何をやっても取れない毛穴の汚れ。逆に悪化させていたNG習慣

いつの間にか気になるようになった毛穴の汚れ。お手入れを頑張っているのに「毛穴の汚れが改善しない」という人は、お手入れの仕方に問題があるのかもしれません。この記事では、美容ライターのMarieが毛穴の汚れを悪化させてしまうNG習慣についてお伝えしていきます。

毛穴が汚れてしまうのはなぜ?

毎日洗顔しているのに、毛穴が汚れてしまうのはどうしてなのでしょうか? この原因となっているのは角栓です。毛穴に詰まっているクリーム色のもので、皮脂や古い角質などが混ざり合ってできています。

どちらかというと皮脂の分泌が盛んな、オイリー肌の人に多くみられます。またTゾーンの皮脂の分泌が盛んな混合肌の人にもみられる傾向にあります。

できた角栓が毛穴に長くとどまると、酸化して黒ずんできますので、汚れが一層目立つようになります。ですから毛穴の汚れは気付いた時点ですぐに落とすことが大切です。

毛穴の汚れが落ちにくい理由

毛穴に詰まった角栓を落とそうと、しっかりクレンジングして洗顔しているのに一向に改善しないということはありませんか? 毛穴の汚れが簡単に落ちれば、毛穴の詰まりや黒ずみで悩む人はそういないでしょう。しかし落ちにくいものです。

毛穴の奥に詰まってしまっている毛穴の汚れには、洗顔料が直接届くことはありません。そのため洗顔時に、角栓が一度にスルッとキレイに取れることはほぼありません。洗顔料が届く角栓の表面部分だけが、少しずつ落とされていくことになります。

ただし、皮脂は常に分泌されていますし、古い角質やメイクなどの汚れも毎日のように毛穴に入り込みます。そのようにして新たな角栓が形成されていくため、角質除去のためにしっかりと洗顔していても、なかなか角栓を落とし切るのは難しいのが現実です。

毛穴の汚れを悪化させる4つのNG習慣

毛穴の汚れが落ちにくいのに加えて、良かれと思ってやっている習慣が毛穴の汚れを悪化させてしまっている可能性があります。以下に挙げる4つの習慣は毛穴の汚れを悪化させてしまいますので、思い当たる点があればやめるようにしましょう。

【貼って剥がすタイプの毛穴パックを使っている】

鼻の毛穴の角栓を取るために、貼って剥がすタイプの毛穴パックを使っていませんか? 角栓がキレイに取れた時はうれしくなりますが、取った後は毛穴が開きっ放しになっているため、逆に汚れが詰まりやすくなってしまうのです。

また貼って剥がすので、肌表面の角質も一緒に剥がしてしまい、肌へ与えるダメージも大きくなります。そうすると肌のキメが粗くなってしまって余計に毛穴が目立ってしまうことも! 毛穴の汚れ対策としては貼って剥がすタイプの毛穴パックはおすすめできません。

【汚れを落とすために1日に何度も洗顔している】

毛穴の汚れが気になる部分は皮脂の分泌も盛んです。そのため朝晩だけでなく、日中でもテカリや毛穴の開きが気になったら洗顔するようにしているという人もいると思います。

しかし洗い過ぎると、肌を乾燥から守るために余計に皮脂が分泌されるようになってしまいます。洗い過ぎも毛穴の汚れを悪化させる原因になると心得て、洗顔は1日に2回までにしましょう。

【毛穴に詰まった角栓を押し出している】

毛穴に詰まった角栓は、指で押すとニュルッと出てきます。なかにはクセでついつい角栓を押し出してしまうという人もいるようですが、これもNGです。

角栓が押し出されて中身が空っぽになった毛穴は、閉じるわけではなく開いたままです。そのため、その中に皮脂やメイクなどの汚れが詰まりやすくなってしまいます。

【メイクが落とし切れていない】

洗い過ぎも良くないですが、メイクの落とし残しも毛穴の汚れを悪化させてしまいます。メイクが毛穴に残ってしまうと、皮脂や古い角質と混ざり合って角栓ができてしまいます。それが酸化すると毛穴が黒ずんでしまうんです。

洗顔後に拭き取り化粧品で拭くと、メイクの落とし残しがコットンについてくるという人は、洗顔方法を見直しましょう。

毛穴の汚れは気長に落とすのがポイント

毛穴に詰まった角栓は、無理やり押し出したり、毛穴パックで除去したりすると、毛穴が開きっ放しになって毛穴に再び汚れが入ってしまいます。ですから、一気に取ろうとするのは良くありません。それよりも毛穴に角栓が詰まってしまう原因となるものを除去するようにするのがおすすめです。

毛穴の汚れは、皮脂の分泌量が多いことで詰まりやすくなりますから、まずは睡眠をたっぷりとる、バランスの取れた食事に気をつけるといったことを努力して、皮脂の過剰分泌を防ぐようにしましょう。

また洗い過ぎも皮脂の過剰分泌の原因となりますから、洗い過ぎにも注意して、洗顔後はきちんと化粧水と乳液で保湿することも大切です。

角栓の元となっている古い角質は、角栓の7割を構成しているといわれています。ですから、角栓ができやすい人は肌のターンオーバーが乱れて、古い角質が肌に残りやすくなっていることが少なくありません。肌のターンオーバーを高めるためにはピーリング剤を使用するのがおすすめです。

週に1~2回程度、肌表面の古い角質を落とすことを習慣にすると、古い角質が除去されて肌のターンオーバーを高めることができますよ。そうすることで肌のキメも整い、毛穴も目立たなくなっていくはずです。毛穴の汚れは気長な毛穴ケアで改善していきましょう!

 

Written by Marie