セックスの時に彼がSっぽさを出すと、倦怠期解消に役立つ!

あなたはどんなセックスが好きですか? 優しく愛してくれるセックスも良いけれど、時には冷たくされるSな彼とセックスをしてみたくないですか? 
今回はSッ気を感じさせる男性についてお話していきます! 
セックスの時に彼がSっぽさを出すと、倦怠期解消に役立つ!

セックスの時に投じられるSというスパイスがマンネリ解消に

優しいだけのセックスは幸せだけど飽きてくる

本当に愛している人とのセックスは、特別な体位やシチュエーションを演出しなくても心の底から幸福感を得られます。
だから普段と違うことなんてする必要はないように感じますが、いつもいつも同じ正常位のセックスだと流石に男女共お互いに飽き飽きしてきてしまうものです。
女性側男性側、それぞれの好みにもよりますが普段のセックスの中にSっぽさを取り入れることで新鮮味が増し、相手への愛情も新しい形で増えていくのではないでしょうか。

Sッ気を出したセックスをしたい男性は意外と多い

SやMなんて言葉を聞くと、女性側が男性側を責め立てるようなアブノーマルなセックスのイメージが湧きがちですが、男性もセックスの相手を責め立てる側に立つことが好きです。
男性は元々女性という身体的に弱い立場にある女性を守るため、支配欲が強い性質があります。セックスという行為も男性が女性を征服するような感覚に陥ることがありませんか? 
セックスでSッ気を発揮させるということは実は男性にとって自然なことで、パートナーである女性が自分に服従していると感じることで性的な部分も満足することが出来るのです。
セックスの時に彼がSっぽさを出すと、倦怠期解消に役立つ!

シチュエーション別、セックスの時に感じる彼のSッ気ってどんなの?

いつもと違う彼にときめいちゃう!Sの定番言葉責め!

セックスの時に一番彼のSッ気を感じやすくまた初心者でも取り入れやすいのは言葉責めです。
彼がわざとあなたの性器を触っている部分の状態を実況したり、恥ずかしい言葉をあなたに連呼するように強要してきたらそれは言葉責めというSの表れです。
言葉をわざといやらしい言い方や、あなたを責め立てるような言い方にすることで男性は貴女への支配欲を満たそうとしているので従うような振る舞いや言葉で返すと喜ばれるでしょう。
Sな男性は、服従するタイプの女性が勿論好きですが、生意気に従わないような女性を屈服させることも好みます。
全ての発言や態度に従ってばかりでは次第に飽きてきてしまいますので、彼の発言にたまに反抗することも大切です。

セックスの最中にわざと焦らすのはSの素質バッチリ!

彼がもし、セックスの時にわざといつも愛撫する場所から離れた所を触って来たり、気持ちよくなれる場所を意図的に外してセックスを進めようとしてきたのならSの素質がバッチリです。
Sッ気は先程お話した言葉責めの他にも、そのセックスの仕方にも現れています。相手の女性、つまりあなたが刺激して欲しい場所が分かっているのにわざと知らないふりを決め込んで別の所ばかり愛撫されてはこちらはたまったものじゃありません。

そのもどかしさに歪む女性の表情を好むのがSの男性の特徴なのです。
セックスの時に彼がSっぽさを出すと、倦怠期解消に役立つ!

Sの性質を持つ男性の特徴って?

Sッ気を持つ男性は根底に愛情が、DVの男性は根底にあるのは支配欲だけ

Sの性質を持つ男性は、恋人に対して深い愛情があって、その延長として支配欲のようなものを発揮することによって愛情を確認します。
いくら支配的な物言いや振る舞いをしても、根底には相手に対する愛情がありますから危険を伴うようなこと、精神的に相手を苦しめるような発言はしません。
非日常な空間を演出するように、Sな自分の部分で恋人同士の雰囲気を盛り上げようとしてくれているだけに過ぎません。
これがDV気質・家庭内のモラルハラスメントの可能性がある男性は、恋人よりも自分が傷付くことが怖くて相手に攻撃をすることが多いので、Sの性質を持つ男性と行動は明らかに違います。
DV気質の男性は、自分から恋人が離れていくことが怖いので完全に相手を支配下に置こうとするのです。DV傾向のある男性をSッ気のある男性だと勘違いすることのないように充分に注意しましょう。

Sの性質を持つ男性は女性が優位に立つことを嫌う

セックスの最中以外もSッ気のある男性とのお付き合いをこれからも続けていくのであればこれからもあることに注意をする必要があります。
セックスの時に彼がSっぽさを出すと、倦怠期解消に役立つ!
それは例え女性であるあなたの方が優秀でも男性を必ず立ててあげるということ。Sの性質を持つ男性は女性より優位に立ちたい気持ちが強いので、女性の方が優秀だという事実を突きつけられるとプライドが許しません。
例え実際にあなたの方が社会的な立場が上だとしても、彼を常に立ててあげられればこれからも上手くお付き合いをしていくことが出来る筈です。

 

Written by