結婚の決め手って? 男女が「この人じゃなきゃ!」と判断するポイント

「世の中のカップルは、どんな風に結婚に至っているの……?」
結婚を考えている彼がいるけど、結婚の話が具体的に進んでいないと、こんな疑問が沸き上がってくることもあるのでは。

カップルによって、結婚に至るきっかけはおそらく様々でしょう。
今回は、彼との結婚の決め手に悩んでいる女性に向けて、男女が結婚を決める瞬間ってどんなときか考えてみました。

彼からの言葉をきっかけに

「相手と結婚しよう」となるまでには、「付き合いの積み重ね」が必要だと思います。付き合いが長くなれば、彼も自然とあなたとの結婚を考えるでしょうし、「○○は結婚ってどう考えてる?」と、彼から話題が出ることもあるのでは?

おそらく女性にとって、彼との結婚の決め手になりやすいものって、そうした彼の発言なのではないでしょうか。たとえば、「俺は○○と結婚したいと思っている」とか。恋愛中だったら、「○○と結婚したら楽しそうだな」とか。

こんなことを彼から言われては、女性としては結婚を意識しないわけにはいきませんよね。
彼があなたとの結婚を示唆したり、決意を示すような言葉を口に出すほど、「彼と結婚しよう!」「結婚するなら彼氏しかいない!」という、気持ちが高ぶってくるのでは。

極めつけのひと言は、やはりプロポーズかもしれません。「結婚しよう」「俺と家族になろうよ」と、プロポーズの言葉はさておき。男性もパートナーとの結婚を決意しなければ、プロポーズをしないでしょうからね。
彼のプロポーズの言葉をきっかけに、彼との結婚を決意する女性は当然多いと思います。

彼との関係が深まったから

付き合っていると、いろいろなことがあると思います。たとえば身の回りの親しい友人が結婚したけど、「私たちはまだ……」とプレッシャーを感じているとか。彼が異動になって遠距離になってしまったとか。
ほかにも、彼とケンカをしたとか。彼から仕事やプライベートの悩みを相談されたとか。

結婚相手は、人生のパートナーです。恋愛なら相手との付き合いが楽しければ関係が成り立つでしょう。でもパートナーは、お互いの苦労を分かち合える関係である必要があります。言葉を変えれば、どこまでパートナーと寄り添うことができるのか。

それが我慢ではなく、相手のために厭わず行動できたとき。お互いの愛情が本物と感じられ、結婚に至るのではないでしょうか。こうした感覚は、当人同士にしかしかわからないことも多いと思います。
ただ、お互いの信頼が積み重なることで、「○○(恋人の名前)じゃなきゃ……!」という確信に変わるのでしょう。

大事なのは、ラブラブな付き合いだけではなく、お互いに苦労すること。たとえ関係が険悪になっても、それをどう乗り越えられるかで、ふたりの関係が決まってきます。ぜひ力を合わせて、付き合いを諦めないでほしいなと思います。

彼の存在の大きさに気づいたとき

結婚を考え出したとき、彼の良さを再確認することもあると思います。たとえばほかの異性と話をしているとき、「彼ならこんなことは言わないな」とか。「彼なら優しく、私の気持ちを受け止めてくれる」とか。

前述しましたが、付き合いが長くなってくるほど、相手への鬱憤や不満も溜まってくるものです。それでも、ちょっと彼から距離を置くと、彼が与えてくれていたもの、彼がしていてくれたものが大きかったことに気づくでしょう。

そもそも彼の性格、価値観に共感し、好意を抱いているから付き合っているはず。
彼との付き合いが当たり前になってしまうと、彼の良さが見失ってしまいがちですが。ぜひ改めて彼のステキなところに目を向けて、彼の存在の大きさを考えてみてください。

おわりに

いかがでしたか。結婚の決め手って、ひとつではないと思います。一生の問題の結婚なので、彼との結婚に迷ってしまったら、ぜひこんなポイントを参考にしてみてくださいね。

 

Written by 柚木深つばさ