スキンケアは順番が鍵! 効果を最大限引き出すためのテクニック

きれいな素肌をキープするためには、丁寧なスキンケアが欠かせません。しかし、スキンケアの手順ややり方を間違えると、かえって肌を傷つけてしまう可能性もあるんです。

健やかなお肌を手に入れるために、知っておきたいスキンケアの基本の手順を見直してみませんか?

1:洗顔

保湿成分や美容成分を染みこませることが、スキンケアの目的です。だからこそ、汚れが入り込んでしまわないようスキンケアをはじめる前にお肌を清潔な状態へ導かなければいけません。まずは、本格的なスキンケアの前に、洗顔からはじめていきましょう。

洗顔料はあらかじめしっかり泡立てて、顔に泡を滑らせるようなイメージで洗っていきます。とってもデリケートな顔の皮膚は、少しの刺激でも大きなダメージを受けてしまうもの。泡立ちが十分ではない状態で顔を洗うと、手のひらの摩擦でお肌を傷つけてしまう可能性もあります。洗顔用ネットなどを使いながら、ふんわり柔らかい泡を作り上げましょう。泡を洗い流したら、タオルでポンポンと軽く叩くように水気をとってください。ゴシゴシ拭うことは、お肌のダメージにつながるため厳禁です! 

スキンケアは順番が鍵! 効果を最大限引き出すためのテクニック

2:化粧水

洗顔が終わったら、お次は化粧水を用意します。手のひらに適量とってから、顔全体にパシャパシャ当てるようになじませていきましょう。もしくは、化粧水をコットンに含ませて、お肌に叩き込むようになじませてもかまいません。

化粧水を使うときのポイントは、とにかくたっぷり使うこと! 乾燥対策に不可欠な化粧水は、ケチケチ使っている分には本来の力を発揮しきれない可能性もあります。後から重ねる美容液類をなじみやすくさせる効果も期待できるので、贅沢にたっぷり使ってくださいね。

また、スキンケアをする上で忘れがちなのが「首」です。首は、年齢の出やすい部分でもあるため、どれほど顔にうるおいやツヤがあっても、首の肌質が良くない場合老けて見えてしまいます。スキンケアアイテムは顔だけでなく、首までしっかり伸ばすことを習慣にしてくださいね。

スキンケアは順番が鍵! 効果を最大限引き出すためのテクニック

3:美容液

目元のハリやうるおいを取り戻してくれる「目元美容液」など、いろいろな美容液が展開されています。気になる部分には、必要に応じて有効成分が含まれた美容液をのせて、肌トラブルを改善に導きましょう。

美容液は、美白効果に優れたもの、アンチエイジングに効果的なものなどそれぞれに特徴が違います。毎日同じものを使うことも大切ですが、肌の状態を見極めて、今の肌に足りない成分を補うよう意識しましょう。例えば、乾燥しやすい冬場には、保湿成分がたっぷり含まれた冬用の美容液を用意してもいいかもしれません。

また、商品によっては「夜用美容液」「朝用美容液」などの違いもあるため、使うシーンも意識しながら最適なアイテムを見つけてくださいね。

4:乳液や保湿クリーム

油分の多い乳液やクリームは、たっぷりのせた化粧水の水分を閉じ込める役割を果たしてくれます。乾燥を防ぎ、うるおいを長くキープしてくれるので、必ず化粧水や美容液のあとに使ってください。

乳液は、コットンに適量とって、お肌の上を滑らせるように伸ばしていきます。あごから始めて、上から下へ持ち上げるように伸ばしていくとリフトアップにも効果が期待できます。このとき、コットンでお肌をゴシゴシこすってしまうと、お肌が傷ついてしまうので注意してください。クリームの場合は、指先ですくって直接肌にのせてもかまいません。こちらも、顔全体に薄く塗り広げていきましょう。しっかり顔全体に塗ったら、お肌を上からおさえるように、手のひらでしっかり蓋をして浸透させてあげます。

スキンケアは順番が鍵! 効果を最大限引き出すためのテクニック

スキンケアの手順を押さえれば、肌質が生まれ変わる!

「化粧水でお肌に水分を与えてから、油分の多い乳液で蓋をして乾くのを防ぐ」というように、スキンケアの手順には大切な意味や役割があります。せっかく効果的なスキンケアアイテムを使っていても、スキンケアの手順が間違っていれば思うような効果は出ないかもしれません。正しい手順を覚えて、うるおいのある美しいお肌を手に入れてくださいね!

 

Written by ちあり