恋愛感情ってなんだっけ……? 彼氏いない歴が続いたら考えたいこととは

アラサーに突入してしばらく恋をしていないと、「恋愛感情ってなんだっけ?」と思ってしまうことってありませんか? 20代前半のような、感情に身を任せて恋をしていた時と違って、だんだん精神的に落ち着いてくるもの。

恋の仕方が変化してきて、相手のことが本当に好きなのか? ライクとラブの区別がつきにくく、恋がしづらくなっている女性って多いのでは。今回はそんなアラサー女性に向けた、恋愛感情の抱き方から恋の仕方についてまとめてみました。

20代前半とアラサーでは、恋の勝手が違う

20代前半とアラサーでは、恋の仕方が根本的に変わってきますよね。20代前半は単に相手のルックスが良ければ、「あんな人と付き合いたいな」とたちまち気になってしまうもの。
でもアラサーになると、「格好はいいけど、仕事が不安定だから……」「イケメンだけど、性格が合わなそう」と、結婚を視野に入れて男性を見るようになってきます。

そのため、男性を見る目がつい厳しくなり、「好き」という気持ちを抱きにくくなって、結果なかなか気軽に恋ができなくなってしまっているのかもしれません。

恋をするきっかけは、相手に心を許すこと

恋愛感情を抱くきっかけには、「相手が心を許した瞬間」に恋が芽生えやすいと言われています。たとえば相手が心の底から笑顔になったり、ふっと安心した表情を見せたりといった瞬間ですね。いわゆる素顔が見せられたとき、人は最も周囲に魅力的に映るのかもしれません。

そのためには、当然相手との距離が縮まらないといけませんよね。相手を尊重し、話ができること。お互いの壁が取っ払えるよう、自分自身でもそうした意識が持てないと、出会いがあっても相手に心が許せず、恋をするチャンスも見逃してしまうかもしれません。

自分から出会いを求めて、自分から心を開く

学生時代と違って、社会人になると出会いの場所が限られます。職場に出会いがなければ、合コンや街コン、友達の紹介といったように、自分から動いていかないとそもそも異性と接点がなく日々が過ぎて行ってしまいます。

そのため、まずは異性と出会う機会を持つことが大事になってきそうですよね。そして積極的に自分から話しかけて、自分から相手に心を許していくこと。でないと、よっぽどの美人や条件のいい女性でない以上、むこうからは話しかけてこないでしょう。ましてや最近は草食系男子も多く、男性から積極的に声をかける人は少ないのが現状です。

譲れない条件を掲げて、出会いを求める

将来の結婚を考えると、それなりに「ちゃんとした相手をゲットしなきゃ!」と思うもの。アラサーという年齢は、女性が最も結婚を焦る時期です。
オススメは、自分なりに譲れない条件を掲げること。たとえば仕事は正社員で年収は人並み、性格は真面目で、価値観が似ている、結婚後は実家の近くに住めるといった具合ですね。

こうすれば効率的に出会いを求められますし、男性への気になるアンテナも敏感に反応するはず。自分の掲げる条件に当てはまる男性が見つかれば、自然と好きの感情も高まりやすいでしょう。

20代前半のようにドキドキするような恋ではなくても、「この人、感じいいな」と好印象をもてる人であれば、その後のデートでいくらでも関係は深められますからね。

おわりに

結婚に執拗に焦ってしまったり、傷つきたくないからとつい自信を無くしてしまっている女性もいるかもしれません。

でも20代前半に比べて、恋がしづらくなっている理由がわかれば、アラサーからでも前向きに恋ができるはず。ぜひ恋をする楽しみを見失わず、出会いを求めてみてくださいね。

 

Written by 柚木深つばさ