ナチュラルメイクは初心者の味方! 押さえておきたい基本の手順

メイク初心者さんや、なかなか思うようにメイクができないという人におすすめなのが「ナチュラルメイク」。自分らしさを活かしたメイクのやり方が分かれば、その他のメイクに挑戦するのも楽しくなります。

初心者さんは避けて通れない、ナチュラルメイクの基本を解説していきましょう。
ナチュラルメイクは初心者の味方! 押さえておきたい基本の手順

ナチュラルメイクを始める前に

メイク初心者さんの場合、どんなメイク道具を揃えればいいか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。メイクにはさまざまなアイテムが必要になりますが、ナチュラルメイクのときには基本のメイク道具をすべて揃える必要はありません。

例えば、肌の綺麗な人ならファンデーションは使わずに、メイク下地にフェイスパウダーをのせるだけでもいいかもしれません。また、リキッドタイプのアイライナーとペンシルタイプのアイライナーの両方を使い分ける人もいますが、ナチュラルメイクの場合はアイライナーは使わずに、アイシャドウだけで仕上げても綺麗な印象になります。

これからご紹介するメイク手順を参考にしながら、手持ちのアイテムに何を買い足せばいいか考え、初心者さんでも印象的に仕上がるナチュラルメイクを実現してください。
ナチュラルメイクは初心者の味方! 押さえておきたい基本の手順

1:ベースメイク

あらかじめ顔をしっかり洗い、化粧水などを叩き込んで基本のスキンケアが終わったら、ベースメイクから始めていきましょう。

ベースメイクは基本的に、化粧下地→ファンデーション→コンシーラー→フェイスパウダーというように重ねていきます。しかし、いろいろなアイテムを厚く塗り重ねるとナチュラル感から遠のいてしまうので注意が必要です。若い人や肌の綺麗な人なら、下地や日焼け止め、ファンデーションなどの役割を一本で担ってくれる「BBクリーム」や「CCクリーム」を塗るだけでも十分かもしれません。

最後に、さらさらしたつけ心地のフェイスパウダーを上からのせれば完成です。「クマが気になる」「眉のそり跡が青くなってしまった」など気になる部分には、必要に応じてコンシーラーなどを重ねてから、フェイスパウダーで仕上げるのがおすすめです! 
ナチュラルメイクは初心者の味方! 押さえておきたい基本の手順

2:アイメイク

アイメイクは、メイク全体のイメージを大きく左右します。メイク初心者さんの場合、ピンク系やブルー系など使い方が難しいカラーは避けるのが無難。これらのカラーは自分に似合うトーンを見つけるのが難しく、使い方を間違えれば一気に派手な印象になってしまいます。

ナチュラルメイクのとき、失敗しにくい定番カラーはブラウンです。薄いトーンのブラウンのアイシャドーをアイホール全体に塗ったあと、二重のラインに濃い色を重るだけで、引き締まった印象になります。

アイライナーやマスカラも、強い印象になりがちなブラックよりも、ブラウンを選びましょう。また、マスカラはつけずに、ビューラーやまつ毛カーラーで向きを変えるだけにすると、さらにナチュラルな印象になります。

眉はあまり角度をつけず、太めに描くのがおすすめ。自眉がしっかりしている人は、ハサミやピンセットで少し形を整えるだけでもいいかもしれません。ナチュラルメイクは初心者の味方! 押さえておきたい基本の手順

3:チークとリップ

チークやリップには血色をよく見せてくれる効果があります。特に色白の人は、赤やピンクなどのカラーを使って顔色を明るくするのがおすすめです。

一方で、あまりに鮮やかな色をのせてしまうとナチュラル感が損なわれてしまいます。自然に仕上げたいときや、自分の肌の色に合うカラーが分からないときは、チークを省いてしまってもOK。唇も、色のないクリアグロスやうるおいを足してくれるリップを選べば失敗しません。

チークとリップは、基本的に同系色でまとめるのが鉄則です。オレンジのチークにピンクのリップを合わせるなど、ちぐはぐにならないように注意しましょう。メイク初心者さんは、友人や販売員さんに聞いて、自分に合うカラーを探してもらうといいですね。
ナチュラルメイクは初心者の味方! 押さえておきたい基本の手順

ナチュラルメイクで、初心者さんも生まれ変わろう

ナチュラルメイクは、メイクの基本を覚えるのにぴったり。慣れてきたら、使用するカラーを増やしてみたり、トレンドを意識してみたり、プラスαのテクニックでさらに変身するのもいいですね。

メイク初心者さんも、まずはナチュラルメイクからはじめて、綺麗な女性に生まれ変わってくださいね! 

 

Written by ちあり

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…