【トイアンナ】腐れ縁にケリをつける! 大人の女へ成長する「あの一言」とは?

こんにちは、トイアンナです。俗に「腐れ縁」と呼ばれる仲ってありますよね。清純なものだと幼なじみ、アラサーで1番多いのは元彼や元セフレです。
性欲は抱かないけれど、なんとなく側にいて楽、だから関係がずるずる続いてしまう……と、何があるわけでもないのに続いてしまっている彼との関係に思い当たる節はありませんか?

恋学の連載中最も厳しいことを申し上げますが、この腐れ縁はあなたの甘えです。今回は腐れ縁を断ち切り、いい恋愛へステップアップするための方法をお伝えします。

腐れ縁は、あなたのキープしたい気持ちから現れる

そもそも腐れ縁と呼ぶ相手がいる時点で、あなたは彼へ「恋愛へ至る余地」を残してはいませんか?
本当に下心のない相手なら友達と言い切るでしょうし、それ以上好きなら恋愛相談をするはず。そこでわざわざ曖昧な「腐れ縁」と表現する時点で、あなたは「かすかな恋愛の余地は残しておきたいけれど、でも今すぐ好きなるほどじゃない」と考えていませんか?

腐れ縁をそろそろ切りたいと考えるなら、まずは自分自身の「今の本命に振られたらキープとして付き合ってもいいけど、現時点で性欲はわかないんだよな。」という本音と向き合いましょう。そうでもなければ縁は腐らなかった。腐らせたのは、他でもない自分自身です。

いっそセックスするか、すっぱり縁を切るか

ですから腐れ縁を切るには、2つの方法しかありません。セックスして「キープ」にした彼を現実の恋愛対象として候補にするか、今すぐ音信不通になるかです。
腐れ縁はあなたにとって都合のよい関係ですが、彼はあなたを本命として好きかもしれません。その状態で延々待たされるのは、彼にとっても地獄です。

はっきりさせることで下手をすればお互い傷つくことでしょう。それでも踏み込まず何年も彼をソフトに傷つけ続けるくらいなら、白黒つけるのがあなたの優しさでしょう。

次に彼と会う機会があったら、1つ踏み込んだ質問をしてみましょう。
「私に彼氏ができたらどうする?」と。
そこで彼が不機嫌になるなら、彼にとってはあなたが本命だったのです。じわじわ傷つけるくらいなら、今すぐ別れるのが優しさ。
あなたの腐れ縁が終わりをつげるべき時でしょう。

ただし彼が「え? 別にどうでもいいけど?」と笑顔で返してきたら、きっと彼にとってあなたは友人。悩みすぎていたのはあなただけのようです。さっさと彼を卒業して、いい恋を掴んでくださいね!

 

Written by トイアンナ

トイアンナの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…