付き合ってないのにお泊まりデートがいけない3つの理由

「今日は帰りたくないの」まだ付き合ってもいないのに、ついつい素敵な男性とのデートのラストに言ってしまいたくなるのがこの台詞。しかし、ちょっと待ってください。まだ交際する前から男性にこんな事を言うのはかなり危険です。

もしかしたら、次の日もその男性と会える所か、その男性とは翌日の朝が終わったら永久に会えなくなってしまうかもしれません。素敵な男性だと思うならば、軽はずみな言動と行動は絶対に慎みましょう。

では、一体なぜこのような事を交際前の男性に発言するのは危険なのでしょうか? 今回は「付き合ってないのにお泊まりデート」がいけない3つの理由をお伝えしたいと思います。

「付き合う前からお泊まりデートOKな女性」とみられてしまうから

付き合う前にお泊まりデートをOKしてしまうと、相手の男性から「この人は、昔からずっとこんな感じで男性とお泊まりしてきたのかな。」「軽い女性なのかな?」と勘違いされがちになってしまいます。

しかし、あなたからすればその男性の事を本当に良いと思っただけなのです。他の男性とは、デートすら行かないような女性です。しかし、デートから選り好みしてしまうような女性ほど、肝心の本命には安請け合いをしがちです。

「せっかく、こんなに一緒にいたいと思える人と出会えたのだから何がなんでも一緒にならないと!」と意気込む前に、まず冷静になりましょう。

そもそも付き合う前からお泊まりデートを誘う男性に問題あり

本当に誠実な男性なら、付き合う前からお泊まりデートに誘う事はありません。ちゃんと順序を守って行動に移します。付き合う前から「ホテルに行こうか?」と誘う時点で、「もしかしてこの人、私の事遊びなんじゃないかな?」と疑ってください。

そして、男性には「もしかして、私って遊び?」と聞いてください。「そんな訳ないよ」と言うのか、言葉を濁すのかはわかりませんが、とにかく付き合う前からお泊まりデートに誘う男性に誠実さを求めるのは間違っています。

付き合う前から泊まりを計画するような男性の場合、あなたはその男性の素性をきちんと把握しているかどうかも考えて下さい。(時と場合によっては、浮気・不倫相手だったというケースも多いらしいので)

もし泊まるのであれば、「この人とは、もしかしたらワンナイトラブで終わるかもしれない」という事を覚悟しておいてください。

その後に音信不通になっても、泣いたりわめいたりする事は辞めましょう。その人は、最初からそういう男性だったと思ったほうが得策ですし、もう二度と同じような軽はずみな事をするのは辞めましょう。

男性の狩猟本能を消すから

男性は、どうにか手に入れたいと思う女性ほど頑張る生き物です。それを付き合う前から「泊まりでもいいよ」という女性は「どうぞ貰ってください。いつでも。」と言っているようなものです。

大切にされたいなら、操(みさお)を守ってください。少なくとも、付き合うまでは絶対に守ってください。

付き合ってないのにお泊まりデートがいけない3つの理由まとめ

付き合う前に心も体も許してしまうと、「もうこれ以上知りたい」と思う男性の欲求をかき消してしまいます。また、「この人は、他の男性ともすぐに寝るのか」と軽い女性と思われてしまうケースもあります。

もし、もっとあなたに興味を持ってもらいたいなら、付き合うまではせめて焦らしてください。1泊でも泊まる事だけは絶対に辞めて下さい。また、交際前にお泊まりデートをしようとする人は、最初から遊びの可能性もあります。

ちなみに私も、婚活時代に最初のデートから「僕の家に遊びにおいでよ」という男性がいましたが、目がギラギラしていたのが怖くてすぐに帰った事があります。(元々タイプじゃなかったというのもあるのですが)

皆さんも、ちゃんとお目当ての男性に大切にしてほしいと考えているなら、安売りをする事は絶対に辞めましょう!

 

Written by みくまゆたん