憧れのライフスタイルを持つ際に重要なこと5つ|例や見つけ方を参考にしてみよう

「ライフスタイル」とはどんな意味なのでしょうか。意味は知っているけど見つけ方が分からない、という人もいるのではないでしょうか。

ここではその見つけ方や押さえておきたいポイントとともに、具体的な例をあげて、理想のライフスタイルを目指すヒントをご紹介します。

そもそも「ライフスタイル」とはどんな意味?

憧れのライフスタイルを持つ際に重要なこと5つ|例や見つけ方を参考にしてみよう「ライフスタイル」という言葉をメディアなどでもよく目にしますが、そもそもどういう意味なのでしょうか。

簡単に言うと、自分がどう生きたいかあるいは実際にどう生きているかという、人それぞれの価値観や人生観までも含めた「生き方」のことです。

私たちは、朝何時に起きて何を食べて誰に会うのかなど、常に選択をして生きています。言ってみれば、それ自体がライフスタイルなのです。

なりたい自分になるためには、これからどのように生きていきたいのかを考え、それに合ったライフスタイルを持つことが大切です。憧れのライフスタイルを持つためにはまず何をすればいいのか、その見つけ方をご紹介します。

憧れのライフスタイルを持つ際に重要なこと5つ

「ライフスタイルを持つ」と言っても、何をすればいいのかよく分からないという人もいるでしょう。

ここではまず、憧れのライフスタイルを持つ際に大切なことを、具体的に5つあげていきます。

1:現状把握を忘れない

自分のライフスタイルを持たずになんとなく毎日を過ごしていると、自分は何のためにどんな生き方をしているのかよく分からなくなることがあります。

憧れのライフスタイルを持つ際には、まず今の自分の生き方を見つめ直し、現状を把握することが大切です。

その上で、今の生き方でなりたい自分になれるのか、あるいは変えた方がいいのかを見極めてみてください。

もし今の生き方に満足をしていないなら、どんな自分になりたいのかをもう一度考えてみるのもいいかもしれません。

2:好きなことに注力できるか考える

誰でも好きなことをするのは苦にならないものですが、自分が本当にその好きなことに注力できるのかを考えてみてください。とことん力を注ぐことができると自信を持って言えることも、あるいはそれ程好きではないのかもしれないと感じることもあるでしょう。

好きなことだけでは、なりたい自分にはなれないこともあります。そのためには何をしたらいいのかを考えるきっかけにもなり、思わぬ方向性が見えてくることもあります。

3:ストレスフリーであるか確認する

憧れのライフスタイルを持つ際に重要なこと5つ|例や見つけ方を参考にしてみようライフスタイルが自身にとってストレスになることでは、それ自体が重荷になり長く続けることはできません。

タスクに追われるような生き方も、ストレスを溜めることになってしまいます。

無理をせずに毎日気持ち良く過ごすことができるか、それが自分にとってストレスフリーであるかということも、ライフスタイルを持つ上での重要な要素です。

4:自分に制限をかけない

好きなことを我慢するような生き方も、結局は自分へのストレスとなってしまうためおすすめできません。

また、新しいことに挑戦することも大切なことです。失敗が怖いからという理由で制限して実行しなければ、なりたい自分にも近づけません。

自分に制限をかけているのなら、なぜそう感じるのか、他の方法でできないのかを考えてみましょう。そうすることで、今まで気がつかなかった自分も見えてくるようになります。

5:常に学ぼうという姿勢を持つ

どのようなライフスタイルを選んだとしても、毎日の地道な積み重ねがとても大切です。新しいことに挑戦して失敗したとしても、そこから学べることは必ずあるものです。

常に向上心を持ち日々学ぶ精神を忘れず、勉強して資格を取ったり、新しい知識を身につけたりすることで、一歩ずつなりたい自分に近づいていくのです。

ライフスタイル例「仕事編」3つ

どのようなライフスタイルにしたらいいか良くわからないという方は、他の人の例を参考にしてみて、1番自分に合っていそうなものを目指すのも1つの方法です。それを少し修正して自分にあったスタイルを築くのも、自分なりのライフスタイルを持つ近道になります。

