大恋愛で注意すべきことは? 頭の片隅にちょっと置いておきたいこと

過去の恋愛を振り返って、大恋愛ってしたことありますか? 相手を運命だと感じて恋愛に没頭するのって、誰しもが一度は経験することではないでしょうか。
しかし大恋愛は「恋は盲目」になることで、関係が破たんしやすいというリスクもあります。

今回はそんな大恋愛中、頭の片隅にちょっと置いておきたいことをご紹介します。

大恋愛は盛り上がるのも冷めるのも早い

たとえば教師と生徒の関係、上司と部下の関係といった、禁断の恋とされている関係。
はたまた遠距離恋愛といった、恋が難しいとされている関係――。そうした状況時に、大恋愛になりやすいのかなと思います。

いわゆる吊り橋効果でしょうか。危うい状態に惹かれ合うのがお互いにわかるので、恋が盛り上がりやすいのかもしれません。「私たち、いますごい恋愛をしているんだ……」という感情が、恋に拍車をかけて、盲目状態になってしまうのかも。

それこそ周囲に反対されても、相手を追い求めてしまうこともあります。
しかし、燃え上がるような恋は、そのとき相手のことが大好きでたまらないのですが、恋愛感情が落ち着いてしまうと、関係が冷え切ってしまいやすいのです。

相手が100%ステキにしか見えない

よく恋愛感情は持って3年といいます。通常の恋愛は、その3年間で相手にドキドキしつつも、お互いのことを知れるように付き合いますよね。
しかし大恋愛の場合は、お互いのことを理解しづらく、相手への気持ちだけが先行してしまいがちです。

それこそ「もう彼のことが大好きすぎて!」そんな状態なので、相手の良さしか目が向かなかったり、「彼とこんな風に付き合っていこう」という工夫が、お互いにしづらいとのではないでしょうか。

そのため、恋愛感情が冷めてくると「こんな人だとは思わなかった!」と、相手への恋愛感情が薄れやすく、破局しやすいのでしょう。
燃え上がる恋が長続きしづらいと言われる理由は、まさにこの部分にあるのだと思います。

恋は盲目状態は危険と覚えておく

そんな大恋愛ですが、相手との関係を長続きさせる方法はないのでしょうか。
相手への恋愛感情が強すぎると、どうしても相手との関係を客観視することが難しくなります。特にしばらく恋をしていない場合、彼氏ができると嬉しいですし、相手が自分のタイプとなればなおさらですよね。

恋愛中に冷静になることはなかなか難しいですが、頭の片隅でいいので、「どこかふたりの関係を客観視する余裕が持つことが大事」ということを踏まえておけるといいと思います。
それこそ楽しい恋の真っ只中でも、それとなく友達や知り合いに相談するとかですね。

気になることが別れの原因になりやすい

付き合っていて「ん?」と気になることは、恋愛感情が落ち着いたとき。はたまた付き合いが長くなってきたときでしょう。たとえば、彼の物言いとか。彼の性格、価値観とか。そういうものが別れの原因となってきます。

大恋愛中もこうしたことをちょっと気にして、恋愛ができるといいかもしれませんね。
そうすれば恋が盛り上がっていても、「彼ってこんなところがあるんだ」と冷静になれますし、ちょっと相手との関係で気に留められる余裕が生まれるはずです。

おわりに

最後にどんな大恋愛でも、交際はお互いを理解するためにするものであること――。ゆくゆくはパートナーの存在になれるかどうか、判断することを冷静に見定められるといいと思います。

恋愛って楽しければいいわけではありませんよね。結婚願望があるなら、彼と夫婦になれるのか。それとなく落ち着いて考えられる余裕を持てると、恋は盲目状態になることを避けられるでしょう。

 

Written by 柚木深つばさ

関連キーワード

KEYWORDS