最強のセックスアイテム「ローション」の気持ちいい使い方

バイブや電マ、ローターなどのセックスアイテムの使い方は、ここに改めてご紹介するまでもないと思います。みなさんトリセツを読まずとも、みずから気持ちよさを追求し、自由に使っているはずです。

しいて言うなら、彼に使ってあげると、いたく悦ぶかもしれません。たとえば電マは、彼にどうやって使ってあげるといいのか?
最強のセックスアイテム「ローション」の気持ちいい使い方

ポイントは「人肌のぬくもり」

彼のアソコの裏筋やタマに、電マをあてがってあげると、すごく感じる……こういう男子もいるそうです。だから使ってあげるといいかも!

ローターも、彼のアソコのさきっちょにあてがってあげたり、乳首に刺激を与えてあげると、彼は気持ちよくなって、その気持ちよさがクセになって、オナニーするときの必須アイテムと化すかもしれません。

ということで、マシン系のセックスアイテムは、みなさんひとりでに創意工夫しながら、その使い方を熟知していることでしょう。ではローションは?

ローションは、粘度が高いものから低いものまでさまざまなものが売られていますよね。粘度にかかわらず、あれって、人肌ていどに温めて使うと、すごく気持ちいいものです。

粘度の高いローションを水で溶いて使う場合、水ではなくお湯で溶くと、人肌のぬくもりに近い温度になります。粘度の低いローションは、使用前にボトルごとお湯につけておくと、人肌の温度に近づきます。

防水性のあるアダルトグッズも、もし可能なのであれば、使用する前にお湯につけておいて、人肌くらいに温めておくと気持ちいいものです。防水性のあるアダルトグッズって、シリコンでできているものが多いかもしれません。シリコンはわりと簡単に温まってくれます。
最強のセックスアイテム「ローション」の気持ちいい使い方

最高の快感を!

ローションを上手に使うプロって、たとえば風俗嬢です。ソープランドでは、お湯で粘度の高いローションを溶いて使用します。たとえば温かいローションをつけた手でアソコを包まれた殿方は……すごく気持ちよくて「まるで女子のアソコに入っている感覚」(27歳/建築)なんだとか。

冷たいローションをアソコに塗られて、しれっとした表情で手コキされるより、「100倍も200倍も気持ちいい」(25歳/不動産)のだとか。
最強のセックスアイテム「ローション」の気持ちいい使い方

デリヘル嬢も、ローションを上手に使います。デリヘル嬢のなかには、カバンに入れてきたローションを温めることなく、ふつうに常温で使う人もいます。

「『お客さん、ちょっと冷たいですよ~』なんて言われれつつ、おれのアソコや乳首に、ローションを垂らされます」(26歳・IT)とのことです。「冬はホントにローションが冷たくて、一瞬アレが萎える」(同)そうです。

がしかし、できるデリヘル嬢は、玄関でピンポンしてお客さんの部屋に入ったらすぐに、「『ちょっと洗面台にお湯を張らせていただきますね』と言って、お湯を張り、そのなかにぼくが大好きなローションをボトルごと入れるんです、あれには驚きました」(24歳/教育)とのこと。

彼氏に「快感のなんたるかを知っている『できる彼女』」と思われたい人は、ぜひローションを人肌ていどにあたためてみてはいかがでしょうか?

ちなみにローションはなにも、男子に奉仕するためのアイテムではありません。彼女も彼にローションを使ってもらうといいです。アソコや乳首に使用してもらうのはもとより、きわどい箇所に使用すると、かなり気持ちいいそうです。

たとえば太ももの内側にローションを垂らしてソフトにマッサージしてもらうとか。あるいはお腹からアソコにかけて、人肌ていどに温められたローションを使って、ゆっくりマッサージしてもらうとか。女子も男子も、人肌ていどに温められたローションで、最高の快感を!

 

Written by ひとみしょう