家セックスのメリット&おもてなしのお作法

セックスを「場所」という括りで大別すると、「家」と「ラブホ」に分かれます。「屋外でもセックスできるよ」というワイルドな思考はこの記事では割愛させていただきますね(笑)。今回は前者の「家セックス」にフォーカスしたいと思います。

家セックスのメリット&おもてなしのお作法

自分の家セックスはメリットいっぱい!

家セックスもこれまた2パターンに分かれます。「自分の家」と「パートナーの家」です。「実家でもセックスできるよ」というワイルドな思考も、同じく割愛させていただきます(笑)。今回は「自分の家」で行なうセックスを考えていきましょう。

自分の家で行なうセックスには、メリットがてんこ盛りであると筆者は考えます。パートナーの家と違って、タオルやドライヤーなど何がどこにあるか把握できているのは非常に快適です。エアコンも自分にとっての適温に設定済でしょうから、「寒い」「暑い」というストレスもありません。

夜中ふと目が覚めて喉が渇いたときも、冷蔵庫の飲み物を気楽に飲むことができます。これがパートナーの家だと、「この麦茶、勝手に飲んでもいいのかな……?」とイチオウ気を遣ったり「ところでグラスはどこ?」など、いちいち時間がかかってしまいます。

そして何よりバスルームの使い勝手! ホテルやパートナーの家だと「シャワーに切り替えるのは右かな? 左かな?」「ひゃっ、お湯かと思ったら冷水が出てきた!」など、使いこなせないことがしょっちゅう。自分の家なら、そういった心配はゼロですからね。

家セックスのメリット&おもてなしのお作法

気を遣わせない「先回りしたひと言」

では、パートナー目線ではどうでしょう? いかに親しい間柄とはいえ、彼にとってあなたの家は「自分の家」ではないのですから、ある程度気を遣うはず。その気遣いをなるべく緩和させてあげるのが、女性としての優しさであると筆者は考えます。

たとえばエアコンの温度調節。「暑くない? 大丈夫?」「寒かったら言ってね」など、先にひと声あるだけで、数時間経過した後でも「暑い」「寒い」が言いやすい雰囲気になります。

冷蔵庫の飲み物も然り。筆者は、「自分の家の冷蔵庫だと思ってじゃんじゃん開けて」と言うことにしています。冷蔵庫を開けられたとき、食材がギッシリのほうが家庭的アピールできる……なんて小手先テクニックはどうでもいいのです。

家セックスのメリット&おもてなしのお作法

ラブホに比べるとベッドが狭い!

家セックスにはデメリットもあります。それは、ラブホと違ってベッドが狭いということ。

筆者を含め、ほとんどの人はシングルベッドをお使いでしょう。そこに大のオトナが2人で寝るのですから、そりゃ狭いです。それ以前に、行為中ミシミシとベッドが軋む音が気になることも……。こればっかりは、ベッドを買い替えるわけにもいかないので目を瞑るしかないですね。

ベッドが狭いため、お互いに普段ほど熟睡できないこともあるでしょう。そのぶん、目覚めには熱いコーヒーを準備してあげたいものですね。女性の間で流行中のスムージーでも良いと思います。おそらく男性の大半は、朝からミキサーを回してスムージーを作るような習慣はないでしょうから。

お手製スムージーを出すことで「新鮮さ」を感じることができるはず。新鮮さは、恋心の活性化に繋がります。

ラブホだと、曜日によっては宿泊で1万円を超えることもありますが、家セックスはタダ。お財布にも優しいです。パートナーとの距離感が縮まってきたら、ぜひ家セックスに招待を。

 

Written by 菊池美佳子

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…