「助ける」夢にはどんな意味が隠されているの?

気になる夢を見ることはありませんか。夢は、潜在意識からあなたへメッセージを投げかけていると言われています。

もし、夢が私たちに何かを伝えようとしているのなら。夢からのメッセージを積極的に受け取ることで、現実世界に役立てることができるのかもしれません。今回のテーマは、「助ける夢」です。「助ける夢」には、どんな意味が隠されているのでしょうか。

「助ける夢」の意味

私たちは日常生活において、常に誰かと関わっています。人間関係は、上手くいくこともあれば、上手くいかないこともあるでしょう。素晴らしい関係がある一方、良かれと思ってしたことが相手に伝わらなかったり、中々難しいのが人間関係です。

誰かを助ける夢には、あなたの人間関係の問題解決に置けるヒントが隠されています。

夢の中で誰を助けるかによって意味合いは違ってきますが、助ける相手はあなた自身の象徴であることが多いのです。助ける相手は、現在のあなた自身がどういう状況にいるかを教えてくれています。助け方には、どうすれば現在の問題を解決できるかのヒントが隠されています。

それでは、個々のシチュエーション別に意味を見ていきましょう。

「見知らぬ人」を助ける夢

夢の中であなたが助けた見知らぬ相手は、どのような人だったでしょうか。どのような状態で困っていて、どんな風にあなたは相手を助けましたか。

夢の中で助ける相手は、あなた自身の象徴です。相手がおじいさんやおばあさんだったのなら、あなたが現在抱えている悩みは、今まで培ってきた経験によって得た教訓がヒントになる、と夢は告げています。赤ちゃんを助けた夢なら、あなたは今、生まれ持った才能を生かすチャンスが近々訪れるでしょう。

もし、夢の中で助けた相手が好ましくない相手なら、その人物はあなたが見たくない欠点を教えてくれています。助けた相手をよく観察してみてください。必ず、現在のあなたを助けてくれるヒントが隠されているはずですよ。

「自分自身」を助ける夢

夢の中で助けた相手が自分自身であったら、あなたは頑張り過ぎていっぱいいっぱいの可能性があります。どんなに頑張っても報われない気持ちに疲れ、毎日が嫌になっているのかもしれません。肩の力を抜いた方がいいことは、あなたは充分分かっているのです。それでも出来ないから、夢はメッセージを送ってきているのでしょう。

あなたは完璧主義で、自分の気持ちより他人の気持ちを優先してしまい勝ちなところがあるようです。周囲は、あなたの優しさに充分気付いて感謝しています。あなた自身が自分を労ってあげて、と夢は伝えたいようです。自分に優しくすることを忘れないでください。どんな小さなことでも、充分効果はありますよ。

「助けられる」夢

夢の中で誰かに助けられたら、あなたは現実の世界においてたくさんの人を助けてきた実績の表れです。今まであなたに助けられた人たちの意識の集合体が、夢の中であなたへ感謝の気持ちを告げています。

もし、あなたが今何か問題を抱えているのなら、一人で悩まないで誰かに相談してみましょう。今のあなたは誰かに心の内を話すことで、想いもよらなかった悩みの原因に気付くなど、問題解決に新たな風を感じるはずです。誰かに話したくなければ、自分自身に悩みを打ち明けるつもりで、ノートに書いてみるのもよいでしょう。どちらにせよ、あなたは悩みを心の中に留めておかず、外に出すことによって道が開いていきます。

「恋人」「好きな人」を助ける夢

夢の中の恋人や好きな人を助ける夢は、あなたの中の異性の部分(女性なら男性性、男性なら女性性)に目を向けて、という夢からのメッセージです。夢の中の恋人や好きな人は、あなたの長所を教えてくれています。あなたはなぜ、相手を恋人・好きな人として惹かれたのでしょうか。そこをよく考えて突き詰めると、あなたの中に隠れていた才能や長所が分かってくるはずです。

元彼を助ける夢を見た場合、交際中だった頃あなた自身が抱えていた問題が再浮上してくる可能性があります。でも、心配はいりません。あなたはもう、かつての問題から卒業したことを知るために、似たような問題が現れて来ているに過ぎないのです。どちらにせよ、異性の夢は大切なことをあなたに伝えようとしています。よく観察してみてくださいね。

 

Written by 菅原 紫月