ワンナイトラブで終わらない女子になる方法

お世話になっております、株式会社たかだまなみです。楽しい8月が終わってしまいましたね……。しかし、女子には夏バテしている暇はありません。秋にむけて可愛い服も欲しいですし、クーラーで乾燥した肌に栄養補給するためにエステに行きたい! 女の子ってほんといそがし〜っ。でも女子に生まれたからには、楽しまなきゃ! ですよね?(上記のどれもしてない私が通ります。)

女子って楽しい! ウキウキ! でも楽しさの頂点は、女として男性にたくさん愛されること……なのでは? 女子として楽しく生きられるよう、恋愛の失敗のプロフェッショナルである私が徹底指南します。今回のテーマは「ワンナイトラブで終わらない女子になる方法」! 迷える女子たちにエールを送りますYO!

しかし時にはヤリチンに食い散らかされる等の事故も起こるもの。悲しみがノンストップ、憎しみがエンドレスな時は弊社へお越しください。たかだまなみが抱きしめて差し上げるサービスを行っております。

ワンナイトで満足するヤリチンを選ばないこと

ワンナイトで終わらないために、イーーーーチバン大切なこと。女を磨こう! 以前の問題。それは……ヤリチンを選ぶべからず! 先日、恋愛ウブの友人ちーちゃん(仮)に、久しぶりに会いました。恋愛未経験を長く続けた末に付き合った、ヤリチンの彼に振り回されていることは知っていました。その彼と別れた後、「私は自由になった! 翼を授かった!」と喜び勇んでビッチ化。社内でいろんな男性と関係を持つ、大胆な娘に変わっていました。

彼女が良いとか悪いではなく、ウブ女子の行く末は大きく分けて2パターンあるんです。1つ目は甘い言葉で言い寄ってくるヤリチン男性と付き合って痛い目を見て、ちーちゃん(仮)のようにビッチ化する。2つ目は優しい男性に出会って、ゆっくりステップアップする。でも最初のうちはどんな人がヤリチンなのかわからなかったりするんですが、大丈夫です。ヤリチンを見抜くのは誰にでも簡単にできるようになります。

話がそれました。ワンナイトで終わりたくないなら、まずワンナイトを求める人から離れる。これが基本中の基本。ヤリチンの男性を振り向かせる努力は、彼をさらにつけ上がらせるだけでなく、大切な自分を傷つける行為です。「私に魅力がないから飽きられるんだ」「私が努力しないといけないんだ」と思わせる男性には即刻、背を向けましょう。

カラダの関係になるタイミングは早すぎず、遅すぎず

ちーちゃん(仮)の面白いところは、言い寄ってくる男性全てに「私なんか選んでくれてありがとうございます! ホテルでもなんでも行きます!」とついて行くんです。まるで餓死寸前にきびだんごをもらって喜ぶ犬のよう。「桃太郎さまぁあ〜〜!」と鬼退治のリスクも考えずにホイホイついて行ってしまう健気さです。

「君ってすごく可愛いよ。」「今まで会った中で、1番素敵な女性だよ。」と乙女ゲームの中でしか聞いたことのなかったセリフに舞い上がるのでしょうが、やっぱり口の軽い男は下半身も軽めなので、ワンナイトで終わることが多いです(当社調べ)。ご注意ください。余談ですが、ヤリチンはホントーーにまともなセックスをしません。高速ピストン教、勘違い言葉責め教、俺果てたらセックスは完了教のいずれかに入団しています。一人の人とじっくり向き合わないからでしょうね。お尻のANAにスイカ入れたろか!

「じゃあどれくらいデートを重ねてからカラダの関係になれば、ワンナイトで終わらないの?」とちーちゃん(仮)にブンブン揺さぶられましたが、会ったその日にエッチしても長く付き合っている人はいますし、デートだけでセックスを引っ張りすぎて「こいつはカタブツ」の烙印を押されフラれた人もいます。

そう、考えたって始まりません。頭で考えずカラダで感じろ! と申し上げておきます。今夜はあなたと過ごしたい……と燃える気持ちに蓋をしないこと! お互いの引力に任せた時……それがベストなタイミングなのです。ベストタイミングは頭では、計算ではわかりません。恋愛中は、いつも妄想に忙しい脳みそのスイッチを切ることです。たまには直感を信じましょう。

主体的になること

「ヤらせないことで女性の価値を高めて男性を惹きつけましょう」というアドバイスはもはや古典の部類。今や「モテることが全て」という男性は絶滅の危機。(ヤリチン層はいつの世も一定数いますが、恋愛や結婚に向いていないので男性の枠から除外しています。)気が合う女性と、無理しない関係を作りたい男性が多い中、女性が待つなんて姿勢はありえません。

ワンナイトで終わらない関係のためだけでなくても「女子よ、主体的になれ!」とサンシャイン池崎ばりに声を大にして叫びます。イエァァァァアアアア〜!!! 自分の考えをしっかり持った、かっこいい女性になりましょうよ。相手に合わせるのも大切ですが、気が向かないお誘いは断ったり、こちらからもデートの提案をする。そういうクールな姿に「むむっ! この女性は一筋縄じゃあいかんな!」と男性も惹かれることでしょう。

ワンナイトを求める男性を選ばないこと。カラダの関係になるのは考えすぎず、時には流れに身をまかせること。主体的になること。明日いきなりできるものではないかもしれませんが、大丈夫。この恋愛弱者の私だってここまで来れました。(ヤリチンどもを足蹴にし、M体質の男性を可愛がるたかだの図を想像してください。)あなたにできないことはありません。

さぁ、もし終わってしまったワンナイトラブに傷ついているのなら、悩むのは今ここまでにしましょう。そして素敵な男性と始める、楽しい日々のために今からやるべきことを書き出してみましょう。明日は今日よりも1歩、あなたの王子様に近づいていることでしょう。イエァァァァアアアア〜!!!

 

Written by (株)たかだまなみ

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…