騎乗位が得意ジャンルになるセックスの楽しみ方

騎乗位が苦手なんですが、どうすればいいのでしょうか? という悩みって、女子どうしで話し合っていると思いますが、今回は、騎乗位を得意ジャンルにしてセックスを楽しむ方法について、おおっぴらに一緒に見ていこうと思います。

自分が気持ちいいように動くこと

騎乗位を得意ジャンルにしようと思えば、まずは「じぶんが気持ちいいように動く」ことではないかと思います。

セックスの体位って、一般論としては、男だけが気持ちよくて女子は不快に感じるとか、その逆(女子だけが気持ちよくて、男はちっとも気持ちよくない)というのって、ないはずなんです。だからまず、彼の上にまたがったら、あなたが気持ちいいように腰を振る。

腰を振るのがしんどい場合は、脚の位置がよくない。自分が腰を振りやすいように脚の位置を工夫すればいいのです。彼の上にいわゆる「ぺったんこ座り」したほうが腰を振りやすいのなら、そうすればいいでしょうし、和式トイレにまたがるように座ったほうが、腰が前後左右自由自在に動いて気持ちいいのであれば、そのようにすればいい。

「君の騎乗位、気持ちくない」と言う彼のホンネとは?

騎乗位が苦手という女子って、おそらく彼に「君の騎乗位、気持ちくない」と言われたのかもしれませんね。男子が気持ちよくない騎乗位とは?

ハメた状態で前後にしか動かないと、男子は気持ちよくありません。男子の気持ちよさはつねに上下運動です。ハメているものが上下に動くから気持ちいい。

それを、騎乗位で動き方がいまいちよくわかっていない女子は、なぜか前後に動かそうとする。だから彼は気持ちよくないのです。

なのでまずは、彼のものを、あなたの腰を使って上下に動かすことに意識を向けてみるといいかもしれません。上下に動かす感覚がつかめたら、あとはもう簡単です。前後左右に自在に動くことができます。人によっては円運動ができるようになる人もいます。

人のカラダで円運動をするのって、なかなかむずかしいものです。基本的には前後に動かすか、左右に動かすか、というのが、わりと動きやすいはずです。円運動というのは、前後の動きと左右の動きの組み合わせです。剣道で竹刀を円を描くように振り下ろすのがむずかしように、騎乗位で腰を使って円を描くのもむずかしいですが、上下左右運動に慣れると、やがて円運動も可能になり、彼は大喜びすることでしょう。

奥の手を使ってみよう!

あるいは奥の手として騎乗位で素股をするという方法もあります。どうしても彼に「君の騎乗位は気持ちくない、でも、君がぼくの上に乗って腰を振っている姿と、君の顔と、君の(揺れる)おっぱいのすべてを同時に見ることができる体位は騎乗位しかないから、騎乗位で気持ちいいことをしてもらいたい」と言われたら、彼の上にまたがってハメないで素股をするのです。

素股とは、男子のアレと女子のアソコを擦りつけるように動く行為です。性器と性器が擦れ合うと、それはそれは気持ちいいそうです。男女ともに。

ということで、この項はこれでおしまいにします。あられもないことを延々と書いていても、読者はモンモンとするだけかもしれないですもんね。騎乗位って「少し読んで、多く実践する」から上手になれます。

というか、ネットが出てきてからというもの、エロい記事が増えて(増え続け)、読むほうもこういう記事を書くほうも、なにかとドキドキしますよね。電車のなかでこの項をお読みのみなさん、ドキドキしていませんか? 会社でひそかに読んでいるみなさんもドキドキしませんか?

書いているわたしは……甥っ子に「どんな文章書いているの?」と聞かれるたびにドキッとします。

ということで、騎乗位は「少し読んで、多く実践する」。これでいいのです。

 

Written by ひとみしょう