ここでは具体的なライフスタイルの例をご紹介します。まずは「仕事編」です。

1:キャリアウーマン

憧れのライフスタイルを持つ際に重要なこと5つ|例や見つけ方を参考にしてみようとにかく仕事が好きでバリバリ働きたい、というライフスタイルです。

高いスキルとプロ意識を持ち、仕事を遂行することに使命感と充実感を感じます。仕事に誇りを持って働いている人が多いのも特徴です。女性の社会進出が進む中、このようなスタイルを持っている人も少なくありません。

このスタイルの場合、好きな仕事であることが大前提です。いくら働くこと自体が好きでも、その内容が自分に合っていなかったり、時間に縛られたり、家族の理解がないなど、自分にストレスになる要素がないことも大切です。

2:ノマドワーカー

インターネットが発達してきた今では、時間や場所に縛られず、自由な時間と場所で仕事をするノマドワーカーと呼ばれる人も多く存在します。

パソコンとネット環境さえあれば、好きな時間に好きな場所で仕事をすることができる新しいワークスタイルです。企業でもノマドワーカースタイルを認めているところもあり、通勤がない分交通費も通勤時間も節約することができます。

仕事ができる時間が限られている人もこの働き方なら可能ですし、ニューノーマルという観点からも生活様式が変わってきている今、業種を問わずここ数年で急激に増えてきているスタイルでもあります。

3:ワーキングママ

仕事をしながら子育てもこなす、ワーキングママというスタイルも増えています。収入のためであったり、子育てをしていても仕事が好きでやめたくないからであったり、その理由は様々です。

ワーキングママとはいっても、フルタイムで会社に行って仕事をする人もいますが、パートやフリーランスとして働いている人もいて、その働き方も多様です。

最近ではインターネット回線とパソコンさえあれば自宅でできる仕事も増えています。どうしても時間的な制限があるため、自宅でできたり、就業時間に縛られずにできたりするのは、ワーキングママにとっては大きなメリットです。

フリーランスとしてイラストを書いたり、趣味を活かしてネットショップなどのビジネスを始めたりと、色々なジャンルで活躍する人が大勢います。

ライフスタイル例「日常生活編」7つ

仕事ではなく、もっと身近な生活自体を自分好みに充実させるのも、ライフスタイルの1つです。

ここでは「日常生活編」として7つのライフスタイルをご紹介します。

1:専業ママを楽しむ

外で仕事をしている人からすると、「専業ママは家にずっといて結構暇なのでは?」「楽をしてる?」と思われることもあるようですが、専業ママとは実際はやってもやっても終わらない家事に追われる大変な役割です。

そんな専業ママを楽しむライフスタイルもあります。家事が好きな人は、家事を工夫したり理想通りにこなすことによって達成感を得ることができ、生活の充実につながります。

育児に専念できることで得られるメリットも大きく、子供のそばにいることで日々の成長を見逃さずにいることができます。

子供が大きくなって自分の時間ができたら、スキルアップのために習いごとをしたり、自分磨きをしたりするのもいいでしょう。

2:ミニマリストを追求する

不要なものを減らし、最低限のものだけで、より充実した生活を目指すライフスタイルです。

壊れているものはもちろんのこと、不要だと思われるものは積極的に捨てながら、必要最低限のものだけを残して生活をしていくのです。

1番のメリットは、浪費がなくなることです。1つ1つを厳選し、必要なものあるいは好きなものだけを残していくので、必然的に不要なものを買う機会は減ります。

また、身の回りがすっきりすることによって思考がクリアになり、好きなものだけに囲まれることによって、精神的により充実した生活を送ることができます。

3:都会暮らしを楽しむ

憧れのライフスタイルを持つ際に重要なこと5つ|例や見つけ方を参考にしてみよう最近は都会を離れて田舎に暮らすという話題も多く聞かれるようになりましたが、逆に都会の喧騒から離れることがストレスになる人もいるのではないでしょうか。

都会に住むメリットもたくさんあります。

まず、バスなどの公共交通機関が発達しているので、自家用車に頼らずとも行きたいところに行きやすいということがあげられます。

都会には色々なものが揃っていることもメリットの1つです。コンビ二やスーパーなどのお店が近くにあることも多く、流行の食べ物や洋服なども比較的容易に手に入れることができます。

商業施設が多いので、仕事が多いことも大きなメリットでしょう。

都会の利便性を満喫し、流行を身近に感じてスタイリッシュに生きていくのも、1つのライフスタイルです。

4:田舎暮らしを楽しむ

自然に囲まれて、のんびりと日々を過ごす生き方を選ぶ人が増えてきています。都会の人混みから開放されて自然を感じることで、ストレスが軽減されることも少なくありません。

