結婚祝い、もらって本当にうれしいモノと、うれしくないモノ

友人や同僚が結婚すると、やっぱり贈らないわけにはいかないですよね。結婚祝い。

式や披露宴に呼ばれるほどの間柄ではないものの、何もしないでスルーするのも失礼にあたる距離感の場合は、特に何を贈ったらいいか悩んでしまいます。

本当のところで、「もらって喜ばれる結婚祝い」とは、一体何なんでしょうか?

カタログギフト

結局のところ、「自分で選びたい」ということです。どんなに相手を思ってプレゼントを選んでも、本人が必要としているものかどうかはわかりません。

味気ないと思うかもしれませんが、親しい相手であるほど、「好きなものを自分で選んで」としてあげたほうが、喜ばれます。

最近は、ネット通販のギフトショップで、予算に合わせたカタログギフトが多数あるので、自分で選ぶより賢明だといえます。

ちょっとリッチな雑貨、日用品

高級石鹸や値の張るアロマディフューザー、ブランドタオルなど、自分では買わないけれど、「あったらいいな」と思わせる品が良いようです。

結婚というものは何かとお金がかかるもので、新婚当初は生活用品が「とりあえず」で済ませることが多いと言えます。

そんな時に、リッチ感のあるものをもらえば、新婚生活は華やかにいっそう楽しいものになるはず。女性には特にウケが良いので、直接に贈る相手が男性でも奥様に喜ばれるでしょう。

高級食材・食品

結婚祝いの贈り物で嫌われるのが、「場所を取る置物」です。ブリザードフラワーやオルゴール、額に入った絵や写真、フォトフレームは、大抵クローゼットにしまわれたまま、日の目を見ることがありません。

それよりは、消費できる食べ物のほうが、普通に喜ばれるものです。しかも、結構保存のきく食材だったりすると、本当に重宝されます。

ハムやソーセージの詰め合わせ、乾麺、瓶詰めされた珍味、お米などが、食品では人気が高いでしょう。

実用性の高いもの

結婚祝いというと、ペアグラスやペアカップを贈る人が多いかもしれませんが、本人たちの好みもありますし、鉄板の品とはいえません。結局のところ「いらないから欲しい人にあげよう」「オークションに出したい」という展開になる可能性が高いので、避けたほうが安全。特に、名前入りのペア商品はやめたほうが良いでしょう。

逆に、リアルに喜ばれるのは、実用性の高いキッチン用品。ティファールのフライパンセットやルクルーゼの鍋は、もらった当日から使ってもらえます。

また、本人の好みを知っているなら、コーヒーメーカーやジューサー、ホームベーカリーというのも良いかもしれません。

これはNG! 贈っても喜ばれない結婚祝い

一番嫌われてしまうのは、手作りのもの。プロ並みの技術やセンスがあって、売り物として成立するほどのクオリティがあるなら手作りのものでも良いでしょうが、素人が「頑張って作ったの」という品は、もらっても扱いに困ってしまいます。

結婚したら子供が生まれるだろうから、と子供に関係するものを結婚祝いで贈る人がたまにいますが、これは絶対にNG! デキ婚であればアリですが、結婚祝いで赤ちゃんの服やおもちゃを贈れば、怪訝(けげん)に思われたり、不快な気分にさせたりするはず。今時は子供を作るかどうかも夫婦の自由ですから、結婚したからといって必ずしも子供が生まれるかどうかはわかりません。

結婚祝いは結婚祝い、出産祝いは出産祝いと区別して贈りましょう。

名前入り、顔写真や似顔絵入りのものは、結婚の記念にはなりますが、もらって本当にうれしいかどうかというと、微妙です。「いらないなあ」と感じても名前や写真が入っていれば捨てるに捨てられず、扱いに困ってしまうはずです。

まとめ

そこそこ親しいのなら、「結婚祝い、何がほしい?」と聞くのが間違いないかもしれません。自分の中での予算はあるとしても、喜ばれない贈り物をするよりは、本人が本当にほしいものをあげるのが良いはず。

また、相手の立場になって「何がうれしいか?」を考えると、自然と贈り物が決まることも多いといえます。自分が贈りたいものではなく、相手の好みに合わせた品が喜ばれるでしょう。

 

Written by 沙木貴咲