夢の内容は間逆のサイン? 恋人に関する夢の意味

昔は意中の相手が夢に出てくることは、相手も同じように思ってくれているという考えが多く、和歌もたくさん残されていました。

しかし、夢占いにおいては恋人の夢は「逆夢」と言われ、良いイメージを持った夢は悪い意味、悪いイメージを持った夢は良い意味を表しています。大切な恋人の夢の意味を正しく読み解き、目の前の恋愛に活かしてみましょう。

恋人とデートする夢

デートは楽しくて嬉しいイメージが強いため、もっと刺激が欲しいといったような、寂しい思いを抱いている時に見ることが多いようです。デートしている相手が今現在付き合っている恋人であれば、現実逃避を表している可能性が高いでしょう。

目の前の嫌なことから目を背けても問題を解決させることはできません。早めに対処しておかなければ後々後悔してしまう結果を招いてしまいます。現実を素直に受け入れることはとても勇気のいることですが、お互いの将来のためにきちんと向き合っていきましょう。

恋人と食事をする夢

食べる夢は満たされたい欲求を象徴させる意味を持っています。夢の中で座っていた位置がどのくらい離れていたかによって、二人の距離感を表したりもします。

テーブルで向かい合わせに食事をしていたり、離れて座っていた場合は恋人への不満が溜まっていたり、満たされない気持ちが心の奥底にあるのかもしれません。恋人と食事をする夢は、お互いの気持ちを確かめたい気持ちの表れといってもよいでしょう。

恋人とキスをする夢

キスをする夢は恋人への気持ちが高まり、精神的な繋がりを求める気持ちが強くある証拠です。この夢は典型的な逆夢で、二人の関係性が悪くなることを意味しています。

恋人から積極的にキスを要求している場合は、キスをしたいという願望、もっと愛されたいという気持ちの表れです。恋人を求めるあまり自己中心的な態度をとったり、わがままになっている傾向にあります。

反対に自分からキスをしていた場合は、相手の気持ちが離れてしまっていることを暗示しています。どちらからキスを要求するかによって、気持ちの違いが出てきますが、二人の関係性について問い正す必要がありそうです。

恋人と結婚する夢

女の子にとって結婚は憧れを意味しています。夢の中の出来事であっても恋人と結婚できたら、目覚めた後も嬉しい気持ちに包まれることでしょう。

しかし、夢占いでの「結婚」は、その人とは結婚しないということを意味しています。二人の間に転機が訪れることを暗示し、もしかしたら試練や問題が起こる可能性があるかもしれません。

恋人と電話やメールをする夢

恋人と電話やメールなどで連絡をとっている時間は、楽しくてあっという間に感じてしまうものです。夢の中でそんなやりとりを行っている場合は、もっと恋人との時間を密に持ちたいという気持ちを表しています。

なかなか一緒にいられなかったり、意思の疎通ができていないなどうまくコミュニケーションがとれていない状況が考えられます。この状態が長く続いてしまうと、溜まった感情が一気に爆発してしまう可能性があるので、正直な気持ちを恋人にきちんと伝えましょう。

 

恋人と喧嘩する夢

喧嘩した相手が付き合っている恋人だった場合は、二人の関係に進展があるサインです。激しい喧嘩であればあるほど、明るく嬉しい未来が訪れることを意味しています。

恋人が死んでしまう夢

夢占いで「死」が意味するものは、悲しい出来事とは裏腹に幸せの前触れを暗示しています。恋人を失ってしまうのではないかと不安に思う人もいるかもしれませんが、二人の関係が発展するサインなので心配することはありません。

おわりに

恋人に関する夢は間逆の意味を表しているので、夢を見た感情と大きな戸惑いがあり、受け入れるのに時間がかかってしまうこともあります。あまり考え込みすぎてしまうとせっかくの魅力が薄れてしまうので、どんな夢を見たとしても自信を持って愛される自分でいられるように心掛けましょう。

 

Written by 早紀