彼が言う「感度が高いステキな彼女」とはどんな彼女?

男は「感度の高い女子」が好き、と言われたりもします。感度が高いというのを口語的に言えば「感度がいい」ということになろうかと思います。

男子が言う「感度がいい女子」とは、どういう女子なのか?

彼が腰を振れば、彼女がヒクヒクとイクということ。

これはたとえば、車に例えられることがあります。たとえば自己満足的な理由で所有する人が多いフェラーリという車は、アクセルを踏むと好きなだけ加速してくれます。ブレーキを踏むとピタッと止まってくれます。ふつうの国産車は、そこまで加速できない仕様になっているので、それに応じてブレーキも設計されています。つまりふわっと止まる、ようするにブレーキを踏んでから止まるまでの時間が長い、反応が鈍いのです。

つまり打てば響く、というのが、ひとつの「感度のよさ」だということ。

エッチでいえば、彼がちょこちょこっと前戯したら、彼女がピクピクっとイってくれる、ということ。あるいは彼が汗をかきかき腰を振れば、彼女がヒクヒクとイクということ。

と書くと、「男が男にとって都合のいいことを書きやがって」という反論がかならず出てくるので、ちゃんと書いておきます。これはなにも男尊女卑の思想ではありません。

彼女ががんばって彼のをお口に含んだ、つまりフェラをした、あごが痛いのを我慢してしっかりとフェラをした、でも彼はイってくれなかった。となれば「はあ?」って思いますよね?

(男女問わず)人間は、人の期待に応えるようにできている生き物だから、どうしても「じぶんがやってあげたこと」と「その報酬」が、(ニア)イコールにならないと納得しないということです。つまりセックスにおいて、相手にやってあげたことに対し、それなりの反応がないと、男も女も「はあ?」ってなる、ということです。

彼の自己満足に、おおいに貢献しているのです

かといって、あまりに感度が良すぎるのも困る、と考える人もいますよね。とくに女子。

入れました、彼はすぐに発射しました(早漏男子)、ではイヤですよね?

男は、入れました、すぐに彼女がイキました、となっても、うれしいのです。「おれのモノで彼女は何回でもイってくれた」って思いますからね。

なので女子は、感度が高ければ高いほどいい。つまり彼のがんばりに対して、相応の反応を示してあげればあげるほど、彼は「おれの彼女は感度の高いいい女だ」と思うようになる、ということです。

最後に付け加えておくと、いわゆる「マグロ女子」っていますよね? あれは男にとって「感度が超悪そうに感じるから」嫌われるのです。あるいは感じていても声を出さないとか、カラダで反応しない、という女子も、「感度がいいんだか悪いんだか」ということで、あまり人気がないのです。

演技する女子、というのもいますよね。感じているふりをする女子。こういう女子のことを「あざとい」と見る向きもありますが、おおむね男子って「こいつ、おれの前で演技しやがって」と思っても、それを口にしないことのほうが多いでしょう? なぜか?

ウソでもいいから、なんらかの反応をしてもらいたい、つまり「ウソでもいいからおれが乗っている車はフェラーリだと思いたい」と思っているから、です。彼女の感度のよさは、「おれはいい彼女を所有している」という彼の自己満足に、おおいに貢献しているのです。

 

Written by ひとみしょう

関連キーワード

KEYWORDS