彼のことが大好きなのに結婚できないのはなぜ?

彼のことが大好きであればあるほど、彼と結婚したいと思うでしょうけど、世の中そんなに甘くないので、「大好き=結婚」とはならないケースもありますよね。

なぜ?

彼はなぜあなたを結婚相手に選ばなかったのか?

大好きな彼と結婚できなかった、ということは、あなたが彼に結婚相手として選ばれなかったということですよね。ということは、選ばれなかった理由、つまり彼はなぜあなたを結婚相手に選ばなかったのか、ということを考えると、その答えを見つけやすいですよね。

なぜなのか?

たとえばよく女子が言うように、男子だって「恋愛と結婚は別」だと思っているからです。女子がたとえばかっこいい職業の男子に恋して、でもその彼の仕事は収入が不安定となれば「わたし、あなたのことが好きだけど、結婚できない」と言うのとおなじです。

超かわいい彼女は浮気の心配がある、ゆえに、ふつうのルックスの「結婚向き」の女子と結婚するとか、彼女はすごく尽くしてくれるけど、どこかしら家庭的な雰囲気をもっていないから、ほかの女性と結婚する、などのケースです。

彼のことが大好きなのに結婚できないのはなぜ?

男子はマザコンであるから?

あるいは男子はマザコンであると、世間では言われます。マザコンというのを、「いい歳をして、母親の顔色をうかがう人のこと」と、ちょっとキツイ見方をするのであれば、「この彼女を母親に会わせたら、母親はちょっと悲しむかもしれないな」と考えた結果、あなたのことが好きであっても結婚しなかった、というケースもあるはずです。男子のなかで、母親の存在って、意外とおおきいので。

と、ほかにもいろんな「選ばれなかった理由」があるはずですが、結局のところ、こういうことって、「男はこう考えている」とか「女性はこう考えている」というように、性差によってなにか考え方がちがうというより、男女共通の考え方ではないかと思います。

すごく簡単にいえば、「結婚向きの相手ではなかった」という判断があった、ということだけのことです。

彼のことが大好きなのに結婚できないのはなぜ?

結婚とは総合格闘技だから

結婚向きかどうか、という基準で相手を判断するときって、じぶんの人生まるごとと、相手の人生まるごとの「総合判断」になります。「彼のここが好き」とか「彼女のここが好き」という、部分的なあこがれではなくて、もう身も蓋もなく「人生まるごと」がぶつかりあうガチンコ勝負、総合格闘技になるわけです。

そこにはものすごくたくさんの要素があります。どういう親に育てられたのかとか、どういう能力をもっている人なのか、とか、それこそ年収とか肩書とか、人間性とか、すべての総合判断です。

すべてにおいて合格点を出すのは、きっと誰にとってもむずかしいことです。たとえば100個くらいの要素すべてが合格点の人って、聖人君子くらいなものでしょう。だからある種の人々は「結婚は勢い」というのです。

縁と運とタイミングがバシッと合ったときに、勢いで結婚してしまう。彼のことが大好きじゃなくても、まあまあ好き、というところで「手を打つ」わけです。彼も「まあまあ好き」な彼女と、勢いで結婚するわけです。それはなぜか?

とにかく結婚というものをしてみたい、という熱情がふたりにあるからです。

つまり「大好きな彼と結婚したい」と思っても結婚できないのは、「結婚というものをしてみたい」というパッションが双方に不足しており、反対に彼のことが好き、という気持ちだけが強すぎるから、ということです。

味気ない話に聞こえるかもしれませんが、「結婚というものをしてみたかったので、彼のことがまあまあしか好きじゃなかったけど、結婚しました」という人って、案外、この世に多いのです。

それではツマラナイ、と思う女子もきっと、多いと思いますが、それでそれなりに楽しい結婚生活になっている人も大勢いるので、こういう結論でもべつにかまわないと思いませんか? 

「結婚というものをしてみたい」と思って、実際に結婚できたのだから、むしろ「しあわせ者」と見るべきかもしれません。

 

Written by ひとみしょう

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…