インターネットが発達した昨今では、必要な情報は手に入りやすく、情報収集という面でも不便を感じることは少ないでしょう。

広い土地を利用して自分で作物を作ってみるなど、田舎を満喫するもの素敵なライフスタイルです。

5:自然志向派を追求する

「ナチュラル」や「オーガニック生活」を追求する暮らしも、ライフスタイルの1つとして定着してきています。

食べ物や衣服まで、無添加や無農薬、化学物質不使用のケミカルフリーのものを選び、徹底的に自然素材にこだわります。

自然のものに囲まれて暮らすことで充実感を味わうことができ、エコといった環境保護にもつながるライフスタイルです。

自然にこだわり、自分らしい理想の生き方を目指すのも魅力的なライフスタイルです。

6:推し活を楽しむ

自分が好きなものである「推し」の活動を楽しむライフスタイルです。

「推す」ものは幅広く、ファッションやアニメや色、アイドルやタレントでも、どんなものでも構いません。

そして「推し活」の仕方も無限大です。商品を購入したり、アイドルのファンクラブに入会したり、ブログを書いたり、インスタやツイッターに画像を投稿したり、「いいね!」をしたりと、活動内容も人それぞれです。

自分が好きなものを「推す」活動することで、毎日の生活が豊かになり充実したものになります。

7:ヘルスケアメインの生活

ヘルスケアとは、健康の維持や増進、あるいは病気予防のために健康管理をすることです。

健康で美しくあるために、医師などのヘルスケア専門家にアドバイスを求めることももちろんですが、最近では病院や医師に頼らず自分で管理をする「セルフヘルスケア」をする人も増えてきています。

健康器具や睡眠グッズを購入するなど、美容サービスを受けるのも「セルフヘルスケア」です。最近では健康食品などたくさん発売されています。フィットネスジムに通って運動をするのもいいでしょう。

ヘルスケアをして、自分の健康状態を把握し、維持や改善をしていくのです。

女性のライフスタイルの見つけ方4つ

インターネットや雑誌など、色々な媒体でライフスタイルをテーマにしたものがたくさんありますので、参考にしてみるのもおすすめです。

身近なところを見回してみると、自分のライフスタイルが見つかることもあります。

1:ブログやSNSで探す

ライフスタイルブログやSNSもたくさんありますので、チェックしてみるとたくさんのヒントが見つかります。

気になるものがあったら、まずそれを真似して取り入れてみるのもいい方法です。それを参考にして自分なりに調整してみると、自分のライフスタイルを見つけることができるかもしれません。

2:雑誌から探す

憧れのライフスタイルを持つ際に重要なこと5つ|例や見つけ方を参考にしてみようライフスタイルを扱った情報誌もたくさん発売されています。

ファッション・メイクなどの美容系、食生活、おしゃれなインテリア、家事に関わるものなどテーマは様々です。

また、年代によっても生き方は変わってくるものです。美しい年の重ね方など、素敵な人生を送るためのヒントも満載です。

3:母親のライフスタイルを見てみる

迷ったときは、一番身近な存在である母親のライフスタイルを参考にしてみることもできます。どんなスタイルなのかもよく分かっているので、参考にしやすく真似もしやすいものです。

そして、それが理想と近ければそのライフスタイルを目指せばいいのです。理想と違うならば、真似しながら「これは違う」と感じて考えているうちに、自分の理想のライフスタイルが見えてきます。

4:本を参考にする

ライフスタイルにまつわる本もたくさん出版されています。見つけ方を扱ったものもありますが、1つのライフスタイルにテーマを絞ったものもあります。

テーマ別のものは、何を目指すのか、どのように進めていったら良いかなどが、より具体的に書かれています。

ライフスタイルについてより深く考えたい場合は、本を読んでじっくり考えてみるのもいい方法です。

理想のライフスタイルを目指そう

ライフスタイルの見つけ方や具体的な例を紹介してきました。

ライフスタイルは人それぞれで、人の数だけその形はあります。また、なりたい自分は一朝一夕で手に入れることはできません。

自分の価値観や人生観を見つめなおして理想のライフスタイルを見つけたら、是非なりたい自分に一歩ずつ近づいていってください。

神之 れいの他の記事を読む