結婚平均年齢から考える“あなたが結婚すべき時”

いきなりですが日本人女性の初婚平均年齢をご存知でしょうか?
厚生労働省が発表しているデータによると、2012年の時点で夫は30.8歳、妻は29.2歳だそうです。
1950年では夫25.9歳、妻23.0歳。1980年になると夫27.8歳、妻25.2歳ということなので、晩婚化がどんどん進んでいるってことですね。

「そ、それなのに私は……」と、焦った方がいるかもしれません。あるいは、
「まだ大丈夫だぁ」と、胸をなで下ろした方もいるでしょう。

でもね、焦って結婚すればいいってものでもないし、平均より若いからってのんびりしてりゃいいってわけでもないみたいなのです。

今回は、“あなたが結婚すべき年齢”について体験談を参考に考えてみたいと思います〜!

平均年齢より「遅い」結婚

まず、平均年齢を過ぎてから結婚した方のお話を聞いてみました。

<仕事に集中した結果>
「平均年齢のころって私の場合ちょうど仕事が面白くなってきたところで結婚は眼中になかったです。親は心配してましたけど。夫とは仕事のつながりで出会い30代最後の年に結婚しました。今も仕事は続けていてお互い認め合っているので本当にパートナーというかんじ。自分のことも相手のことも結婚への考え方もしっかり出来てから結婚してよかったと思っています。」(42歳/コンサルタント業)

<家庭の事情>
「家庭の事情で婚期を逃した感じです。友達もほとんど結婚して焦っていて、何度目かの婚活パーティで主人と出会って結婚しました。熱烈な恋愛期間はありませんでしたが、夫婦としては上手くいっている方だと思います。ただ子どもが欲しいので、その面では早く結婚するべきだったと……いまは不妊治療中です。」(39才/主婦)

<人間として出来上がっていて……>
「36歳で結婚して40歳を前に離婚しました。夫は5歳年上で、お互い人間として出来上がってしまっていて……ひとり暮らしも長かったので結婚したからといって変わることが難しかったです。若いときなら寄り添えたかもしれませんが。長く一人で生きてきた分、仕事や貯金があって、離婚を躊躇しないで出来たことが救いです。」(41歳/OL)

平均年齢より「早い」結婚

次に、平均年齢より早く結婚された方のリアルエピソードです。

<遠距離を避けるため>
「21歳でした。就職してすぐ彼が転勤になり遠距離は嫌だったので……。いきなり彼しか頼る人のいない知らない地方での暮らしだったのが良かったみたいで、絆は深まりました。喧嘩もしたし、若すぎて無茶苦茶なことも多かったけど、親の反対を押し切って行ったので後戻りできないと思って必死にがんばりました。」(24歳/主婦)

<平均より早く結婚したかった>
「結婚平均年齢っていうの意識してました。その前にしたくて27歳のとき出会った男性と結婚したんですけど、失敗でした。彼は貯金もないのに仕事を辞めてしまい、私は30歳までに子どもをと考えていたので毎日言い合いして、最後には夫はほとんど帰ってこなくなりました。現在別居中です……。」(29歳・事務職)

<最初に付き合った人と>
「子どものときから最初に付き合った人と結婚するっていうのが夢だったので、高校の時つきあった旦那と19歳で結婚しました。プロポーズしたのはわたしからだったかも。今子どもが二人いてしあわせですけど、結婚しないでOLして遊んでる友達見るとうらやましい時はあります。」(27歳/パート)

あなたが結婚すべき時とは……

いかがでしょうか。

みなさんの体験談を聞くと、平均年齢と、それぞれにとっての適齢期は違うことが分かりますね。
年齢に関係なく、「結婚」や「結婚生活」への考え方をしっかり話し合えているかどうかが重要のようです。
ただ女性の出産にはタイムリミットがありますので、子どもを望むのであれば早い方がいいのは事実。
けれどそれだって、お互いのが結婚に何を望むかによって重要度が変わってきます。

「価値観」という言葉がよく使われますが、必ずしもそれがぴったり一致しなければいけないということではなく、違っていても譲り合ったり寄り添えたりできるのかどうか、話し合える関係なのか、彼とならお互いを理解出来ると感じた時が、“あなたが結婚すべき時”なのかもしれません。

 

Written by mami

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…