セックスレスが特に産後に多くなる理由とは?

出産後は、様々な理由からセックスレスになってしまう夫婦が最も多くなりますが、なぜ産後にセックスレスが多くなるのでしょうか?

セックスレスが特に産後に多くなる理由とは?

産後のセックスレスが多くなる理由

妊娠中にセックスをしない夫婦は約半数にもなり、出産後にやっとセックスできると待ち望んでいる男性も多いのではないでしょうか。

でも、出産は女性にとって気持ちやホルモンのバランス、体形などの変化が多いこともあり、産後セックスレスになってしまうことがあります。その理由をいくつかご紹介します。

・育児で寝不足
新生児の赤ちゃんは睡眠時間も短く、少しの変化で起きてしまうことも多くなります。ずっとお世話している母親は、少しの時間しか睡眠を取ることができず常に寝不足で、セックスしている時間があれば体を少しでも休めたいと思う気持ちから、産後はセックスレスになりやすいのです。

・出産後の傷
出産の際に会陰切開して赤ちゃんを取りだすことがありますが、この傷が産後しばらく痛くなることがあったり、引きつるような違和感を感じることがあります。これによって挿入時に痛みが走るのではないか、また傷が開くのではないかといった不安な気持ちから、セックスレスになってしまうそうです。

・子供が起きないか気になる
新生児の赤ちゃんは睡眠時間が短く、外の環境に慣れていないため寝かせてもすぐに起きてしまうことがあります。そのため、セックスしてもいまいち集中することができなかったり、気が散ってセックスどころではなくなることから、産後のセックスレスになってしまうケースもあります。

・体形が”母”になってしまった
出産を終えると体形を気にする方が多くなり、今までのように裸を見られることに恥ずかしさを感じるようになることがあります。妊娠線が消えない、出産後乳首が黒くなった、お腹がたぷたぷしているなどの体形の変化から、裸を見られたくないと感じてセックスレスに繋がることも多いようです。

・ホルモンの変化
産後のセックスレスは、ホルモンの変化によって引き起こされる場合があります。これは母乳育児をしている方に多く、授乳によってプロラクチンというホルモンが分泌されるからです。

このプロラクチンは母乳を出すことで分泌され、母性を強くして性欲を抑え、子宮の収縮や体形を元に戻す効果があるとされています。出産後母乳をあげるように指示されるのは、子宮収縮を促すためでもあります。このようなホルモンのバランスによって、自然とセックスから遠のいてしまうこともあります。

セックスレスが特に産後に多くなる理由とは?

セックスレスを回避するためには

少しでもセックスレスを回避したいなら、これらの方法でスキンシップを取ってみましょう。

出産後の体はデリケートなので無理にセックスを迫らず、一緒にゆっくりした時間を作ったり、マッサージをするなどして、少しずつスキンシップを取るようにしましょう。肌と肌が触れ合うことで緊張感が和らぐ効果があります。また、キスを習慣にしておいても良いでしょう。

育児に疲れてしまうとイライラしてしまいがちですが、笑顔でできる範囲の育児を手伝ってみましょう。育児は赤ちゃん対母親になりがちですが、普段から協力していると気分的に違ってきます。

また子供が生まれたからといって「パパ」や「ママ」といった呼び名にしないで、名前で呼ぶとさらに良いのではないでしょうか?

産後は以前と同じようにセックスできなかったり、タイミングをみるのが難しくなりますが、普段からコミュニケーションを取っておくと、産後もセックスレスになりにくいです。夫婦で協力しながら、産後のセックスレスを乗り切りましょう。

 

Written by 早紀