を祝う席で、友人代表としてスピーチを任せてくれるのですから、ぜひ前向きに引き受けてあげられるといいですね。スピーチを引き受ける決意が固まったら、友人にどんな結婚式になるのか確認しましょう。

たとえば披露宴の規模。出席者の人数が多いほど、スピーチも緊張してしまいますよね。ほかには、参列者の顔ぶれも要チェック。職場の人、親戚の人も参加するとなれば、スピーチの内容も厳選しなければいけません。

また、「当日スピーチ原稿を読みながらでも大丈夫?」と確認が取れると、スピーチの際に心強いので、初心者にはオススメです。

友人の良さを伝えられるスピーチに

スピーチを頼まれてまず悩むのが、内容だと思います。本屋やインターネットを覗けば、結婚式のスピーチ原稿の例をチェックできますが。いずれも、そのまま丸々使えるわけではありません。

はじめに踏まえておきたいのは、「友人とはどういう関係なのか?」を明確にすることです。学生時代からの友人なのか、それとも社会人になってからの友人なのか。そのほうが、スピーチの内容が定まりやすいでしょう。

そして、相手の人柄がわかる話(困ったときに助けてくれたなど)、ふたりだけの思い出話(仕事時の思い出など)といったように、あなただけが知る、新婦の良さを伝えられる原稿にできるといいですね。

新郎関係者に向けて「友人にはこんな良さがあるから、絶対に幸せになれると思う」「私がそれを保証します」といった具合に、スピーチできればなお◎。原稿を作るのはスピーチの最初の難関ですが、新婦と過ごした日々を振り返って、印象的なエピソードを原稿に盛り込めるといいと思います。

はきはきとした声でゆっくりと目線は前に

原稿ができたら、次は読む練習をしましょう。実際に声を出して、どんな感じで話せばいいのか、自分で感覚をつかめるといいと思います。原稿があっても、ただ丸々読むのでは、棒読みになってしまいますからね。

ゆっくりと落ち着いて話しながら、話し方に抑揚をつけて、周りに聞かせることを意識してスピーチしましょう。そのためには、練習あるのみです。緊張していると、つい焦って早口になってしまいがちです。ひと呼吸置きながら話すことで、少しずつ緊張が薄れていくでしょう。

また、目線にも要注意。原稿を見ながらではなく、時々客席を見渡しながら話せると、印象がよくなるでしょう。新婦側のご両親を見ながら話せるといいかもしれませんね。

このとき、忘れてはいけないのが表情の作り方です。スピーチの内容に合わせて、笑顔に、ときに真剣に。より魅力的にスピーチができるよう、表情と目線に気を配りましょう。

おわりに

いかがでしたか。最も大事なことは、友人の結婚式を祝ってあげること……。そのために自分は何ができるのか、を考えながら行動できると、いいスピーチができるかもしれません。

 

Written by 柚木深つばさ