意外と知らないセックスレスの意味! あなたは当てはまる?

セックスレスという言葉は良く耳にするようになったと思いますが、その意味について深く考えたことのない人の方が多いのではないでしょうか?

今回はセックスレスという言葉に含まれる意味を、掘り下げることでセックスレスの問題をどう捉えていけば良いかを考えていきましょう。
意外と知らないセックスレスの意味! あなたは当てはまる?

セックスレスの意味は単語の意味そのまま? 実は解釈が分かれる場合も

セックスレスの本来の意味

セックスレスの意味は、特に病気でもないのに1ヶ月以上セックスをする傾向がないことを指します。
健康な男女であれば、結婚生活において夜の営みが全くない状態というのはあまり良くない傾向とされているからです。

言葉そのまま受け止めるとしたら、セックスレスという言葉は何だかその行為を急がされているかのように聞こえてしまい、どこかで責められているようなニュアンスを感じてしまいます。

セックスレスに陥った原因が不可抗力の場合であればともかく、もしお互いに納得の上でセックスをしばらくしない状態にあるならばセックスレスという分類にカデゴリーされる必要もないのです。意外と知らないセックスレスの意味! あなたは当てはまる?

セックスをどちらか一方が拒否すれば、セックスレスだと言える

単純にセックスがなくなってしまった状態のこともセックスレスに当てはまりますが、離婚の理由になったり、夫婦の絆に問題が生じてきてしまうのが片方だけがセックスを拒否している場合です。

セックスをしたいと例えば妻側が思っているのに、夫が固くなに拒否した場合その理由が何であれ妻は不安な状態に追い込まれてしまいます。

もし夫がセックスを拒否する理由が仕事など後ろめたいことが何もないのなら良いのですが、それをきちんと妻に説明しないままにしておくと浮気を疑われたり、知らず知らずの内に心が離れてしまうことにもなりかねません。

夫側としては面倒がらずに、妻に自分の気持ちを伝える努力を出来る限りして欲しいものですね。

問題なのは、セックスを拒否する理由が浮気の場合です。妻という相手がいるにも関わらず、家庭の外で欲求を満たすようになってしまった場合は妻とセックスをする気力も体力もなくなってしまっていてもおかしくはないでしょう。

セックスレスにはこういった問題が隠れてしまっている場合もあるので注意が必要なのです。

セックスレスは現代の夫婦にとって他人事ではない

今セックスの頻度が高くても安心は出来ない

セックスなんて関係ないと思っている若い夫婦も、決して慢心してはいけません。セックスレスの原因ってどんなことだと思いますか? 

夫婦喧嘩が耐えなかったり、極端に支配的な夫だったり何か夫に問題ありでセックスをしたいと思えないというような場合でなくてもセックスレスになってしまう切っ掛けは意外と傍に転がっているのです。

現代の夫婦は共働き家庭が多いので、特別な理由がなくても妻も夫も働いていて時間に余裕を持った生活をすることが困難になってきています。
週末は忙しいから今度で良いや、そう言ってセックスをどんどん先延ばしにして行けば行くほど、再開することも難しくなっていくものです。

時間が経てば経つほど、セックスを再開することは意外と難しいものです。セックスの再開の切っ掛けが分からなくなるほどに、ご無沙汰にならないように気を付けましょう。
意外と知らないセックスレスの意味! あなたは当てはまる?

セックスレスと自覚したのなら、早い内にスキンシップの頻度を増やして

セックスレスになってしまったと自覚した時に、すぐに何か行動を起こすことは難しいかもしれません。こうしてお話している上では、セックスレスと自覚したならすぐに改善すれば良いと話の上では思いがちです。

けれど実際に相手がセックスを拒否するような素振りを少しでも感じたのなら、夫から完全に心も拒絶されるのではないかと臆病になってしまっても仕方ないでしょう。

直接セックスを誘っているようなキスやハグをする勇気は、夫にセックスを拒否された時点でハードルが高すぎます。取返しのつかないような仲違いを夫としてしまったわけではないのなら、あまりセックスにつながらないような性的な意味合いを感じさせないスキンシップを増やしていきましょう。

セックスレスと気付いたのなら早めに対処することが、この問題を拗らせないための大切なポイントなのではないでしょうか。
意外と知らないセックスレスの意味! あなたは当てはまる?
手をつないだり、そっとハグをする、そんなちょっとしたスキンシップを繰り返すことで夫はあなたが大切なパートナーだということを次第に体が思い出し始めます。

妻を大切にしなくてはいけない存在だと夫に思い出して貰うことが出来れば、徐々にセックスレスの関係からは脱していくことが出来るでしょう。

 

Written by