セックスレスの原因とは? 男女には原因の違いがみられる!

カップルや夫婦の中には、特にケンカをしているなどの問題がなくても、長期間セックスを行わない、という状況が現在増えてきています。

この状態はセックスレスとなるのですが、男性と女性のどちらかに原因があるのではなく、それぞれに原因を抱えている可能性があります。今回は、男女で異なるセックスレスの原因についてご紹介します。
セックスレスの原因とは? 男女には原因の違いがみられる!

日本人はそもそもセックスの回数自体が少ない

海外では1年に100回以上もセックスを行っている地域は多く、特にギリシャやクロアチアなどでは、130回以上にもわたりセックスを行っています。あくまでもこれは平均回数となるので、実際はもっと多くセックスしているという方も多いでしょう。

一方、日本人の1年間でセックスをする平均回数は45回と、海外と比べて半数以下となっています。また、セックスレスになっている50代夫婦の割合は2組に1組と、半数がセックスレスに陥っていることが分かりました。

このように、日本人はそもそもセックスの回数自体が少ないため、最初はセックスの回数が減ってきたけどしょうがないと感じてしまうものの、いつの間にかセックスレスが進行していたというケースも少なくないのです。
セックスレスの原因とは? 男女には原因の違いがみられる!

男性のセックスレスの原因

・性欲が湧かない
昔よりも興奮しなくなったという方は、性欲や精力が衰えてきている可能性があります。加齢に伴うことなのでしょうがないと思ってしまう方も多いですが、このことが原因で男性としての機能に自信が持てなくなり、セックスに対して積極的になれなくなってしまうのです。

・彼女に魅力を感じなくなった
最初は好きだった彼女も、段々「抱きたい」という魅力を感じられなくなってしまったということで、セックスレスになることもあります。

・ストレスや疲労
毎日仕事をしていると様々なストレスがかかります。人間関係の悩みはもちろん、遅くまで仕事をしたりすることもあるでしょう。家に帰ってから仕事をする方もいますし、逆に、家に帰ってから育児も行うことで、体力的にも疲れがどんどん溜まっていきます。

ストレスで心も体も疲れていると、セックスしたいと思わなくなってしまうのは当然のことなのです。

女性のセックスレスの原因

・仕事や家事、育児などのストレスや疲労
男性と同じように、女性も仕事や家事、育児といったストレスや疲労感からセックスに対する意識が向かなくなることが多いです。

・相手を男性ではなく家族としか見られない
付き合った当初はちゃんと男性として見ていたのに、子どもが生まれるとどうしても家族としての意識が強くなり、セックスをしようという気持ちで見ることができなくなってしまいます。

特に女性は、出産によってホルモンバランスが大きく変化してしまうため、今まで普通にセックスしていたのに、突然嫌悪感を抱くようにもなってしまうのです。
セックスレスの原因とは? 男女には原因の違いがみられる!

セックスレスを解消させるには?

男女それぞれセックスレスには原因がみられましたが、セックスレスはどちらか一方が悪いということはなく、二人で問題に立ち向かっていくことで解消することができます。

もちろん、無理やり改善させようとはせず、セックスレスでも問題がなければそのままの関係を続けていっても良いでしょう。ただしそれは、相手と本音でぶつかって、セックスレスでも問題ないということが分かれば……という時だけです。

本音ではないのに、セックスレスでも構わないということが続けば、セックスレスの関係が実は嫌だと考えている方が、浮気や不倫などをしてしまい、関係自体が壊れてしまう可能性もあるのです。まずは本音で話し合い、二人で治療していくようにしましょう。
セックスレスの原因とは? 男女には原因の違いがみられる!

おわりに

セックスレスの原因は様々なものがあり、それらが複数絡み合っている可能性もあります。

改善させるためには時間もかかりますが、愛を育むように、じっくりと二人で治療を行っていきましょう。

 

Written by 早紀