彼氏を嫉妬させたい! 倦怠期に気持ちを確かめる方法って?

長く付き合っていると、恋人同士の空気に新鮮さが感じられなくなってくることにもどかしさを覚えてはいませんか? 隣にいることは当たり前だけれど、自分が何をしてようと彼氏は干渉もせず興味もなくて……なんて状態が長く続いたら少し不安になってきますよね。

今回は倦怠期が訪れたカップルに、嫉妬というスパイスで関係性の見直しを図る方法をお教えします!
彼氏を嫉妬させたい! 倦怠期に気持ちを確かめる方法って?

彼氏に嫉妬させる方法は意外と簡単だった! 危機感を覚えさせる方法

デートの誘い、5回に1回は仕事を理由にドタキャンする!

この方法はやり過ぎに注意ですが、彼氏からのデートの誘いを5回に1回くらいは仕事を理由にして断る、という方法を取ってみましょう。

相手が他の男性でなく仕事だとしても、あなたがいつも彼氏のことだけを考えている訳ではなくて、あなたにはあなたの世界があるということをはっきりと認識した時に彼氏は嫉妬心を覚えます。

いくらお互いに愛情を持ち続けていたとしても、その安定した関係性が次第にマンネリ化してしまい、彼氏はあなたのことを繋ぎ止める努力をしなくなってはいませんか?

仕事に精を出している女性の姿を見ると、男性は女性が生きていく世界が広がって行くことに焦りを覚え、もっと自分自身もしっかりしなければと思うものなので、彼氏自身の仕事の能力も向上することが期待出来ます。

男性は無意識の内に恋人である女性より社会的に低い立場でいることにどこが抵抗を覚えるものです。デートの誘いを仕事の為にたまに断ることで、あなたが職場で必要とされている人材だということを上手に主張してみましょう。
彼氏を嫉妬させたい! 倦怠期に気持ちを確かめる方法って?

飲み会でわざと他の男性の隣をキープしてみる

もし彼氏と職場や学校が同じ場合、大勢で飲み会に行った時はあえて他の男性の隣をキープするようにしましょう。

飲み会というものは、お互いにその気がなかったとしても隣り合わせた男女の仲が自然と親密になりやすいものです。隣に座った男性の料理を取り分けてあげたり、周囲に気を配っているあなたの姿を自然と主張することが出来て、あなたの好印象をアピールしやすいのです。

飲み会で彼氏と別の場所に座ることに成功したなら、少し過剰なくらいに隣に座った男性にあなたのアピールをすれば彼氏も危機感を覚えてくれるでしょう。

他の男性にあなたを取られるかもしれない、と一度自覚したのなら、あなたとの関係をしっかり見つめ直してくれる可能性が高まります。

ただ、この方法は、周囲の女性に反感を買ったり隣に居合わせた男性を勘違いさせてしまう可能性があります。出来るなら、予め周囲の人達には理解を求めた上で実行に移す方が安全でしょう。

彼も含めた男女混合グループで遊びに行く

彼氏にヤキモチを焼かせるには、実際にあなたが他の男性と親密にしている様子を見せ付けることがかなり効果があります。知人同士で出掛けることが出来るのなら、日中のレジャーなどグループ交際のような雰囲気でぜひチャレンジしてみて下さい。

あらかじめ女性の友人・その彼氏もしくは友達には事情を説明しておき、さり気なくあなたが彼氏以外の男性に親し気にされている様子を目の当たりにすれば、倦怠期が訪れた2人の関係はこの先ずっと続いていくものではないのだと彼氏は自覚することになるでしょう。

不可抗力で彼氏以外の男性と2ショットになってしまう機会を作ることが出来れば尚効果的です。
彼氏を嫉妬させたい! 倦怠期に気持ちを確かめる方法って?

嫉妬するという彼氏の感情が見えたなら、関係修復に時間はかからない

嫉妬をすることで、人は愛情を再確認するもの

もしこの記事を読んでいるあなたが彼氏との倦怠期に悩んでいるのなら、彼氏に嫉妬をして貰える状況なのかどうかを今までお話した方法も参考にして試してみて下さい。

もしそれでも嫉妬しているような様子がなければ、もしかしたらその恋は終焉に向かっているのかも知れません。もし彼氏がバッチリ嫉妬を覚えているようなら、あなたとの関係が少し安定していると思い込み、その状態に彼が甘えているだけで気持ちは離れていないのです。

あなたが仕組んだこととは言え、嫉妬を覚えて気持ちが揺さぶられているようならまだまだお互い歩み寄れる余裕があるはずです。正直な彼氏への気持ちをあなたも伝え、関係修復に尽力してみて下さいね。
彼氏を嫉妬させたい! 倦怠期に気持ちを確かめる方法って?

彼氏を挑発し過ぎないように、充分気を付けよう

今回ご紹介した方法は、彼氏が嫉妬心を芽生えさせてくれるようにわざと計画するものです。必ず本人にそのことを知られないように気を付けましょう。

あまりにやり過ぎると、嫉妬を通り越して2人の関係が悪化してしまう可能性も否めません。相手の気持ちと協力してくれる方の気持ちに充分配慮した上で行って下さいね。

 

Written by

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…