b型女性は付き合い方が不器用? b型女性の魅力を活かす方法

b型女性は周囲の状況に惑わされず、常に自分の行動に自信を持っているように思います。良い面も悪い面も、強気でマイペースな面が強調されがちなb型ですが意外と恋愛に臆病だって知っていますか? 

今回はそんなb型女性が上手く男性と付き合っていくためのコツをお話していきます。
型女性は周囲の状況に惑わされず、常に自分の行動に自信を持っているように思います。今回はそんなb型女性が上手く男性と付き合っていくためのコツをお話していきます

b型の直情的な性格が好転する時と、枷になる時の違い

b型女性は自分の感情に正直で、相手にアピールするのが上手

b型の女性は、自分の考えを表現することが得意で男性へのアプローチもとても上手です。
男性側も、素直に好意を示してくれるb型女性の気持ちを嬉しく思っていることが多いでしょう。

恋愛感情が高まった時に、大抵の人は自分の中でその気持ちに整理を付けたり、周囲の友人にその気持ちを聞いて貰うことで直接好きな男性に想いをぶつけるに至るまでにワンクッションを置こうとします。

b型の女性は相手の男性のことを好きだと自覚した時点から、想いの丈をぶつけたくて仕方ない衝動に駆られてお互いの関係が育つ前でも相手に気持ちを伝えようとする傾向にあるので、当然気持ちを否定されるリスクも大きいのです。

しかしその点に臆することなく行動を起こせるb型の女性は、同性からしても憧れるものがあるのかも知れません。
やらない後悔よりも、やって後悔するそのb型女性の姿は周囲に勇気を与えてくれているのです。
型女性は周囲の状況に惑わされず、常に自分の行動に自信を持っているように思います。今回はそんなb型女性が上手く男性と付き合っていくためのコツをお話していきます

素直すぎる感情表現は、周囲に悪い印象を与えることも

好きだと思ったら自分の気持ちを内に秘めて置くことが我慢することが難しいb型の女性は、周囲の同性の友人・知人に顰蹙を買わないように充分注意する必要があります。

自分の気持ちに正直なことは、勿論批判されるようなことではありません。やろうと思っても、中々大人になると色々なことに慎重・臆病になってしまうものなのに一歩踏み出した行動を取れるということは誇っても良いことなのです。

しかしながら、b型の女性のように思い聞いた行動に出ることが難しい人が多いのでその行動が特異に映ってしまい周囲の女性達の反感を買う恐れがあります。

自分の想いを相手に伝えることは勿論大切なのですが、今後のあなたの為にもたまに周囲の様子を伺うことが出来れば危険は回避されるのではないでしょうか。

b型女性の魅力を男性に上手にアピールするにはどうしたら良い?

寂しがり屋はb型女性の鉄板の魅力

b型の女性は周囲に影響を与える程強気な所が特徴だと言われていますが、実はかなりの寂しがり屋なんです。
恋愛においてもその他の場合においても、基本的に人と関わるのが好きで常に誰かと行動を共にしたい、けれど主導権は自分が握りたい為にしばしば周囲と衝突することもあります。

あまりに周囲と揉めてしまうと、全てを放棄したくなる時がb型の女性にはあって、そのせいで孤独を好む性格だと時として誤解されてしまうことがあるのです。

b型女性の寂しがり屋と普段のイメージのギャップを男性にアピールすることが出来れば、目当ての男性へのアプローチとしては効果絶大でしょう。

相手の男性と2人きりになる時やLINEのメッセージなど、落ち着いて話せるタイミングで自分の寂しい気持ちを素直に話してみることで相手に充分伝わりますのでぜひ実践してみて下さい。
型女性は周囲の状況に惑わされず、常に自分の行動に自信を持っているように思います。今回はそんなb型女性が上手く男性と付き合っていくためのコツをお話していきます

少し破天荒な性格であれば、隠さずにアピールに使うべき

b型の分かりやすい魅力としては、積極性と行動力にあります。

他の女性陣に比べてその行動力には目を見張るものがあるので、そこはぜひ恋愛においても隠すことなくアピールポイントとして欲しいと思います。
型女性は周囲の状況に惑わされず、常に自分の行動に自信を持っているように思います。今回はそんなb型女性が上手く男性と付き合っていくためのコツをお話していきます
周囲から破天荒だと思われている場合も、それだけあなたの存在感が際立って大きいということです。その破天荒さに付いていきたいと思う男性も多い筈です。

目当ての男性にアピールする時は、相手を振り回し過ぎないように反応にだけは気を配り、あなたのそのままの魅力を分かって貰うことが出来るようにしましょう。

そうすればその破天荒さが男性には小悪魔的な要素として映り、あなたの魅力の虜にすることが出来るはずです。

 

Written by