彼女に言えないセックスの悩み

スマホののぞき見防止機能を絶賛フル稼働させつつ、電車のなかで「彼氏_セックス_悩み」なんてワードでググっている人は、おそらく知っていると思いますが、たとえば彼女のアソコを舐めるのに抵抗のある男子がいます。抵抗があるからといって舐めないとなると……彼女は当然のように欲求不満になり……。

今回は、彼が彼女に言えないセックスの悩みについて、ちょっと覗いてみましょうか。
彼女に言えないセックスの悩み

女子も悩んでいますよね

彼女のアソコを舐めるのに抵抗があるとか、彼女の声が大きすぎるとか、セックスってその人の生理的なものがもろに出る行為なので、百人百様の悩みがある、というのは、みなさんよくご存知だろうと思います。ネットにも、セックスに関する悩みのアンケート結果が、いくつも掲載されています。

ちなみに女子の、セックスに関する悩みの主だったものは、「上手くできていない気がして、彼を満足させているか不安」「彼のアソコを舐めるのに抵抗がある」「彼が避妊をあまりしてくれない」「今まで一度もイッたことがない」などであり、最近ネットで話題の「ずばり、セックスレス」というところでとどめを刺すのかと思いきや、極めつけは「あまり感じない。気持ちいいと思ったことがない」という人も……。
彼女に言えないセックスの悩み

したいときにできない!

さて、男子のセックスに関する悩みで、あまり言語化されていないものは、「したいときにできない」というものではないかと思います。

ものすごく「したがりさん」の男子、つまり下半身がサルのような男子だけが、「したいときにできない」と悩んでいるわけではないと思われます。一般に、男の性欲は女子のそれより強烈なので、男は頻繁に「したいなあ」と思っています。

たとえば会社の会議のとき、斜め前に座っているかわいい新入社員の女子が髪をかき上げるのをぼんやりと眺めながら「彼女としたいなあ、でも今は会議中だからできないしなあ……会議中じゃなくても、おれ、彼女に嫌われてるからできないしなあ」なんてことを考えている男子って、わりと多いのでは? もちろんすべての男子の頭をかち割って、なにを考えているのか? を覗くことなどできないので、あくまでも推測ですが。

女性蔑視的な思想ではない

彼女に対してもおなじです。彼女が生理中でできない……ああ、やりたいなあ。あるいは彼女がなぜか不機嫌で、おっぱいを触っただけで拒否する……ああ、やりたいなあ、でもできないなあ。はたまた料理中の彼女を眺めながら彼は「ああ、今やりたいな」と思うこともあります。「でも料理中に彼女を後ろから抱きしめたら、几帳面な彼女はきっと嫌がるだろうなあ」。

言うまでもないことですが、セックスって、やりたいときにやるのが一番いいわけです。これは女子もきっと、おなじでしょう。したくないときにヤルことほど、苦痛なものはないですよね?

だから彼は、「おれがやりたいときに、やらせてくれる彼女=いい彼女」と思うし、なんならそういう彼女と同棲したいと思います。「同棲=無料風俗」と考えている男子だっています。
彼女に言えないセックスの悩み

これって、女性蔑視の思想のようにとらえられがちですが、そうじゃない、というのが、今回の話のポイント。

男女ともに、したいときにヤル、というのが最高のセックスでしょ? 実際にそうしている女子だっていますよね。そうしている男子も、もちろんいますが、一般的に考えたら、女子のほうがセックスにありつきやすいでしょう。

だから男たちは「したいときにセックスできる女子っていいなあ、おれも、したいときにできる人生を歩んでみたい」と、心の奥で願っているのです。

がしかし、したいときにできる人生を歩める男は、そう多くないので、多くの男子は「したいときにできる人生を歩むにはどうすればいいのか?」悩み続け、そのうち天に召されるのです。アーメン。

 

Written by ひとみしょう